OKJStaceySolomon1_1

イギリスのテレビパーソナリティで、歌手で、5人の母でもあるステイシー・ソロモン(33歳)。

OK! 独占インタビュー☆ステイシー・ソロモン:「子供たちから私はクローゼットの中で隠れています!」(前編)

スーパーママのステイシー・ソロモンがピクルス・コテージのドアを開けて家庭生活のことをすべて話します。

ステイシー・ソロモン(Stacey Solomon)は『Xファクター』(The X Factor:イギリスリアリティー音楽オーディション番組)時代と同じくらい家庭の女神としても有名で、スーパーママです。装飾ハックや賢い収納ソリューションで 570万人のInstagramフォロワーを定期的に驚かせています。

俳優で司会者の夫、ジョー・スウォッシュ(Joe Swash)(41歳)と共有しているエセックス(Essex)の自宅のピクルス・コテージ(Pickle Cottage)を間近で見ることは、貴重で楽しみです。そして私たちの写真が示すように、テレビ司会者の居心地の良いインテリア、心地良い色、奇抜な装飾が光り、ゴージャスさへの愛が分かります。ただし、4歳以下の子供が 3人いるにもかかわらず、その場所がどれほど整然としているかには驚くべきことです。

33歳の彼女がOK! との独占インタビューに臨む中、15歳のザカリー(Zachary)、10歳のレイトン(Leighton)、4歳のレックス(Rex)、生後23ヶ月のローズ(Rose)、生後6ヶ月のベル(Belle)の母親であるスターは、昔から片付けの才能があったわけではないと告白します。

OKJStaceySolomon1_2

「今では私も母もこのことを笑っています。ザカリーの出産前は、私はめちゃくちゃだったからです。私はとても整理整頓されていない混乱状態でした。とても散らかしていて、学校の楽器や宿題などを忘れてしまい、物をなくすという本当にばかばかしいほど気まずい生活を送っていました。」と彼女は認めます。

17歳で思いがけず母親になったとき、ステイシーは、自分の混沌としたライフスタイルを徹底的に見直さなければ、このままではやっていけないと悟りました。それは、今でも彼女に良い影響を与えている貴重な教訓となりました。

「正直に言うと、本当に若い頃にザックを産んで、たくさんの約束をしてきたからだと思います。」と、2月に家族に新たに加わった娘ベルを出産したステイシーは言います。

「私はまだ大学に通っていて、 Aレベルの勉強をしながら、副業もしていました。ザカリーを産むとすぐに、これ以上下品な生き方はできないと悟りました。私には世話をする人間がいたので、商品券がどこにあるのか、そしてそれをどうやって1週間使い続けるかを考えなければなりませんでした。どうやって彼を保育園に入れて、大学に通わせて、それから仕事に就かせるのですか? そして誰が保育をするのですか? すべてが軍事作戦のようになってしまい、もし準備ができていなかったら、その日を乗り切ることはできなかったでしょう。」

今日、彼女は家庭でも仕事でも多くのことを求められていますが、どうやって自分の時間を見つけているのか不思議に思います。きっと彼女は毎日数秒だけ自分と過ごす時間を切望しているに違いないのでは?

「私の家には誰も立ち入らないスペースが1つあり、そこは私の服が置かれている場所です。ウォークイン・クローゼットのようなものです。」と彼女は明かします。

「大きくはありませんが、私が椅子に座るには十分な広さで、犬も含め誰もそこに入ることができません。だから、隠れる必要があるときは、そこに入り、ドアを閉めるだけで、誰も入ってきません。」

OKJStaceySolomon1_3

それでは、ロマンスについてはいかがですか?

「私とジョーは、ロマンチックではない時代にいると思います。」と彼女は笑います。「私たちのために時間を確保することは重要ですが、私たちは人生において、それが実際には不可能な段階にいます。私たちは最近、友人の結婚式に出席し、一緒に一夜を過ごしました。それは本当に素敵でした。でも、それ以外では、そんなことは年に1、2回です。」

言うまでもなく、彼女の子孫を増やすことはカードにはありません。 「これ以上は望んでいません。これには対処できません!」と彼女は淡々と言います。「ええ、私たちはこれらの子供たち全員が欲しかったので、彼らがいることにとても感謝しています。だから私たちはロマンチックになるでしょう…でも20年後。」

ステイシーの優先事項は、ジョーの以前の交際相手との息子ハリー(Harry)(15歳)を含む家族と、できるだけ多くの時間を過ごすことであることは明らかです。

「私たちはソファに集まるのが大好きです。」と彼女はほほ笑みます。 「私たちには大きな長いソファが1つあり、みんなでそこに座り込みます。そして、食事の時間が私にとって一番好きな時間です。1日に少なくとも1回はみんなで一緒に過ごすようにしているからです。ここは私たちが実際に座って話し合う場所であり、私たちの最高のストーリーが生まれる場所でもあります。もし私たちがテーブルの周りに座っていなかったら、私は本当に腹を立てるでしょう。人生はとても忙しくて、たくさんの人がいて、時々誰もが道に迷うことがありますよね? みんなが自分の人生で何が起こっているかを話せる少しの時間を持つことは、本当に素晴らしいことです。」

Words © Lesley Jones / OK! Magazine
Photos © George by Asda / OK! Magazine

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. トランスミッション、シフトロッドのボルト破損のマイナートラブルから無事に帰還。日差しが強くて目が…
  2. キャブレターの調整を終えて帰還。DUCATI MHR 1983.…
ok!family
PAGE TOP