OKJEmmaStone2_1

2024年1月26日に日本の劇場で公開予定のヨルゴス・ランティモス監督の映画『哀れなるものたち』で主人公ベラ・バクスターを演じるエマ・ストーン(Emma Stone)。

OK! インタビュー☆エマ・ストーン:『哀れなるものたち』(後編)

ヨルゴス・ランティモス監督の映画『哀れなるものたち』の主人公ベラについて「今まで演じた中で一番好きなキャラクター」と語るエマ。

━━あなたは『哀れなるものたち』(原題:Poor Things)でもプロデューサーを務めました。それはどのようにして起こったのでしょうか?

『女王陛下のお気に入り』(原題:The Favourite)に取り組んだ後、私たちはプロジェクトの開発に数年を費やしました。ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)監督は私にこの作品のプロデューサーになってほしいとプレゼントをくれました。ただ演じているだけでは知ることのできなかったプロセス全体を詳しく知ることができました。まさに完璧な組み合わせのように感じました。

━━ベラ(Bella Baxter)の旅にどのように関わっていますか?

私は自分なりのやり方を模索してきましたが、あなたが成長して自分自身について、そして自分の職業や業界そのものがどのように機能するのかをより理解するにつれて、その作業はより簡単になります。私は徐々に、自分が何をしたいのか、そして自分にとって最も意味のあるプロジェクトの種類を理解していきました。

時々休憩を取ることで、自分を見つめ直す時間ができました。自分自身について多くのことを発見し、自分が何者であるかを知れば知るほど、自分の仕事に影響を与えることになります…。振り返ってみると、私はこれまで生きてきたすべてのものが混ざり合っていることが分かります。

━━これまでに学んだ、人生に最大の変化をもたらした重要な人生の教訓は何だと思いますか?

結局のところ、人生は自分の選択次第だということを理解することが重要です。物事はあなただけに起こるのではなく、あなたが下した決断、またはあなたが下すことを避けた決断の結果です。それを理解すると、人生や仕事において自分が進みたい道を切り開くことがずっと簡単になりました。

━━あなたにとって演技はこれまでと同じくらい重要ですか?

それは私の情熱です。私の人生で他にやりたいことは何もありません。大好きです。そして、ここ数年私が得た機会は信じられないほど素晴らしいものでした。

俳優になりたいという強い願望を抱かなかったときのことを思い出せません。10歳か11歳のとき、地元の青少年劇場で演劇のオーディションを受け、最終的に16本の演劇に出演しました。でも一番良かったのは、子供向けの即興劇団があったことです。子供たちが即興で演技をできるようになるためには、それが全国的にもっと広まるべきだと思います。それは、人前で話すスキル、社交スキル、人々を跳ね返す能力など、あらゆることに役立ちます。

ですから、幼い頃から即興で演技をすることは、私の演技の進化において非常に重要な部分でした。ロサンゼルスに引っ越して、そこで演技のクラスを受け始めたとき、11歳のときに学んでいたのと同じ基本的なテクニックを教えられていることにうれしい驚きを感じました。

OKJEmmaStone2_2

写真左から:エマとヨルゴス・ランティモス監督。

━━両親を説得して(母親に同伴し)ロサンゼルスに移住させてもらうために、15歳のときにパワーポイントでプレゼンテーションをしたというのは本当ですか?

それは本当です。若くしてデビューした他の女優の写真を除いて、ほとんど覚えていません。それはとてもばかばかしいことでした。彼らが私にそれをやらせてくれたことが信じられません。しかし、私は今が私にとって正しい時期だと感じただけですと説明し、母は私を信頼してくれました。

━━その後のあなたの成功は、成功するという信じられないほどの決意と確信に大きく関係しているのは明らかですか?

たくさんの要因が関係していました。まず、私の両親は私がロサンゼルスに移住するのをサポートできる立場にあったということでした。15歳の俳優志望者でそれを可能にする機会を得ることができる人はほとんどいません。もちろん、私は信じられないほどの自信を持っていたと思いますが、両親にも私の能力に対する信念を分かち合ってもらい、オーディションや勉強に伴う責任を真剣に受け止めてもらう必要がありました。また、マネージャーを見つけて、遅かれ早かれ良い役職に就くには、ある程度の運も関係します。それも多くの人には起こりません。

しかし私は、とにかくアリゾナで自宅学習を受けていたので、そこに住んでいても、仕事があるロサンゼルスに行っても、それほど違いはないと考えました。とにかくすでに演技に専念していたので、高校進学を逃すリスクを冒すつもりはなかったので、それはあなたが行うような選択でした。

━━そのプロセスの中で、成功したと実感する瞬間はありますか?

仕事に就けて幸運だからと、ただ行動し始めるのではなく、実際に選択をし始める地点に到達すると、非常識なことが起こります。そのとき、すべてが自分にとって1つになったと感じるときです。

エマ・ストーンによる上記のコメントは、2023年6月3日土曜日、ニュージャージー州で開催されたヴーヴ・クリコ・ポロ・クラシック(the Veuve Clicquot Polo Classic)の際に語られました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP