OKJ_FlorencePugh2_1

8歳のときに、演技が自分の天職になると思っていたと語る、フローレンス・ピュー(Florence Pugh)。

OK! インタビュー☆フローレンス・ピュー:『原題:A Good Person』(後編)

『原題:オッペンハイマー』と『原題:デューン:パート2』 と新作映画への出演が続くアカデミー賞助演女優賞ノミネーターのフローレンス。

━━あなたの主要なスターダムへの上昇はかなり安定しています。あなたはホラー映画『ミッドサマー』(原題:Midsommar)に出演し、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(原題:Little Women)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、マーベルの大ヒット作『ブラック・ウィドウ』(原題:Black Widow)に出演するようになりました。その結果、あなたの人生は変わったと思いますか?

個人的なレベルではありません。少なくとも、私が知る限りではありません。私は自分の仕事に突き動かされており、次のプロジェクトを開始して、非常にクリエイティブな新しいグループと一緒に別の世界に飛び込むのが待ちきれません。私にとっては、サーカスと一緒に逃げ出し、この非常にユニークな世界の一部になり、そこに戻り続けるようなものです。

家族ととても近くにいることも、自分自身の精神に忠実であり続けるのに役立つと思います。私の両親と兄弟は私の人生の非常に重要な部分であり、私は彼らの生活の一部であることによって、この大きな慰めと安心感を持っています。だから私はいつも彼らを、私の映画プレミアに連れて行きます。私が行ってきたこの作品を通じた旅を共有できるようにしたいからです。

━━今年は、『原題:オッペンハイマー』(Oppenheimer)と『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune:Part Two) の2つの大きな新作映画が予定されています。『原題:A Good Person』のようなダークなインディードラマと、この種の大ヒットプロジェクトを切り替えることができるのは好きですか?

物事を混ぜ合わせることができるのが大好きです。私は両方の種類の映画を楽しんでいます。なぜなら、それらはさまざまな方法であなたに挑戦するからです。私はマーベルのためにやった『ブラック・ウィドウ』のような大きな映画の光景が大好きです。多くの人が、そのような映画を作るということは、私が自分のアプローチを変えて、決して自分の考えではなかったような種類のプロジェクトだけをやろうとしていることを意味すると考えていました。

雰囲気が異なり、大規模なセットにいるときよりもはるかに緊密なグループで作業していて、シーンを行うまでに長い時間待つことが多いため、私はまだ小さな映画を撮るのが大好きです。しかし、『原題:オッペンハイマー』や『デューン 砂の惑星 PART2』のような、想像力を膨らませてくれる驚くべき範囲の映画も楽しんでいます。あらゆる種類の映画に出演できるようになりたいし、あらゆる役割で自分の限界を押し広げたいと思っています。

OKJ_FlorencePugh2_2

━━演技は自分の運命だということを、いつ知っていましたか?

そうですね。8歳のときに学芸会に出演した際、演技が自分の天職になると思っていたのを覚えています。そして、すべてが順調に進んだという点で幸運でした。レッスンを受け、一生懸命働き、17歳で『フォーリング 少女たちのめざめ』(原題:The Falling)に出演しそれ以来、仕事をやめていません。

━━演じるキャラクターのそれぞれに、常に注ぎ込んでいる自分の側面はありますか?

どのキャラクターにも私の一部が含まれています。それを避けることはできないと思います。また、さまざまな状況で自分のいろいろな側面を探求できることは刺激的です。

私を怖がらせる人も含めて、私が演じるすべてのキャラクターに惹かれ、悪い面も含めて自分の側面を見ることができます(笑)。でも結局、本当の自分が誰なのかはまだ言えないと思います。私がキャラクターを演じるときは、できるだけ不完全で混乱させたいと思っています。

━━映画のセットにいないときは何をするのが好きですか?

料理をするのはヒーリング効果があると思いますし、曲を作ったりギターを弾いたりすることも楽しんでいます。音楽は私の人生の重要な部分ですが、長い間、演技に忙しくて音楽を追求することができませんでした。

━━ご両親からのアドバイスで、成功を収めるために役に立ったと思われるものはありますか?

父は私に、バラの香りを嗅ぎ続けることを忘れないように言いました。私は時々、大きな感動があった場所に戻り、少し考えて、座って背中を軽くたたきます。原点に戻って「よくやった。」と自分に言い聞かせるのはよいことです。

フローレンス・ピューによる上記のコメントは、3月8日にロンドンで開催された『原題:A Good Person』のプレミアに出演した際に書かれたものです。彼女のコメントは、長さと明確さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Phil Lewis / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP