OKJBradPitt2_1

2023年12月18日に60歳の誕生日を迎え、公私共に最高の人生を送っているブラッド・ピット(Brad Pitt)。

OK! インタビュー☆ブラッド・ピット:「こんなに笑うことは、私の人生の最高の時間です」(後編)

最近の論争にもかかわらず、俳優ブラッド・ピットのキャリアは節目の誕生日を迎えて順調に成長し続けています。

新しいミレニアムは、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)との結婚を記念しました。 100万ドルの豪華なマリブのセレモニーで結ばれた2人の誓いでは、ブラッドはサーモスタット代を折半すると約束し、ジェンは常にブラッドにお気に入りのバナナミルクシェイクを作ると誓いました。しかし、後に彼が「あなたがこの協定を結んだからといって、残りの人生を誰かと一緒に過ごすことが私たちの本質であるかどうかは分かりません。」と発言したとき、その文章は壁に残っていました。

案の定、アクション映画『Mr.&Mrs.スミス』(原題:Mr. & Mrs. Smith)でブラッドと共演者アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)の間で火花が散ったとき、終わりは近かったのです。2005年1月にブラッドとジェンが撮影中に破局を発表したとき、不倫の噂が飛び交いましたが、『ブランジェリーナ』(Brangelina)は常に不倫を否定してきました。

ブラッドとアンジェリーナは10年間ハリウッドのゴールデンカップルであり続け、アンジェリーナが『レインボーファミリー』(Rainbow family)と呼ぶ家族を築きました。現在22歳のマドックス(Maddox)、20歳のパックス(Pax)、18歳のザハラ(Zahara)を養子に迎え、17歳のシャイロ(Shiloh)と15歳の双子のヴィヴィアン(Vivienne)とノックス(Knox)の実の親となりました。

ブラッドはこの上なく幸せそうに見え、2015年にはこう吐露しました。「人生のどの時期よりも、私は目的、つまり本当の目的を持っています。自分の居場所を見つけたような気がします。」

2人のおとぎ話のような結婚生活は、ブラッドのキャリアの成功を反映しており、ブラッドは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(原題:The Curious Case of Benjamin Button)、『イングロリアス・バスターズ』(原題:Inglourious Basterds)、そして2014年にプロデューサーとしてアカデミー賞(作品賞)を獲得した『それでも夜は明ける』(原題:12 Years a Slave)などのヒット作を含む大ヒット作を次々と世に送り出してきました 。

しかし、密室ではブラッドはアルコールとの個人的な闘いを繰り広げており、夫婦と子供たちを乗せた専用機内でアンジェリーナとの暴言が最高潮に達しました。2016年9月の事件でブランジェリーナは終焉を迎え、その後すぐに離婚を申請しました。

ブラッドはこの事件について決して語りませんでしたが、2017年に認めました。「大学を卒業して以来、お酒を飲んだり、マリファナを吸ったりしなかった日は思い出せません…。そして私は感情から逃げています。 すべてを終えることができて本当に、本当にうれしいです。」

彼はまた、受賞スピーチで、回復を助けてくれたブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)に感謝の意を表しました。「この人のおかげで断酒できました。それ以来毎日が幸せになりました。」

長引く法廷闘争の末、ブラッドは当初、2021年5月に子どもたちの共同親権を勝ち取りましたが、後に決定が覆され、面会権がブラッドに残されました。

近年の試練を乗り越え、ブラッドは未来に目を向けています。関係者によると、30歳のスイスのジュエリーデザイナー、イネス・デ・ラモン(Ines de Ramon)との1年にわたるロマンスが彼の回復に役立っているといいます。「実際、彼らは離婚を乗り越えて絆を深め、とても真剣に考えています。彼女は彼の子供たちのほとんどに会ったことがあります。」と彼らは説明しました。

そして、おそらくクリエイティブなガールフレンドの影響を受けて、変化の中で、彼は俳優から離れることを検討しているようです。「私は、この学期または学期の最後の段階にあると考えています。このセクションはどうなるのでしょうか? そして、それをどのようにデザインしたいですか?」と彼は最近シェアしてくれました。

健康第一人者としてのセカンドキャリアも視野に入れられるでしょうか? 遺伝的に恵まれたスターは、元婚約者グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)の足跡をたどり、ローヌ渓谷のブドウ畑から調達した成分を特徴とする独自の美容製品「ル・ドメーヌ・スキンケア」(Le Domaine Skincare)を立ち上げました。「私はグウィネスが(グープ(Goop)で)やったことが大好きです。彼女は今でも本当に大切な友達です…おそらく私に顔を1日2回洗うように仕向けたのは彼女が最初でした。」

彼はまた、高級ニットウェアラインのゴッズ・トゥルー・カシミヤ(God’s True Cashmere)でファッションの世界にも足を踏み入れています。

しかし、引退はまだ目前ではないため、ファンは安堵のため息をつくことができます。近日公開予定の Apple TV+の長編映画『Wolves』では、ブラッドが親友のジョージ・クルーニー(George Clooney)とほぼ20年ぶりに再会する様子が描かれており、彼は現在、まだタイトルのないF1 映画を撮影中です。「今は少し目がくらんでいます。こんなに笑うことは、私の人生の最高の時間です。」と彼は最近、実際のイギリスGPの撮影中に語りました。

Words © Anna Bailey / OK! Magazine
Photo © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP