OKJNataliePortman2_1

トッド・ヘインズ監督とジュリアン・ムーアのお2人と仕事ができることについて、「私が愛する映画のハイライトの一部として私の心に残っています。」と語るナタリー・ポートマン(Natalie Portman)。

OK! インタビュー☆ナタリー・ポートマン:『原題:メイ・ディセンバー』(後編)

実話に大まかに基づいた話題作でジュリアン・ムーアが演じたスキャンダルの中心人物を訪れる女優エリザベス役を演じたナタリー。

━━ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)との仕事はどうでしたか?

少し奇妙だったのは、撮影が始まる前にお互いをよく知るためのリハーサル時間がなかったことです。そのため、映画の後半で私がグレイシー(Gracie)役のジュリアン・ムーアを演じることになるので、彼女を知り、彼女のキャラクターとして観察することがより複雑になりました。それは興味深い複雑さでした。

でも結局のところ、これほど才能のある人と仕事ができて、異なるレベルで対立する2人の複雑な女性キャラクターが登場する映画に参加できたのは素晴らしいことでした。

━━エリザベス(Elizabeth)を演じた際に、芸術やパフォーマンス、搾取に関わる倫理的問題をどのように解決しようとしたかについて詳しく教えていただけますか?

物語を語るアーティストのほとんどは、自分たちの倫理的立場を光の中で守りたいと考えています。 人間の感情や人間の物語を利用して物語を語るのは、吸血鬼的かもしれません。しかし、うまくいけば、あなたがそれに取り組むエネルギーが共感であり、誰かの人間的な行動や誰かの内面を探求する好奇心であることを願っています。 それは共感の行為であり、吸血行為ではないということです。

━━トッド・ヘインズ(Todd Haynes)監督やジュリアン・ムーアとの仕事からインスピレーションを受けたとおっしゃっていましたね。これまでのキャリアを通じて、他の偉大な監督や俳優たちと仕事をしてきた中で、そのような経験はたくさんありましたか?

私は男性と女性の両方から素晴らしい指導を受けてきました…マイク・ニコルズ(Mike Nichols)は、『クローサー』(原題:Closer)に取り組んでいたときに私に多くのことを教えてくれた人の1人です。それは私にとって仕事における基礎的な瞬間の1つでした…。

私のキャリアにおいて、アドバイスを求めに行ける人だけでなく、一方的に「ほら、これは最高の自分ではない。」とか「これは何か問題がある。」と言ってくれる人がいることは、私のキャリアにおいて非常に役に立ちました。「あなたならもっとうまくできるはずよ。」と、その指導とサポートが本当に役に立ちました。今では、誰も私を指導が必要というような目で見ていませんが、それでも現時点では、指導が必要だと感じたときは、そのような人たちに手を差し伸べることができます。それは一生続くと思います。

━━マイク・ニコルズはあなたにどのようなアドバイスを与えましたか、または彼があなたの演技アプローチにどのような影響を与えましたか?

『クローサー』での私の役柄について話し合っていたとき、マイクは私にもっと深い声で話すように頼んだんです。それまでは、若い女の子のような子供っぽい声で話すことが多かったです。『クローサー』の中でも、時々そう聞こえることがあると思います。

その後、『宮廷画家ゴヤは見た』(原題:Goya’s Ghosts)や『Vフォー・ヴェンデッタ』(原題:V for Vendetta)のような映画にも出演しましたが、これらも非常にシリアスで大人の役でした。 『宮廷画家ゴヤは見た』は、私がゴヤとその絵とともに2ヶ月間一緒に暮らすことになったので、キャラクターに深く入り込んだ映画の1つでした。映画を見に行った人はほとんどいなかったにもかかわらず、それは私にとって決して忘れられない経験でした。キャラクターの中に自分が生きていると実感できる映画でした。

OKJNataliePortman2_2

━━あなたは映画スターの地位にあるにもかかわらず、セレブリティーの世界から距離を置くことができました。一部の人にとっては他の人よりもそれが簡単ですか?

俳優とポップスターが名声にさらされる方法には違いがあります。俳優は映画やキャラクターを売りにしていますが、ポップスターはそのイメージを売りにしています。ディナーに出かける女性ポップスターは、ステージ上と同じくらい素敵に見えなければなりません。

俳優は私生活に消えやすくなります。もちろん、ポップスターの道を進み、常に素晴らしく見え、常にスターでいることを好む映画スターもいます。

━━あなたが若い頃働いていたとき、ご両親があなたをとても守ってくれたのは助けになりましたか?

幸運だったのは、両親が私をとても守ってくれたことです…私が俳優として働き続けることを許可する前に、両親は私と何度も長い会話をしてくれました。彼らがエンターテインメント業界と何の関係もなかったのも私にとって幸運でした。

私の両親は、子供や十代の有名人が名声の犠牲になり、麻薬に手を出し、その後人生が崩壊するのを目の当たりにした多くの事例を知っていました。それで彼らは常に私を監視し、そのようなことが私に起こらないように気を配っていました。自分がやりたいように働けるかどうかについては、彼らとたくさん議論しましたが、最終的にはそれが私にとって非常にうまくいきました。

父がニューヨークで働いている間、母は私と一緒に旅行することになったのですが、それは私たち家族がかなり長い間離れ離れになることを意味していました。私をとても信頼してくれながらも、私を支え、守ってくれたのは、2人からの素晴らしい贈り物でした。

両親が常に私にとても寄り添っていたので、ビジネスで育ってきた間、私は乱暴なパーティーに行ったり、薬物にさらされたりしたことはありませんでした。しかし、彼らは私にキャリアを築く自由も与えてくれました。それは私たち家族にとって時々大変なことでしたが、彼らが私のキャリアを喜んでサポートしてくれたことにとても感謝しています。

━━映画のキャリアの浮き沈みにどのように対処しましたか?

前に進み、ネガティブなことに引きずり込まれても構わないとする自然な本能を感じてきたことは確かです。私の30年のキャリアの中で、私はしばしば個人的な危機に対処しなければなりませんでしたが、その多くは満足のいく役割を見つけることができないことを心配したり、個人的な不幸な瞬間が原因でした。でもそのたびに、私は自分にこう言うことができました。「ええ、そうよ。さあ、私に何ができるかを見せてあげましょう。」

ナタリー・ポートマンによる上記のコメントは、SAG-AFTRA俳優のストライキ(11月に入り締結された)に先立って5月22日、カンヌ国際映画祭で新作『原題:メイ・ディセンバー』のプロモーション中に行われました。彼女のコメントは長さと明瞭さのために編集され、要約されています。

Words © Jan Janssen / Wenn
Photo © Apega / WENN.com
Photo © FayesVision / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP