OKJCharles2023_9_5_1_1

治世開始から1年、人気急上昇のチャールズ国王(写真左)と国王にとって優しい励ましの言葉をかけてくれる存在のカミラ王妃(写真右)。

チャールズ国王:私たちの偉大な国王の後ろに、素晴らしい女性たちがいます!(前編)

チャールズ国王を支える、カミラ王妃、キャサリン皇太子妃、エディンバラ公爵夫人ソフィーそして、アン王女!

公務への献身的な姿勢で広く称賛されたエリザベス女王(エリザベス2世:Elizabeth the Second))の足跡を継ぐことは容易なことではありませんでしたが、チャールズ国王(チャールズ3世(Charles III))はそれを成功させていると言っても過言ではありません。

治世開始から1年が経ち、国王の人気は急上昇しており、彼が徹底的に現代の君主となることを証明し続けています。もちろん、この勝利は国王自身の労働倫理によるものですが、彼を取り囲む強い王室女性たちのサポートのおかげでもあります。

カミラ王妃(Queen Camilla)は、74歳の国王にとって困難な時期に頼れる肩であり、優しい励ましの言葉をかけてくれる存在ですが、他に重要な役割を果たす親族が3人います。

リストの最初に挙げられるのはキャサリン皇太子妃(ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales)です。 41歳のキャサリン皇太子妃と義父は、芸術と文化全般への共通の深い絆で結ばれ、長年にわたり温かい関係を築いてきました。‟キャサリン皇太子妃はチャールズ国王の存在しない娘のようです。”と、BBCの元王室特派員ジェニー・ボンド(Jennie Bond)氏が指摘します。

「チャールズ国王に娘がいたとしたら、娘を愛していたことにほとんど疑いの余地はありません。彼は本当に根っからのお人好しで、サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)が男の子だと判明した時にはガッカリしたと言われています。」と彼女は言います。

「ですから、国王にとって、キャサリン皇太子妃ととても仲良くなれたのは嬉しいことです。彼は彼女が役割に向かって成長するのを見守り、彼女が本当に大切にしている理由を見つけ、彼女の努力をサポートしてきました。」

国王がキャサリン皇太子妃のことを「最愛の義理の娘」と呼んでいることについて、ジェニー氏はこう語ります。

「国王は孫のジョージ王子(Prince George)、シャーロット王女(Princess Charlotte)、ルイ王子(Prince Louis)を大切にしており、写真を見ると3人とも友好的な関係を築いていることが分かります。きっと彼は、キャサリン皇太子妃の子育てをとても誇りに思っていると思います。」

OKJCharles2023_9_5_1_2

写真:キャサリン皇太子妃。

王室評論家のリチャード・フィッツウィリアムズ(Richard Fitzwilliams)氏は、キャサリン皇太子妃が王室家族の中で自然に溶け込んでいることに、国王は誇りを感じていると語ります。彼女のパブリックイメージは非常に重要な資産であると彼は言います。

「キャサリン皇太子妃に関して言えば、彼女とその夫のウィリアム皇太子(ウェールズ公ウィリアム(William, the Prince of Wales))は、世界で最も魅力的なロイヤルカップルの1組です。」と彼は続けます。

「彼女をこれほど人気にしているのは、ファッション、写真の側面、5歳未満の子供たちへの情熱など、さまざまなものがありますが、最も重要なのは人間性です。これは彼女が非常にうまく使っているスキルであり、特に彼女とウィリアム皇太子が子供たちを育てる方法において、彼らは君主国の未来だからです。チャールズ国王に関する限り、彼女の自信、魅力、献身によって彼女の知名度が高まることは絶対に不可欠です。なぜなら、パンチの効いたブランドが欲しいなら、キャサリン皇太子妃をお手本にするからです。 」

Words © Rebecca Russell /OK! Magazine
Photos © Mirrorpix

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…
  2. Kana2024_5_5_1
    最長で10連休となりました、今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?NY時間の20…

レーサー鹿島Blog

  1. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月19日)は1959年創業のアメリカのミリタリーブ…
ok!family
PAGE TOP