OKJChrisHemsworth2_1

5月31日から日本で公開されている、ジョージ・ミラー監督の映画『マッドマックス:フュリオサ』で悪魔の軍閥ディメンタを演じる、クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)(40歳)。

OK! インタビュー☆クリス・ヘムズワース:『マッドマックス:フュリオサ』(後編)

おなじみのマーベルのスーパーヒーローのイメージに決別し、暴力的で残忍な人物のディメンタを演じるクリス・ヘムズワース。

━━『マッドマックス:フュリオサ』(原題:Furiosa: A Mad Max Saga)の出演が演技への情熱を再び呼び起こすきっかけになったとおっしゃっていましたね?

私は疲れ果て、精神状態も良くない状態で撮影現場に到着しました。家族と一緒にいられなくて寂しかったし、私にとっては辛い時期でした…。何をしたらいいのか分からなかったのです。撮影が近づくにつれて、怖くなってきました。そして突然、それが分かりました…。

ジョージ(ジョージ・ミラー(George Miller)監督)とのリハーサルを数週間続けた後、自分の創造的本能が戻ってきて、映画にワクワクする気持ちになりました。そういう姿勢が必要なのと同時に、自分を満足させ、挑戦させ、そして何よりも刺激を与えてくれる選択をし続ける必要があることも分かりました。それが私の望む唯一の仕事のやり方でした。

━━『マッドマックス:フュリオサ』の物語について何か教えていただけますか?

壮大で、別世界のような、マッドマックスの世界に期待されるすべてが詰まっています。私たちはみんな、実物よりも大きなキャラクター同士の信じられないような戦いがある壮大な冒険の一部になったような気がしました。また、いくつかのセリフやシーンにはシェイクスピア的な質があり、ストーリーをより高いレベルに引き上げていると思いました。観客も同じような反応を示してくれることを期待しています。

━━『マッドマックス:フュリオサ』は、10年以上演じてきたソー(Thor)(『マイティ・ソー』 (原題:Thor))とはまったく異なるタイプのキャラクターを演じるチャンスを与えてくれます。この象徴的な役柄で、あなたは長年どのように成長してきましたか?

ソー役を演じた年月は、私自身の個人的な旅と平行していました。最初の映画では、キャラクターにストイックな性質があり、私はキャリアでそうであったように、ヒーローがどうあるべきかという条件をすべて満たそうとしていました。私は自分が何者なのか、この役に向いているのか、ここにいるのにふさわしいのか、などを考えていました。たくさんの疑問がありました。

また、父親であること、3人(娘インディア(India)(12歳)と、10歳の双子の息子トリスタン(Tristan)とサーシャ(Sasha))の元気な子供たちの世話をすることに伴う混乱に対処すること、そして映画の撮影のために数ヶ月間家を離れることも、楽しむようになりました。また、自分自身に対して以前よりずっとリラックスでき、多くの目標を達成したので、自分を証明したいという気持ちに伴う不安もなくなりました。

しかし、ソーに関しては、映画が進化し、キャラクターが変化することを許されてきたので、その一部は、演技方法に関する私の個人的な意見と大きく関係していると思います。キャラクターの脆弱性をより許容し、伝統的なヒーローの典型として自分自身を位置づける必要がないようにしたことが、観客の反応でした。また、キャラクターが培ってきたユーモアのセンスは、観客にとって素晴らしい入り口となっています。

OKJChrisHemsworth2_2.

━━もう一度ソーを演じることを検討しますか?

この役を演じるのは大好きです。初日からずっとそうでした。私が映画を見る理由は、映画館に行く子供の頃は、楽しい時間を過ごし、ワイルドな冒険に誘われるためでした。それが、私たちが各映画で目指してきたことであり、この役を演じるたびに、ユニークで新鮮なことをしようとしてきました。

素晴らしい監督やキャスト、スタッフ、そして様々な脚本家たちと仕事を続けられる限り、そしてキャラクターを違った形で表現できる機会がある限り、私は何でもやります。ファンが「結構です。もう飽きました。」と言うのを待ちます。でも、それまでは大好きです。

━━3人の子供の父親としての責任を負いながら、多忙なキャリアを維持するという課題をどう感じていますか?

子供たちが大きくなり、学校に通うようになった今、海外で仕事をしていると家族と一緒にいるのはとても難しくなります。だから、子供たちを根こそぎにして家族を家から引き離したくないという気持ちがずっと強くなっています。新しい映画の制作となると、自分が家を離れる時間について考えることに多くの時間を費やします。

しかし同時に、俳優としての仕事は私にとってとても重要で、創造力を発揮し、さまざまなストーリーに取り組み、さまざまなキャラクターを演じる機会を得たいと思っています。そして、子供たちと遊んだり、学校に連れて行ったり、家の手伝いをしたり、ネットサーフィンをしたり、脚本を読んだりして1日を過ごすのが大好きですが、新しいプロジェクトごとにやってくる興奮と挑戦をどれほど楽しみにしておく必要があるかに気付きました。

━━あなたは映画業界で最も紳士的な人物の1人として知られています。何があなたを地に足のついた人間にしているのですか?

あなたはとても優しいですが、それは私にとって大切な妻と一緒にいること、そしてあなたを取り巻く人々と関係があると思います。私には素晴らしい家族がいて、特に両親は私に謙虚になるよう教えてくれました。また、幼い頃からの友人たちと連絡を取り合えるのが幸運でした。彼らは私が自分自身をあまり真剣に考えすぎないように気を配ってくれます。

━━あなたのキャリアに関する野望は何ですか?

素晴らしい物語や、良いドラマ、そしてもしかしたらラブストーリーを見つけて、それに参加したいです。アクション映画に出演したり、空想の世界に参加したりするのに、十分な時間を費やしてきたと思います。

クリス・ヘムズワースによる上記のコメントは、2023年11月30日にブラジルのサンパウロで行われたCCXP ComicCon Experienceで映画『マッドマックス:フュリオサ』(原題:Furiosa: A Mad Max Saga)のプロモーション中に行われたもので、同イベントでは同映画の最初の予告編が発表されました。以前のコメントは、 2023年6月15日の『タイラー・レイク -命の奪還-2』(原題:Extraction 2)のインタビューでのものです。彼のコメントは、長さと明瞭さを考慮して要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP