OKJTomHanks2_1

映画業界の内部の様子を提供する小説『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』で作家デビューを果たしたトム・ハンクス(Tom Hanks)。

OK! インタビュー☆トム・ハンクス:小説家としての俳優(後編)

『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』で堅実な作家デビューを果たした俳優のトム。

━━あなたが観客に愛される主な特質の1つは何だと思いますか?

(笑) 自分自身を爆発させたいわけではありませんが、私が演じるほとんどのキャラクターに静かな希望の感覚をもたらしていると思います。私は皮肉が嫌いです。皮肉は私たちの社会に浸透し始めている最悪のものの1つだと思います。

私は楽観主義者ではありませんが、決して皮肉屋でもありません。皮肉主義は現代文化のデフォルト設定のようです…。そしてそれは、すべてを非常に困難にし、私たちの不快感を増大させるだけです。

最悪のことを考え、最悪の事態を予想し、そこから抜け出して状況を変え、より良くしようとしないのは簡単だからです。人間の73%は正しいことをしたいと思っていると、私は信じています。残りはそれを台無しにします。

━━最初の小説を書こうと思ったきっかけは何ですか?

ノーラ・エフロン(Nora Ephron)でした。私は彼女と一緒に仕事をするのが大好きでしたし(彼女はハンクスのキャリアの中で最も人気のある映画のひとつである『めぐり逢えたら』(原題:Sleepless in Seattle)の監督。)、彼女はとても賢くて面白くて、一緒にいてとても面白かったです。彼女は本当に私にとってインスピレーションの源であり、私の本の謝辞の中で私が彼女にどれほど借りがあるかについて触れています。私は今でも毎日彼女のことを考えています。彼女は素晴らしい人でした、そして彼女を知った誰もが彼女を恋しく思っていると思います。 (エフロンは2012年に亡くなりました。)

━━あなたは頻繁に移動する家族の中で育ちました。それが悪影響を及ぼしたことはありますか?

ご存知の通り、そのようなことは、子供たちが荷物をまとめて新しい場所に落ち着かなければならないという悪影響を与えることがあります。新しい学校に通わなければならないことや、新しい友達を作ってなじまなければならないことに対して、子供たちが不安や自信を感じていない場合には特にそうです。

しかし、私はそのような経験をしたことがありませんでした。私はいつも、新しいアパートに引っ越して、新しい友達ができることに興奮していました。

━━家庭生活はどんな感じでしたか?

私は1人でいることが多かったです。私の両親は離婚しており、私の父は2年半ほど結婚していませんでした。つまり、私と兄と姉、私たちは野生の鍵のかかった子供たちでした。しかし、私たちはトラブルには巻き込まれませんでした。私たちは非行少年などではありませんでした。

しかし基本的に、父親(シェフとして働いていた)は、「冷凍ステーキとトマトスープの缶がある、それがあなたの夕食だよ。」と言うのです。その後、彼はジャック・ロンドン・スクエアのキャストアウェイ・レストラン(Castaway restaurant)で働いていたため、私たちは彼に会えませんでした。

時々それは少し寂しくなるかもしれません、だから私は他の人とつながる方法としてユーモアを使い始めたのだと思います。しかし、私には成長した良い思い出があります。

━━チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー(Chesley”Sully” Burnett)(『ハドソン川の奇跡』(原題:Sully)や、ジム・ラヴェル(James Lovell)(『アポロ13』(原題:Apollo 13))のような現実の偉大な人物、または同じように高揚感のあるキャラクターを演じると、自分の仕事がさらに好きになりますか?

どの映画も新しい冒険であり、新しい経験だと感じているので、私はとても幸運です。好きなことを続けて、クリエイティブな満足感を得ることができるのは素晴らしいことです。決して退屈することはありません。

私にとって、成功の本当の尺度は芸術的な寿命です。私は過去の仕事を振り返るのは好きではありません。それを変えるためにできることは何もなく、本当に重要なのは現在、そして将来どのような種類の仕事をしているかということだけだからです。私はこれまで自分が歩んできた道を貫こうとしています。それが私にとってうまくいき続けることを願っています。

━━あなたと妻のリタ・ウィルソン(Rita Wilson)は2人の子供を一緒に育ててきました。映画スターとしての地位を家庭生活から切り離すのは大変でしたか?

私たちは家の壁に映画のポスターを貼っているような家族ではありません。しかし、そうは言っても、妻は自分が歯科医ではなく俳優と結婚することを知っていました。そして、私の子供たちは幼い頃から、父親が面白い仕事をしていることを学びました。

私の髪型が変わったり、口ひげを生やさなければならなかったりするため、彼らは私が映画に取り組んでいることを常に知っていました。しかし、これは私たちにブダペストやモロッコで自由な休暇を過ごす機会を与えてくれる種類の仕事です。しかし、私がバランスの取れた家庭生活を送るための最良の方法は、朝食を一緒に食べることだと思います。

━━あなたは、最終的に人間性の最良の要素を受け入れるキャラクターを演じることができるという尊厳の感覚を持っているようですが?

私はいつも、敬意を持って、他の人が大変な思いをしていること、そしておそらく自分よりもずっと大変なことを抱えていることを認識しなければならないと感じています。そうすることで、人生でどんな成功を収めても傲慢にならずに済みます。あなたは今でも、自分がどれほど幸運だったか、そして他の人たちは苦労しなければならないことをよく知っています。私は今でも人生について慎重ながらも楽観的です。

トム・ハンクスによる上記のコメントは、2023年5月16日にサンフランシスコのシドニー・ゴールドスタイン・シアターで開催されたシティ・アーツ&レクチャーズ(The City Arts & Lectures)に出演し、新著『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』を宣伝していた際になされたものです。トム・ハンクスが新作映画『オットーと呼ばれた男』を宣伝していた2022年12月7日のZoomチャット中に発言した追加コメント付きです。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Lia Toby / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(5月26日)&来週(6月2日)のゲストは、1…
  2. 今年も「インディ500」の予選生中継を担当しました。佐藤琢磨は予選10位から3回目の「インディ5…
ok!family
PAGE TOP