OKJ_FlorencePugh1_1

8歳のときに、演技が自分の天職になると思っていたと語る、フローレンス・ピュー。

OK! インタビュー☆フローレンス・ピュー:『原題:A Good Person』(前編)

『原題:オッペンハイマー』と『原題:デューン:パート2』 と新作映画への出演が続くアカデミー賞助演女優賞ノミネーターのフローレンス。

フローレンス・ピュー(Florence Pugh)は、ハリウッドのスーパースターになろうとしています。 7月(全米公開)には、クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督の待望の映画『原題:オッペンハイマー』(Oppenheimer)に出演する予定です。その後、11月(全米公開)には、2021年のSF大ヒット作の続編である『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune:Part Two)にティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)と共に出演します。

しかしその間、観客は27歳のピューが、彼女のために特別に脚本を書いた元ボーイフレンドのザック・ブラフ(Zach Braff)が監督した強烈なドラマである『原題:A Good Person』(3月24日全米公開)で、勇敢なパフォーマンスを披露するのを見ることができます。この映画は3月31日に英国の劇場で公開され、ピューが彼女の世代で最も優れた女優の1人であることをさらに証明しています。

物語は、ピューのキャラクターであるアリソン(Allison)を中心にしています。アリソンは、良いキャリア、愛情深い婚約者、家族や友人の緊密なネットワークなど、すべてを備えているようでしたが、彼女が運転手として婚約者の家族の何人かを殺してしまった壊滅的な自動車事故を生き延びた後、彼女は悲劇的な余波と彼女の悲しみのプロセスを複雑にしてしまうオピオイド中毒に対処しなければなりませんでした。

「私にとっては、これが単調で気がめいるようなテーマではないことを知っていることが重要でした。」とピューは言います。「実生活ではそうではないからです。物語は、彼女が魅力的で愛らしいことができ、人々が彼女に希望を持っているはずだったことを明らかにしています。しかし、とても親密な人々が関わると、このような悲劇から回復するのは困難です。」

OKJ_FlorencePugh1_2

モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)とは婚約者の義父役で共演。ピューは、フリーマンと一緒に仕事をするという見通しに、いくらか畏敬の念を抱いていました。

「パフォーマーとして、モーガン・フリーマンのような伝説的な俳優と仕事をすることで、映画全体が刺激的で恐ろしいものになります。」

ブラフ監督は、2018年に父と妹を亡くし、2020年に親しい友人を亡くしたことに対処する方法として、この映画の脚本と監督をせざるを得ないと感じました。「これらの感情を抱いていたので、この話をしたかったのです。人生で私にとって非常に重要な人をたくさん失いました。私たちはロックダウンされていましたが、書く時が来ました。つまり、脚本を書き始める以外に何もすることがなかったのです。それが私が意図したことであり、それが私がやりたいことだからです。そして、フローレンスのために何か書きたかったのです。これは私から出てきたものです。」とブラフ監督は言いました。

ピューとブラフは、2019年に短編映画『原題:In the Time It Takes to Get There』で彼女を監督していたときに、初めて恋愛関係になりました。『原題:A Good Person』の仕事を終えた後、彼らは2022年8月に別れました。「私たちは世界に知られずに別れようとしてきました。誰もが意見を持っている関係だったからです。私たちは、別れれば何百万人もの人々が、私たちが一緒にいないことをどれほど幸せに思っているかを、言わなくて済むという利点を本当に得られると感じました。だから私たちは別れました。」 とピューは、47歳のブラフとの20歳の年齢差のために、彼女が受けたソーシャル メディアからの苦しみついて言及しました。

━━『原題:A Good Person』は非常に感情的な映画です。こういう役に惹かれますか?

私が非常に強烈な役割だけを選ぶことは周知の事実です。ほぼすべてのシーンで涙を流したのは、これが初めてではありません。人間の醜さを見つけるのが好きです。私は生を感じることが大好きです。私は自分自身に挑戦する台本を与えられるのが大好きで、怖がらない限り役を選んだことはありません。

━━あなたが恋愛関係にあったザック・ブラフ監督に、あなたを念頭に置いて脚本を書いてもらうことは利点でしたか?

つまり、彼は私の話し方に合わせた台詞を書き、私が飛び込んで自分を限界まで追い込むことができるキャラクターを作成できたということです。誰かがあなたのことをよく知っていると、私たち2人が熱心に取り組んできたプロジェクトに取り組むのは、とても自然なプロセスになります。

━━脚本の執筆に携わったことがありますか?

私はそれを読むことすら許されませんでした。彼がそれを書いているとき、私はどのシーンも読むことを許されませんでした。数時間彼がこもった後、彼が発見したすべての断片を私に話し始めました…。私は台本を知り、夕食時に話し合うことでキャラクターを知るようになりました。彼が私のために、これを書いてくれたという点で、私は非常にうれしく思いました…。必ずしもそれが悪いことだとは思いません。どちらかといえば、それは私ができると彼が信じることができたということだと思います。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP