OKJNiaVardalos2_1

ロマンティックコメディ史上最高の興行収入を記録した『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』(原題:My Big Fat Greek Wedding)(日本公開2003年)から21年ぶりに『原題:マイ・ビッグ・ファット・グリーク・ウェディング 3』(My Big Fat Greek Wedding 3)(全米9月8日公開)で主人公のトゥーラ(Toula)として帰ってきたカナダ人女優でコメディアンのニア・ヴァルダロス(Nia Vardalos)。

OK! インタビュー☆ニア・ヴァルダロス:『原題:マイ・ビッグ・ファット・ウェディング 3』(後編)

ニア・ヴァルダロスが『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング 3』にトゥーラ役で帰ってきました!

━━ジョン・コーベット(John Corbett)は、オリジナルの『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』(原題:My Big Fat Greek Wedding)(日本公開2003年)映画でトゥーラ(Toula)の婚約者(イアン・ミラー(Ian Miller)役)を演じ、観客の共感を呼びました。コーベットの何があなたをキャストに導いたのですか?

私たちは多くの俳優をオーディションしてきましたが、その目にはいつも何かが欠けていました。ジョンが(元夫でアメリカ人俳優の)イアン・ゴメス(Ian Gomez)と呼んでいる本物のイアンに対して優しさを持っていて、笑顔と多くの理解を持って家族に接してくれました。彼は彼らを決して批判しませんでした。私たちの結婚式をギリシャ正教の教会で行うために洗礼を受ける必要があるとき、イアンは肩をすくめて「もちろん、洗礼を受けます。」と言いました。

ジョン・コーベットの目には、そう映っています。彼はシングルマザーによって育てられました。彼はフェミニストで、強い女性を愛していますが、本物のイアンと同じように、男の中の男です。彼は、私がなぜすぐに続編を書かなかったのか(12年後に出版されました。)、それは私が母親になるためにプライベートで苦労していた理由も知っていました。 (ヴァルダロスは夫とともに養子を迎えることを決意するまで、複数回の体外受精治療に苦しんだ。)

━━あなたとジョン・コーベットは今も親しい友人です。2人の間の絆はどのような性質のものですか?

その多くは、彼が本当に寛大で美しい人間であることに関係しています。ジョンは最初の映画ではとても辛抱強く私に対応してくれました。何をしているのか分かりませんでした。そして、あなたはただその瞬間に身を任せて、少しだけ恋に落ちればいいのです。私たちは皆が持っていた無邪気さを見たばかりです。

その瞬間、もう一度映画を見たときに、キャストたちにも同じことを言いました。私はこう言いました、「ちょっとした映画を作ったのを覚えておいてください、そしてそれは楽しかったでしょう?」

また、オリジナルの映画は大成功を収めていたのに、なぜ続編を作らないのかと皆が疑問に思っていたとき、ジョンに打ち明けたのを覚えています。当時は続編をやりたくなかったので、「頑固だと思われたくない。」と彼に言いました。ジョンは素晴らしかったです。彼は私の手を取って、「大丈夫。続編を作らなくてもいい。友達でいられるよ。」と言いました。それ以来、彼は私の最も親しい友人の1人です。

━━トゥーラと彼女の家族はギリシャ人であることを誇りに思っています。あなた自身、ギリシャ人のアイデンティティーについてどの程度深く感じていますか?

私はカナダでギリシャ人の両親のもとに生まれましたが、私は100%ギリシャ人であると感じています。今の私らしさの特徴の1つは、家族に感謝していることです。(大声で家族!と叫びます。)また、ギリシャ人は私たちが感情的であることを受け入れ、祝っていると思います。私たちはよく笑い、叫び、泣きます。私は、姪がパンデミック中に修士号を取得して卒業したこと、母が史上最高のキーマを作ってくれたのを思い出して母がいなくて寂しいことなど、ほとんど何でも泣きます。

私の家族愛も非常にギリシャ的であり、それが他の文化にも同様に翻訳されると考えており、それを望んでいます。つながりのある文化の一部であることは美しいことであり、私たちギリシャ人にとってはコミュニティーと家族がすべてです。私は4人兄弟で、みんなとても仲が良いです。私たちは温かい人々で、フィロティモ(philotimo:名誉と尊敬の愛)と笑いに満ちており、特にギリシャ人とギリシャを愛するすべての人々に愛を送ります。

OKJNiaVardalos2_

━━絆の強いギリシャ人家族の一員としてウィニペグ(Winnipeg)で育つというのはどんな感じでしたか?

他の人と違うことはしたくありませんでした。私はクラスメートのように金髪でアングロサクソン人になりたかった。イースターのために父がヤギの皮を剥ぐ姿は見たくありませんでした(笑)。しかし、周囲に溶け込みたいという願望は、多くのティーンエイジャーがホルモンの不安に悩まされる時期に経験することです。しかし、年齢を重ねるにつれて、家族、民族、伝統こそが私たちをユニークにしている最も優れた側面であることに気付きます。今、私はギリシャ人であることが大好きで、私たちの物語を伝えることができて光栄です。

━━あなたの家族の中で育ったのはどんな感じでしたか?

騒々しい愛情あふれる大家族でした。私たちはいつも一緒にいて、常に何らかの形でお互いの生活に関わっていました。私の両親は、私たち子供たちを常に守ってくれました。私たちはとても楽しい家族としても知られており、いつも近所の他の子供たちがたくさん立ち寄っていました。

━━実生活の父親、ガス(コンスタンティン)・ヴァルダロス(Gus(Constantine)Vardalos)(2020年3月に死去)についてどう思いますか?

彼は、ギリシャ人であることの耐えがたい正しさについての第一人者でした。彼はまた、[オリジナル]映画を見た後、地球上で最も幸せな父親になりました。彼は自分自身について笑うのが大好きで、俳優マイケル・コンスタンティンMichael Constantine)(2021年に94歳で死去)の彼の演じ方が好きでした。

私たちはトロントでこの映画を撮影したので、父と多くの友人や親戚がトロントとウィニペグを行き来して映画を見に来たり、小さなカメオ出演をしたりしていました。 (ヴァルダロスの両親と親戚の多くは、2003 年のオリジナル版 でエキストラとして出演しています。)

━━両親があなたに教えてくれた最高の人生の教訓は何ですか?

実生活における私のヒーローの1人は間違いなく母です。自分に誠実で、両方の世界に足を踏み入れ、非常に礼儀正しいカナダ人でありながら伝統的なギリシャ人女性でもあります。これを私は次のように要約します。彼女が言う人生の教訓は、ルールを破るときは礼儀正しくありなさいということです。これは、束縛される必要はありませんが、同時にある程度の礼儀を持って接する必要があるという彼女の言い方です。

また、ポケットに8ドルを入れて移民した父は私にとってヒーローです。それは素晴らしい成果です。彼は努力家で、彼の人生は夢や目標を超えていました。

ニア・ヴァルダロスによる上記のコメントは、SAG-AFTRA(全米俳優組合)ストライキに先立って、ロサンゼルスで開催されたアート・ディレクターズ・ギルド・アワード(the Art Directors Guild Awards)で2月18日に行われました。前回のインタビューからの追加コメントあり。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. 今年も「インディ500」の予選生中継を担当しました。佐藤琢磨は予選10位から3回目の「インディ5…
  2. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
ok!family
PAGE TOP