OKJ.Ricky Wilson.2.1

新婚ホヤホヤのイギリスのロックバンド、カイザー・チーフス(Kaiser Chiefs)のフロントマン、リッキー・ウィルソン(Ricky Wilson)(写真左)とファッションスタイリストのグレース・ジト(Grace Zito)(写真左)。

OK! 独占ウエディング特集☆リッキー・ウィルソンとグレース・ジト:「親しい友達と家族だけを集めた心温まる挙式」Vol.2

「今はホッとしているよ。」と挙式の喜びを語る、カイザー・チーフスのリッキーとグレース。

━━改めて、ご結婚おめでとうございます。お2人とも挙式当日は楽しい思い出をつくることはできましたか?

グレース:それが不思議なことなんだけれど、予定に反してとても小規模な結婚式だったにも関わらず、とても素晴らしい式を挙げることができて、これ以上の幸せはないと思っているの。でも、現状ではこれが唯一のオプションだったの。それにしても、小規模な挙式でもこんなに大変な思いをしたのだから、あと100人のゲストを招いていたら、きっと圧倒されまくっていたでしょうね。

━━今まで4回も挙式のスケジュールを延期しなければならなかったと伺っていますが、やっと式を挙げることができて今はホッとしているのではありませんか?

リッキー:実際に挙式当日がどんなものなのか想像もできなかったけれど、周囲の人たちからは「とにかく、頭の中が空っぽになって、式の当日のことはきっと何も覚えていないと思うよ。」と言われていたんだ。でも、2人ともそんなことはなかったし、記念すべき特別の日のことは一部始終全て覚えているよ。あの日のことは2人にとって一生記憶に残る素晴らしい1日だった!

きっと小規模な式だったから、少し余裕があったのかもしれないね。実際には周囲の人たちから耳にしていた話より、全てのことが自然でスムーズで、とにかく想像していた以上に素晴らしいウエディングだったと思っているよ。今回のパンデミック騒動で式の日取りを何回も延期しなければならなかったし、本当に辛い思いの繰り返しだったけれど、最後は完璧に終えることができたと自負しているんだ。“終わり良ければ全てよし!”だね。

━━お2人の晴れの挙式に招待できなかった人たちが、かなりいるのではありませんか?

リッキー:たくさんの人たちが参加することができなかったけれど、でも今のコロナ騒動が終わったら今回参加待できなかった人たちも招待して、改めて大きなパーティーを開こうと思っているんだ。とにかく、今は肩の荷が下りて、やっと前向きに先のことを考えることができるようになったしね。僕のバンド仲間を含めて、たくさんの友達が式に参加できなかったのは残念だけれど、さっきも言ったように、事態が改善した暁には、改めてパーティーを開いて友達を招待するつもりなんだ。

グレース:私たちと同じような経験を経て式を挙げている人たちがたくさんいて、それぞれ皆本当に辛い思いをしてきているということが分かって、とても良かったと思っているの。でも、いつまでも延期しているわけにはいかないし、これからはきっと頭を切り替えて、小規模な式を挙げる人たちが増えてくるのではないかと思うわ。だって永遠に待ち続けることは不可能ですもの。

━━リッキー、今回はバンドの仲間を招待できなかったと伺っていますが、そのことについて“辛い思い”をなさっているのではないですか?

リッキー:バンド仲間とは20年間ツアーで世界中を飛び回っている家族同然の仲だし、彼らが僕たちの大切な日のお祝いに参加できないなんて、とても奇妙な感じ! でも、彼らはバスの中で寝食を共にした兄弟のような存在だし、お互いに理解し合っているからね。ああ、それから、仲間の皆からはお祝いのカードと200ポンド(約3万円)のバーベキュー食事券をもらったよ。

グレース:この1年間に起きている世界的な状況は皆よく知っているので、式に参加できないからと言って文句を言う人は1人もいないはずだし、何よりも式を挙げることができたことだけでも皆喜んでくれているわ。

━━リッキー、あなたは宗教にこだわらない人と伺っていますが、今回のカトリック教会での挙式をどのように思っていますか?

リッキー:サイモン(Simon)神父が僕たちの式を特別なものにしてくれたと思っているし、とにかく素晴らしい式だったよ。でも学生時代には、宗教的な話題になると自分の頭の扉をすぐに閉めてしまったことを思い出すと、自分がカトリック教会で結婚式を挙げるなんて、とても不思議な感じがしているよ。

グレース:実は、私の祖父母も両親も同じ教会で式を挙げているの。本来ならバース(Bath)で挙式する予定だったので、教会も当然現地の教会! でも、実際にバージンロードを歩いたとき、この教会で式を挙げることが私にとってどんなに意義のあることかを実感したわ。

INTERVIEW © GEMMA MCCARTNEY
PHOTOS  © LORNA ROACH
ASSISTED BY: LOUISE BOASE GRACE’S DRESS MADE BY CHERRY WILLIAMS LONDON @CHERRYWILLIAMSLONDON RICKY’S SUIT BY THOMAS FARTHING FOOD FROM BEN FRANCO AT THE BARN HUDDERSFIELD FLOWERS FROM STEMS DESIGN JUKEBOX ON LOAN FROM SOUND LEISURE MARQUEE FROM YORKSHIRE MEADOW MARQUEES

Vol.3へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2021.10.16.1
    NY時間の10月16日。ブロンクス(Bronx)のNew York Botanical Garden…
  2. Kana2021.10.10.1
    NY時間の10月11日はコロンブス・デー(Columbus Day)で祝祭日となり、今週末はゆっくり…

レーサー鹿島Blog

  1. 2021/10/21

    丸目の魅惑。
    MINI CooperとFERRARI F355、意外な共通点は”丸目”の魅惑かと。丸いライト、…
  2. 長年愛用している”マイクロロン”を1995年式MINIクーパーに投入しました。”マイクロロン…
ok!family
PAGE TOP