OKJ.Beverley Callard.4.1

写真左から:夫のジョン・マキューアン(Jon Mcewan)と元『コロネーション・ストリート』の女優のビバリー・カラード(Beverley Callard)。

OK! 独占バウ・リニューアル特集☆ビバリー・カラードとジョン・マキューアン:「夢を叶えて!」Vol.4

「ウエディングの日よりさらに素晴らしい1日!」と語る、元『コロネーション・ストリート』の女優のビバリーと夫のジョン!

━━お2人のお子さんたちは全員出席できたのでしょうか?

ビバリー:それが残念なことに、レベッカ(Rebecca)とジョシュア(Joshua)(ビバリーの子供たち)、それにベン(Ben)(ジョシュアの息子)は仕事のために来ることができなかったの。でも妊娠中のダニエル(Danielle)(ジョンの娘)と、2歳半になる孫のノア(Noah)、それにジョナサン(Jonathan)(ジョンの息子)は現地で一緒にお祝いすることができたの。

でも、何と言ってもいちばんのスターは89歳になるジョンのママのクリスタル(Christal)で、杖をついて歩かなければならない状態だというのに、当日は“まるで杖なんて何のその”といった感じで、杖をついたままで一晩中ダンスを踊り続けていたのよ。私の母はずっと昔に亡くなっているので、私にとってはジョンのママが自分のママのような存在でもあるの。彼女は今でも“家の中の大きな柱で、彼女を怒らせるようなことをしたら、とんでもないことになるぞ”と家中の皆が一目置く存在いうわけなの!

━━ビバリー、「アイム・ア・セレブ」の共演者、ルーシー・ヘンシャル(Ruthie Henshall)もゲストの一員として参加してくれたということですが、再会が叶って嬉しく思いましたか?

ビバリー:番組の共演者とは皆気が合う仲間同士よ! でもルーシーとの仲はまた特別で、私たちはお互いに強い絆で結ばれている“運命の友”だと思っているの。だから彼女が来てくれると知ったときは本当に嬉しかったわ。実は、イギリスに戻ったら12人の仲間たちと一緒に集まる大きな同窓会を計画しているの。もちろん、全員パートナー同伴でね。

OKJ.Beverley Callard.4.2

写真左から:ダニエルのパートナーのオリー(Ollie)、ノア、ジョナサン、ダニエル、ジョン、ビバリー、ジョンのママのクリスタル。

━━ジョバンナ・フレッチャー(Giovanna Fletcher)のご主人、トム(Tom)が『ストリクトリー・カム・ダンシング(Strictly Come Dancing)』に出演するということですが、そのことについてジョバンナと話をしたことがありますか?

ビバリー:ええ、つい先日もその話をしたわ。実際トムに会って、とても素晴らしい人だと思ったし、もちろん、私たちはトムを推薦するつもりだし、これから先の成り行きが楽しみだわ。ジョバンナはまだそんなに神経質になっていないと思うけれど、これから先はきっと少し状況が変わってくるのではないかしら?

━━今はまだスペインにいらっしゃるのですか?

ビバリー:ええ、そうなの。今はまだ友人のヴィラにいて、まるで2度目の新婚旅行を楽しんでいるような感じよ!

ジョン:イギリスにあるモーターハウスに戻る前に、僕たちが結婚の約束を交わしたビーチバーに2人きりのランチを食べに行く予定で、そこで2人の思い出を振り返ったり、改めてこれから先のことをいろいろと話をすつもりなんだ。実は僕たちは毎晩2人で“ヴェスパ(Vespa)”に乗ってちょっとした冒険を楽しんでいるんだ。きっとこれから先もワクワクするようなことが僕たち2人を待ち構えていると確信しているよ。

ビバリー:本当にそうね。私たちにとって退屈な人生なんて全く考えられないもの!

OKJ.Beverley Callard.4.3

━━今回の“2度目の誓いの儀式”に際してお互いに記念に残るプレゼントを交換するということですが、どんなプレゼントを考えているのですか?

ビバリー:リングに関しては、今持っているウエディングリングで十分だと思っているし、2人とも新しいものを欲しいとは思っていないの。それよりも実は明日新しくタトゥーを入れ直そうと思っているところで、実際のデザインはまだ決めていないけれど、日付と、ちょっとしたロマンチックなメッセージを残しておきたいと思っているの。ジョンのママのクリスタルは「もうタトゥーは止めたら!」と言っているけれど、でも私たちは“ちょっとクレージーでおかしなカップルだから!”

ジョン:僕は手首のところにタトゥーを入れるつもりだけれど、ビバリーはまだどこにするか決めていないようなんだ。

ビバリー:2010年に式を挙げたときに2人揃って記念のタトゥーを入れたので、“2度目のセレモニー”でも新しいタトゥーを入れたいと思っているの。でも、それはあくまでも個人的な秘め事のようなもので、そんなに大袈裟に皆に知らせる必要はないと思っているの。

 

OKJ.Beverley Callard.4.4

━━最後に伺いたいのですが、最後になさった“フェイスリフト”施術について少しお話しいただけますか?

ビバリー:私自身は絶対にもう1回したいと思っているわ。

ジョン:彼女は今でも十分に美しいし、僕はフェイスリフトなんて必要ないと思っているんだ。この点については2人でもっと慎重に話をする必要があると思うけれど、いずれにしても僕は反対だね。

ビバリー:ジョンはこの点に関しては反対のようなの。でも、私は必要だと思っているし、後は私のスケジュール次第! でも、今は仕事のこともあって日程の調整が難しいから、“いずれは!”ということになるかもしれないわ。

WORDS © KIRSTY HATCHER
PHOTOS © DAVID GARCIA / LHA REPRESENTS
MAKE-UP: CARL STANLEY, STYLING: LUCY MOON

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022.1.17.1
    今週末は-10度だったりと本当に寒さ厳しい日が続くNY・・・。お出掛け大好きな私でもあまりの寒さに外…
  2. Kana2022.1.6.1
    Happy New Year 2022☆2022年! 寅年になりました! 本年もどうぞ宜しく…

レーサー鹿島Blog

  1. 2022/1/21

    丸目の魔力。
    コロナRT40からの。丸目愛がとまりません(笑)…
  2. 2022/1/21

    生粋の丸目。
    スクエアなグリル×丸目がたまりません。TOYOPET RT40 Corona 1968…
ok!family
PAGE TOP