OKJBradPitt1_1

2023年12月18日に60歳の誕生日を迎え、公私共に最高の人生を送っているブラッド・ピット。

OK! インタビュー☆ブラッド・ピット:「こんなに笑うことは、私の人生の最高の時間です」(前編)

最近の論争にもかかわらず、俳優ブラッド・ピットのキャリアは節目の誕生日を迎えて順調に成長し続けています。

約40年にわたる大成功を収めたキャリアを持つブラッド・ピット(Brad Pitt)は、2023年12月18日に60歳の誕生日を迎え、感謝すべきことがたくさんありました。

1991年の『テルマ & ルイーズ』(原題:Thelma and Louise)でのブレイクから、2019年の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(原題:Once Upon a Time in… Hollywood)で初のアカデミー賞助演男優賞に選ばれるまで、ブラッド・ピットは世界で最も有名な名前の1人となりました。

現在、ウェルネスマインド(より良く生きようとする生活態度)で過ごし、スイスのジュエリーデザイナー、イネス・デ・ラモン(Ines de Ramon)との関係も開花し、ブラッドは最高の人生を送っています。

製作側としてカメラの裏側にも携わってきた俳優は、次のように説明します。「いつも作りたいだけなんです。もし何かを作ることをしなかったら、私は何らかの形で死ぬことになります。」

しかし、彼の成功にもかかわらず、ここ数年は元妻アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)との熾烈な親権争いと、南フランスで共有していたミラヴァル・ワイナリーを巡る法的確執(ロゼ戦争と呼ばれる)に支配され、波瀾万丈だったことは周知の事実です。ミズーリ州スプリングフィールドで弟のダグ(Doug)と妹のジュリー(Julie)と一緒に育ったブラッドの静かな子供時代とはまったく違います。

子供の頃、自称「一匹狼」だったブラッドは、映画に自分とのつながりを見出しました。「『猿の惑星』(原題:Planet of the Apes)は私のこれまでのお気に入りの1つです。1年生のとき、私たちは映画館に行きました。立て続けに5つの映画をすべて見ました。」と彼は思い出します。

大スクリーンが手招きする中、ブラッドは学位課程を修了するわずか2 週間前に大学を中退し、LAに移り俳優の夢を追い求めました。多くの同僚と同様に、彼の最初のクレジットされた出演はソープオペラ『原題:Another World』でした。

シャギーブロンドの髪と彫りの深いルックスの彼は、ティーンエイジャーの典型的なピンナップであり、80年代後半は『原題:Dallas』や『愉快なシーバー家』(原題:Growing Pains)などのドラマや、映画『追いつめられて』(原題:No Way Out)、『レス・ザン・ゼロ』(原題:Less Than Zero)、『ノーマンズ・ランド』(原題;No Man’s Land)などで端役を演じて過ごしました。

しかし、彼はもっと大きなことをする運命にあり、それを成し遂げたいという野心を持っていました。1986年、彼はこう明かしました。「10年後、私は32歳になる…ケビン・コスナー(Kevin Costner)のような立場になりたい。」彼は俳優としてトップであり、尊敬されています。ただ尊敬される俳優になりたいだけです。自分の制作会社を持ちたいと思っています。」

ブラッドは、1991年のヒット作『テルマ & ルイーズ』でジーナ・デイヴィス(Geena Davis)やスーザン・サランドン(Susan Sarandon)と共演し、一躍有名になりました。カウボーイハットとシックスパックで武装した彼は、二枚舌の漂流者J.D.として輝きを放ち、彼のドキドキのステータスは封印されました。

ジーナはそのことに気付いていたわけではなく、著書『原題:Dying Of Politeness』の中で、「彼はお尻にできた小さなニキビが恥ずかしがっただけで、メイクの女の子が撮影のたびにそれを隠していたのです。」と明かしています。

彼は制作会社の夢も達成し、2001年にブラッド・グレイ(Brad Grey)、クリスティン・ハーン(Kristin Hahn)、そして当時の妻ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)とともにプランBエンターテインメント(Plan B Entertainment)を共同設立しました。

その後も賞賛が続き、『トゥルー・ロマンス』(原題:True Romance)、『セブン』(原題:Seven)、『ファイト・クラブ』(原題:Fight Club)などのヒット作が続き、ブラッドが単なる美しい顔以上の人物であることは明らかでした。もちろん、『オーシャンズ11』(原題:Ocean’s Eleven)がスクリーンに登場し、ブラッドマニアが新たな高みに達する1年前の1995年と2000年にも、彼は依然として最もセクシーな男に選ばれていました。

特にジュリエット・ルイス(Juliette Lewis)やグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)などの女性たちとの注目を集めていた時期には、見出しは必ずしも優しいものではありませんでした。「2004年あたりからすべての報道を読むのをやめました。」とブラッドは後に明かしました。「過去2、3年に何人の女性と付き合っていると言われたか分かりませんが、どれも真実ではありません。」

Words © Anna Bailey / OK! Magazine
Photo © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 近未来系EVカート場、「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」@お台場にある本格シミュレータ…
  2. 昨年12月にグランドオープンしたばかりの「CITY CIRCUIT TOKYO BAY」へ!…
ok!family
PAGE TOP