OKJCelineDion1_1.

現地時間2019年7月5日にイギリスのロンドンで開催されたブリティッシュ・サマー・タイム・フェスティバル(BST Hyde Park)でパフォーマンスをするセリーヌ・ディオン。

セリーヌ・ディオンは奇跡を望んでいます(前編)

感動的なインタビューで、スーパースターの歌手セリーヌは、“彼女の人生を変えた難病”と、“いつかステージに戻りたい”という希望について語りました。

歌手のセリーヌ・ディオン(Céline Dion)は、珍しい病気と診断されてキャリアが中断された後、「一日一日を大切に生きていく」と語りました。

『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』(My Heart Will Go On)や『パワー・オブ・ラヴ』(The Power of Love)などの象徴的な曲で知られる56歳のフランス系カナダ人の歌手は、2022年に自己免疫神経疾患であるスティフパーソン症候群を患っていると診断され、衝撃的にスポットライトから遠ざかることとなりました。

しかし、“私を止めるものは何もない”と誓ったセリーヌは、現地時間4月24日よりニューススタンドおよびオンラインで入手可能な5月号の表紙を飾ったフランス版『ヴォーグ』(Vogue France)誌の感動的なインタビューと見事な写真撮影でカムバックを果たしました。

一連の美しい写真の中でセリーヌは信じられないほど美しく見え、その中の1枚の白黒写真には、ボタンを外したオーバーサイズのシャツとボクサースタイルのブリーフを着たトップレス姿が写っています。別の写真では、彼女はベルト付きのラップドレスを着て、トレンチコートを肩にかけ、腰に手を当ててポーズをとっています。そして別の写真では、彼女は淡いピンク色のふわふわのコートに包まれ、肩をはだけて自信に満ちた表情で立っています。

このスーパースターは、診断以来人生がどのように変わったかについて、同誌に率直に語り、病気は今も自分の中にあり、「これからもずっとある。」と語りました。

「奇跡が見つかるといいな、科学的な研究で治す方法が見つかるといいなと思っています。でも今は、病気と共に生きることを学ばなければなりません。一日一日を大切に過ごしています。」と彼女は続けました。彼女は治療について説明しながらこう続けます。

「週に5日、運動療法、理学療法、発声療法を受けています。自分に疑問を持つことはやめなければなりません。最初の頃は、自分自身にこう問いかけていました。“なぜ私? どうしてこんなことになったの? 私が何をしたの? これは私のせい?” 人生は答えを与えてくれません。ただ生きていくしかないのです!」

OKJCelineDion1_2

全米希少疾患協会によると、「スティフパーソン症候群(Stiff person syndrome:SPS)は、まれな後天性神経疾患で、進行性の筋肉の硬直と痛みを伴う筋肉のけいれんの繰り返しを引き起こすことが最も多いです。筋肉の硬直は変動することが多く、通常は筋肉のけいれんとともに起こります。」

2022年12月、セリーヌは2本の感情的なインスタグラム動画で悲惨な診断結果を明らかにし、治療法のないこの病気のせいでキャリアを中断せざるを得なくなり、2023年と2024年のツアー日程をすべてキャンセルせざるを得なくなったことに、どれほど動揺しているかを詳しく語りました。

彼女は自分の健康問題について打ち明け、自分が経験している症状を最小限に抑えるためにできる限りのことをしていると語りました。
「皆さん、こんにちは。ご連絡するまでに時間がかかってしまい、申し訳ありません。皆さんがいなくてとても寂しいし、ステージの上で皆さんと直接話すのが待ちきれません。」と彼女は語りました。

「ご存知のとおり、私は常にオープンで、以前は何も言う準備ができていませんでしたが、今は準備ができています。私は長い間、自分の健康問題と向き合ってきましたが、自分の課題に向き合ったり、これまで経験してきたことすべてを話すのは本当に難しかったです。最近、私はスティフパーソン症候群と呼ばれる、100万人に1人が罹患する非常に珍しい神経疾患と診断されました。私たちはこのまれな症状についてまだ研究中ですが、これが私がこれまで経験してきたすべてのけいれんの原因であることが分かりました。」

彼女は続けて、「残念なことに、これらのけいれんは私の日常生活のあらゆる面に影響を及ぼし、時には歩くときに困難を引き起こしたり、声帯を使っていつものように歌うことができなくなります。これで2月にヨーロッパでのツアーを再開する準備が整わないことを、今日皆さんに言うのは心苦しいです。」

セリーヌは続けて、医師団と“大切な子供たち”に助けられ、サポートされていると述べ、同時にスポーツ医学療法士とともに“体力を取り戻す”ために“懸命に取り組んでいる”とも付け加えました。彼女はファンのサポートに感謝し、悲痛な投稿を締めくくりました。

彼女の力強いメッセージは、彼女が2022年の初めに『Courage』ワールドツアーの北米公演をキャンセルした後、数ヶ月にわたってファンから懸念の憶測が飛び交った後に発表されました。診断を明らかにする3ヶ月前に、彼女は同じ健康問題を理由にラスベガスでのカムバック公演もキャンセルしました。

Words © Lauren Fletcher / OK! Magazine
Photos © WENN.com

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/6/21

    26R ready to race!
    LOTUS ELAN 26R at the race track.…
  2. 2024/6/21

    KATANA 1000S 1981
    SUZUKI GSX1000S KATANA 1981 @Sodegaura Forest Race…
ok!family
PAGE TOP