OKJBenAffleck_1_1

日本公開2023年4月7日の映画『AIR/エア』では、ナイキの創設者フィル・ナイトを演じ、日本公開2023年6月16日の映画『ザ・フラッシュ』ではバットマンを演じるベン・アフレック。

OK! インタビュー☆ベン・アフレック:『AIR/エア』&『ザ・フラッシュ』(前編)

『AIR/エア』では監督と主演を務め『ザ・フラッシュ』ではバットマンとして登場する、困難な年月を経て最近軌道に乗っているベン!

個人的にも創造的にも困難な年月を経て、ベン・アフレック(Ben Affleck)は最近軌道に乗っています。彼は昨年の2022年7月に結婚したジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)にソウルメイトを見つけたように見えるだけでなく、彼の映画キャリアの新しい段階に乗り出しました。

アフレックは、幼なじみの親友であるマット・デイモン(Matt Damon)と一緒に、高品質の映画を制作することを目的とした映画会社、アーティスト・エクイティ(Artists Equity)を設立し、キャストやクルーと利益を共有します。

その間、アフレックは彼の新作映画『AIR/エア』(原題:Air)(日本公開: 2023年4月7日)を成功で迎えて絶賛を浴びています。アフレックは、自身が演じるナイキの創設者フィル・ナイト(Philip Knight)がバスケットボールのスーパースター、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)と歴史的な契約を結び、スポーツシューズのアイコニックなエア・ジョーダン(Air Jordan)ブランドを生み出した経緯を語る映画で、監督と主演を務めています。

ヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)(ジョーダンの母親役)とマット・デイモン(ソニー・ヴァッカロ(Sonny Vaccaro):ナイキのマーケティング幹部)も共演しており、アフレックがデイモンを映画で監督したのは、彼らが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(原題:Good Will Hunting)で最優秀脚本賞を受賞してから25年以上の時を経て初めてのことです。『AIR/エア』は、アフレックとデイモンの新しい制作会社の最初のプロジェクトでもあります。

「私はマットが大好きです。彼は私の親友です。ある時、私たちはお互いを見て、‟なぜ世界でもっと一緒に仕事をしないの?”と感じました。私たちは今、25年間を振り返るのに十分な年齢になりました。仕事で誰と時間を過ごすかが、あなたの人生の質の非常に大きな部分を占めていることが分かります。本当に運が良ければ、あなたはあなたがしていること、あなたが一緒に働く人を愛してください。」とアフレックは言いました。

OKJBenAffleck_1_2_1

写真左から:ベンと女優・歌手・プロデューサーであり、ベンの妻のジェニファー・ロペス。

さらに、アフレックは、2023年6月16日に全米・日本で公開予定のDCコミックスの大ヒット作『ザ・フラッシュ』(原題:The Flash)にバットマン(Batman)として最後の登場をする予定です。ダークナイトとしての彼の出番は比較的短いだろうが、アフレックは彼がついにキャラクターに正義を与えることができたと信じています。

「今年初めに、私はついにそのキャラクター(バットマン)を演じる方法を理解し、『ザ・フラッシュ』でそれを実現しました。私がそこにいる5分間、それは本当に素晴らしかったです。その多くは、ただのトーンです。あなたのやりたいことに合う男は誰ですか? と自分をバットマンに合わせようとしました。ところで、私は私たちがやったことの多くが好きで、特に2016年の最初の作品『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)が好きです。」

50歳のベン・アフレックは、昨年結婚したジェニファー・ロペスと一緒にロサンゼルスに住んでいます。彼は2005年から2015年までジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)と結婚し、数年後に離婚する前に簡単に和解しました。ロペスは元夫で歌手のマーク・アンソニー(Marc Anthony)との間に双子のエメ(Emme)とマックス(Max)(14歳)を授かり、アフレックはガーナーとの結婚により、ヴァイオレット(Violet)(16歳)、セラフィーナ(Seraphina)(13歳)、サミュエル(Samuel)(10歳)の3人の子供の父親です。

━━『AIR/エア』は、スポーツアパレル企業とアスリートの間の同様の取引の基準を設定した、ナイキとマイケル・ジョーダンの間の画期的なビジネス取引に関するものです。しかし、ジョーダンは映画に登場しません。なぜですか?

ジョーダンは実際の人物であり、マイケル・ジョーダンを納得のいくように演じることができる人は誰もいません…。しかし、最も愚かなことは彼の許可なしに映画を作ることだったので、私たちは彼とプロジェクトについて話し合ったことを確認しました。それを尊重したかっただけです。

すぐに、マイケルが支持しなければ意味がないと思いました。彼は私のヒーローなので、彼をがっかりさせたくはありませんでした。私は数分間彼と一緒に座って言いました。「あなたが私に望んでいないなら、私はこれをしたくありません。そして、私は知りたいです。あなたは何を気にしますか? あなたにとって何が重要ですか?私はすべての詳細を正しく理解するつもりはないからです。」

━━また、ナイキに意見を求めるためにアプローチしないことに決めたのですか?

プレッシャーを感じたくなかったし、コマーシャルやプロパガンダを作っていると非難されたくなかったので、ナイキに近づいたり、受け入れたり、質問したりしたくありませんでした。私は、この物語を自分が語るべきだと思った方法で自由に語りたかったのです。しかし、私はマイケルと話をして、物事に対する彼の見解を得る必要がありました。一部の詳細を変更し、一部のストーリーを圧縮するつもりでしたが、彼にとって本当に重要で真実であることに違反したくなかったので、それが何であるかを知りたかったのです。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Apega / WENN.com
Photo © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_20_9
    2024年2月20日-Coterie New York(前編)時間や場所の指定に数量と限りが…
  2. Kana2024_2_20_1
    NY時間の2月19日の週は、真冬の休み(Midwinter Recess)ということで娘と息子の通う…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(2月25日)は先週末、パシフィコ横浜に4万人を超え…
ok!family
PAGE TOP