OKJZendaya1_1

ルカ・グァダニーノ監督の日本公開6月7日の映画『チャレンジャーズ』で、タシ・ダンカン役を演じる、ゼンデイヤ。

OK! インタビュー☆ゼンデイヤ:『チャレンジャーズ』(前編)

元女子テニス界の天才タシ・ダンカン役を演じる、ハリウッドで最もホットな若手スターの1人とされるゼンデイヤ(27歳)!

ゼンデイヤ(Zendaya)は急速にハリウッドで最もホットな若手スターの1人になりつつあります。

2017年の『スパイダーマン: ホームカミング』(原題:Spider-Man: Homecoming)で鮮烈なデビューを飾った後、彼女は物議を醸したシリーズ『ユーフォリア/EUPHORIA』(原題:Euphoria)の主要キャストの1人としてハリウッドでの勢いをさらに増し、24歳にしてエミー賞の最優秀女優賞を受賞し、主演女優部門でトロフィーを獲得した史上最年少の人物となりました。彼女はその後、2022年に同じ役で再びエミー賞を受賞することになります。

現在彼女は、公開初月で 6 億ドル(約932億円)以上の収益を上げ、業界で最も魅力的な出演者の 1 人としての地位を確固たるものとした SF 大作『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune: Part Two)の世界的な成功に乗っています。

しかし、『デューン』は、27歳のセンセーションにとって素晴らしい年になると予想されるものの始まりにすぎません。観客は、4月26日にイギリスの劇場で公開された『チャレンジャーズ』(原題:Challengers)(日本公開6月7日)で、おそらくこれまでで最高のパフォーマンスを披露する彼女を見ることができます。

イタリアの作家映画監督ルカ・グァダニーノ(Luca Guadagnino)( 『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me By Your Name)、『胸騒ぎのシチリア』(原題:A Bigger Splash))が監督したこの刺激的なR指定ドラマは、プロテニスの世界を舞台にしており、ゼンデイヤは怪我でキャリアを終えた後、コーチに転向した元女子テニス界の天才タシ・ダンカン(Tashi Duncan)を演じています。

「タシは、控えめに言っても信じられないほど複雑です。」と、オーストラリアのシドニーで行われた『チャレンジャーズ』のワールドプレミアでゼンデイヤはウェーブのかかったブロンドのヘアスタイルで語っています。

「彼女は積極的で、自分が望むことや必要としていることを追求するやり方では容赦はしません。テニスは、この3人(タシ、アート、パトリック)が互いにつながり、依存し、権力を振りかざし、傷つけ合う様子を象徴しています。」

タシは、夫のアート(Art)が旅人のような選手からグランドスラムのチャンピオンという高位の地位にまで上達するのを手伝った後、最近調子が落ちていることを心配しています。

夫の自信を取り戻し、ゲームの欠点を直そうと、彼女は「チャレンジャー」ツアーと呼ばれるトーナメントに彼を参加させます。このツアーでは、下位ランクの選手や将来有望な選手が、ATPのメインサーキットに出場するチャンスをかけて競い合います。

結局のところ、アートは、かつては有望だったが今は衰退したプロ選手のパトリック(Patrick)と対決することになりますが、パトリックは偶然にも彼の元親友であり、タシの元恋人でもあります。これは緊張した三角関係の舞台であり、人々が失敗や失望にどのように対処するかを探求するものでもあります。

OKJZendaya1_2

写真左から:タシの夫アート役のマイク・ファイスト、ゼンデイヤ、元カレのパトリック役のジョシュ・オコナー。

このR指定ドラマでは、マイク・ファイスト(Mike Faist)(『ウエスト・サイド・ストーリー』(原題:West Side Story))がタシの夫アート役で共演し、ジョシュ・オコナー(Josh O’Connor)(『ザ・クラウン』(原題:The Crown)のチャールズ皇太子(Prince Charles))が元カレのパトリックを演じています。

27 歳のゼンデイヤ (フルネームはゼンデイア・マリー・ストーマー・コールマン(Zendaya Maree Stoermer Coleman)) は、ソーシャル メディアでの存在が 1 億 8,500 万人を超える Instagram のフォロワーを抱える世界で最も人気のある女性の1人でもあります。

彼女のほっそりとした身長5フィート10インチ(177.8cm)の体型と目を見張るような美貌は、ランコム(LANCÔME)、トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)、カバーガール(CoverGirl)、シェイク・シャック(Shake Shack)、ブルガリ(Bulgari)、ブーフー(Boohoo)などと、モデルやブランド スポークスマンとして数百万ドルの契約を結ぶことにもつながっています。彼女は、カリフォルニア州オークランドで育ちました。

━━『チャレンジャーズ』の監督、ルカ・グァダニーノとの仕事はどうでしたか?

ルカは素晴らしいです。彼は、とても魅力的なものを作る方法を知っていますし、複雑で厄介でありながら、それでもとても魅力的でセクシーな、非常に豊かなキャラクターに没頭できるようにします。彼らの立場に立ってみたいと思う一方で、彼らの立場に立つのは嫌です。

彼は常にとても視覚的で美しい物語を語ろうとしていますが、同時に登場人物を深く掘り下げてニュアンスを見つけ出し、登場人物が混乱したり、私たちが同意できない決断をしたり、葛藤を感じさせるようなことをしたりすることを許しています。

━━特にこのプロジェクトに惹かれたのは何ですか?

いろいろありました。初めて読んだときのことを覚えています。私は脚本を読むのが苦手なのですが、でも、すぐに共感できるかどうかが分かり、今回はページをめくる手が止まりませんでした。

また、読むたびに自分のキャラクターや [共演者のマイク・フェイスとジョシュ・オコナーの] キャラクターについて、そして脚本で語られていることや語られていないことに対して、違った気持ちになりました。

映画を見るたびに、今でも混乱します。彼らの決断に疑問を感じ、なぜ彼らがそのような選択をしたのか疑問に思います。そしてそれがこの映画のとても魅力的なところです。毎回違う登場人物に感情移入してしまいます。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © ATP / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/6/21

    26R ready to race!
    LOTUS ELAN 26R on the race track.…
  2. 2024/6/21

    KATANA 1000S 1981
    SUZUKI GSX1000S KATANA 1981 @Sodegaura Forest Race…
ok!family
PAGE TOP