OKJTomHanks1_1

写真左から: 妻のリタ・ウィルソンと、映画業界の内部の様子を提供する小説『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』で作家デビューを果たしたトム・ハンクス。

OK! インタビュー☆トム・ハンクス:小説家としての俳優(前編)

『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』で堅実な作家デビューを果たした俳優のトム。

輝かしい俳優としてのキャリアの中でトム・ハンクス(Tom Hanks)と同じくらい多くのことを成し遂げたのなら、自分の手でやりたいこと試してみたくても許されるでしょう。映画業界の内部の様子を提供する彼の最初の小説『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』(メイキング・オブ・アナザー・メジャー・モーション・ピクチャー・マスターピース)(英語版)が5月9日に出版されました。

ハンクスは、自己中心的な監督、風変わりな脚本家、ストレス、そして映画制作に大混乱をもたらす可能性のあるありがちな創造性の違いに対処した自身の撮影現場での経験を活かし、慎重ながらも堅実な作家デビューを果たします。

「私は十分な量の映画を作ったので、文字通り「どうやって始めたのですか? 最初の仕事は何ですか?」で始まる物語をたくさん集めました。そしてそこから人類全体が生まれます。」とハンクスは言います。

この『マスターピース』(Masterpiece)は厳密に言えばハンクスの2冊目の本です。彼は以前、2017年にクノップ(Knopf)社から出版された17の短編小説からなる『変わったタイプ』(原題: Uncommon Type)を執筆しており、その共通点は手動タイプライターの存在です。しかし、小説を完成させることは、はるかに困難な作業であることが判明しました。「小説を書くのは簡単です。時間と血を注ぐだけです。しかし、誰もが読みたいと思う小説を書くとなると、また別の話になります。」

66歳のハンクスが最後に主演しているのが見られたのは、今年はじめのコメディドラマ『オットーという男』(原題:A Man Called Otto)(日本公開:3月10日全国公開)でした。彼は現在、ロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis)監督、ロビン・ライト(Robin Wright)、ケリー・ライリー(Kelly Reilly)、ポール・ベタニー(Paul Bettany)、ミシェル・ドッカリー(Michelle Dockery)共演の『原題:ヒア』(Here)を含む5つの新しいプロジェクトを進行中です。

彼はまた、オースティン・バトラー(Austin Butler)がドイツ上空で何度も出撃したフライング・フォートレス(Flying Fortress)航空機の1機を指揮する戦闘機パイロットを演じる第二次世界大戦のドラマ『原題:マスターズ・オブ・ジ・エア』(Masters of the Air)のプロデュースも行っています。さらに、ハンクスは妻のリタ・ウィルソン(Rita Wilson)とともに『原題:マイ・ビッグ・ファット・ウェディング・3』(My Big Fat Greek Wedding 3)を共同プロデュースしています。

『The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece』(英語版)は現在、アマゾンおよび英国及び米国の書店で購入可能です。

━━映画の制作方法についての最大の世間の誤解は何だと思いますか?

ほとんどの人は、映画はブロードウェイの演劇やオペラの公演のように展開すると考えています。そのような場合、誰もが自分が何であるか、どこにいる必要があるか、どのように行う必要があるかを正確に知っています。しかし、映画というのは、予期せぬアクシデントが連続するものであり、時には計画通りに物事が進むこともあります。それはすべて同時に起こります。

━━映画のセットでたくさんの混乱を見たことはありますか?

私は、物事を制御不能に陥らせることなく、しっかりと船を運営してきた多くの素晴らしい監督やプロデューサーと一緒に仕事ができて、とても幸運でした。しかし、場合によっては、うまくいかない特定のシーンをめぐって口論になり、丁寧に「クリエイティブな違い」として知られるものが噴出することがあります。

通常、これは撮影を開始する前にスクリプトが実際にロックされていない場合に発生し、問題が発生します。しかし、先ほども言ったように、私は才能ある人々と一緒に仕事ができてとても幸運でしたし、一部の人々が苦労しなければならなかったような悪夢のようなプロジェクトをなんとか回避することができました。

━━あなたの小説の主人公は、巨額の予算をかけてスーパーヒーロー映画を製作している意地悪で利己的なヒーローです。あなたは、本の中でその登場人物が示したような事件や、あなたが説明したような悪い行動をたくさん目撃しましたか?

私も時々そのように振る舞ったことがありますが、他の人のことを考えたり、失礼で他人を考慮しない瞬間をでっち上げたりする必要はありませんでした。しかし、何らかの理由で人生に重荷を負うものがあり、いつも礼儀正しくて面白いというイメージ通りに行動できないような日もあるでしょう。それが私が望んでいることなので、人々が私にそれを期待することは気にしません。

━━映画制作中にこれまでで一番大変だったことは何ですか?

俳優として、あるいは人間として、私がこれまで行った中で最も大変な仕事は、(映画『トイ・ストーリー』(原題:Toy Story)の)ウッディ(Woody)を録音したことです。声優として働いていて音響ブースに座っているときは、監督にできるだけ多くの選択肢を与えるために、同じセリフを何度も繰り返して、異なるリズムを作り出すことが求められます。

同じ行を80回繰り返さなければならないこともありますが、67番くらいになると、楽しくなくなります。(その後、ハンクスはウッディの声を発し、「ああ、大声で泣いたからね、バズ。箱に戻って」というフレーズの複数のバージョンを伝えます。)

━━あなたはこの業界で最も愛されている俳優の1人で、過去40年間に作られた最高の映画のいくつかに出演しています。見たいお気に入りはありますか?

いいえ、私は忍耐力がなくて、別の方法でやれたかもしれないことを考え続けています。それで私は気が狂いそうになるし、自分の映画を見ることに耐えられない俳優もたくさんいるでしょう。しかし、もし誰かが私にそれらのうちの1つを見るように強制したなら、私は子供たちや多くの友達と一緒に取り組むことができたので、おそらく『すべてをあなたに』(原題:That Thing You Do!)を選ぶでしょう。また、その映画で撮影した2つのシーンの間に息子のトルーマン(Truman)が生まれたことも今でも鮮明に覚えています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れたと…
  2. Kana2024_5_11_1
    NY時間の昨日、5月12日は母の日でした。Happy Mother’s Dayということで、私は日本…

レーサー鹿島Blog

  1. 今年も「インディ500」の予選生中継を担当しました。佐藤琢磨は予選10位から3回目の「インディ5…
  2. ALPHA SHOP渋谷店の取材時に出会ったヘルメットバッグのスモール版が素敵です!スマフォ、財…
ok!family
PAGE TOP