OKJ.Nancy Sorrell.1.1

映画『ラブ・アクチュアリー』や『アイム・ア・セレブ・ジャングル』に出演し、アン・サマーズの広告塔モデルとしても活躍するナンシー・ソレル。

OK! 独占インタビュー☆ナンシー・ソレル:「たくさんの愛に囲まれて、とても幸せ!」Vol.1

久しぶりにモデルとしてカメラの前に立ったナンシーが「十代の双子の母親としての自分」や「幸せな結婚生活を続ける秘訣」について語る。

「もう一度、愛を確認し合う式を挙げることができたら、これ以上幸せなことはないと思っているの。」

クラシックなラブコメディー映画『ラブ・アクチュアリー』(原題:Love Actually)や英国のサバイバルリアリティテレビ番組『アイム・ア・セレブ・ジャングル』(I’m A Celeb jungle)に出演し、さらにアン・サマーズ(Ann Summers)の広告塔モデルとしても活躍するナンシー・ソレル(Nancy Sorrell)にとってカメラの前でポーズをとることは朝飯前! だから、かつての脚光を浴びていた頃の彼女に再び巡り合えるのが楽しみでならないのは当然のこと!

そしてケント(Kent)州にある自宅のビクトリアンハウス(イギリスの19世紀ビクトリア朝時代に建てられた邸宅)での撮影を終えた後、「カメラの前に立ったと同時に昔の記憶が戻ってきて、1コマ1コマのどこを取っても本当に楽しい時間の流れだったわ。」と、久しぶりにモデルとしてカメラの前に立った興奮を隠し切れないかのように語るナンシー!

ちなみに彼女はコメディアンのヴィック・リーヴス(Vic Reeves.本名:ジェームズ・ジム・モイヤー(James“Jim”Moir)との間に授かった現在15歳になる双子の娘、ネル(Nell)とリジー(Lizzie)の母親だが、その娘たちについて次のようにコメントしている。

「娘たちは2人揃って頑固者で、私たち夫婦のようにお芝居することが大好きなようなの。きっとテレビ映えがしてこの世界の仕事にも向いているような気がするわ。」

今日はそんなナンシー(46歳)から「十代の双子の母親としての自分」、「18年連れ添った夫のヴィック(62歳)との2回目の新しい挙式」、「幸せな結婚生活を続ける秘訣」について率直な思いを語ってもらいたい!

OKJ.Nancy-Sorrell.1.2

━━モデルとしての経験があることで、今回の撮影は難なく切り抜けることができたようですね。

確かにその通り! どこにいても、ついモデルとしての顔が出てきてしまうの(笑)

━━現在お住まいのご自宅について少しお話ししていただけますか?

ここには2006年5月9日に移ってきて、その直後の5月25日に、ここで双子の娘たちを出産しているの。私たちはウィリアム・モリス(William Morris)のデザインが大好きで、見ての通り家の中は全てモリス調で飾られているのよ。

私たちの寝室の反対側にある部屋は2人の娘たちの子供部屋だったの。でも今は“私専用の居間”で、ウォークインクローゼットとして使っているの。だから居間といっても、部屋中は洋服で一杯なの。

━━誰が一番たくさんお洋服を持っているのでしょうか?

我が家は家族揃って洋服好き! でも、やはり私が一番かもしれないわね。ロックダウンの最中は、お買い物でお金を使わないようにするべきだったのかもしれないけれど、でもそれに逆らって息抜き程度にちょっと買い物をするだけでだけで、多少のストレス解消になったと思っているわ。

━━ご自宅の中で一番家族と一緒に過ごす時間が多いのはどこですか?

普段はあまり使わないサンルームを取り崩して3年前にキッチンを広く改装したの。そのおかげで毎晩家族揃って夕食の時間を楽しむことができるようになったわ。

━━ヴィックのことを“ジム(Jim)”と呼んでいるようですが。

そうなの、ヴィックは彼のステージ名なのよ。だから最初に出会ったとき、彼は自分のことを本名の“ジム”として紹介してくれて、それ以来ずっとジムと呼び続けているの。実は彼はアーティストでもあって、今は自分の作品には本名の“ジム・モイヤー”でサインしているようよ。

━━2023年には結婚20周年を迎えると伺っていますが、何か特別な計画を立てているのでしょうか?

友達や家族を招待してディナーパーティーを催したりすることが大好きだから、またまたパーティーといったところかしら(笑) あるいは、家族で何か特別な行事を楽しんだりするかもしれないわ。私の両親は51年もの長きに渡って幸せな夫婦生活を送ったという、私にとっては理想のカップルだったの。

━━またご主人と式を挙げてみたいと思ったりすることはあるのでしょうか?

実は、この前も2人でそのことについて話をしていたところだったの。長い間一緒に暮らしている2人にとって、“2回目の式を挙げるなんて、とてもロマンチックで素敵なアイディアだと思わない?

WORDS © EMILY WHITWAM
PHOTOS © DAVID CUMMINGS
ASSISTANT: GABRIEL HUTCHINSON
STYLIST: RACHEL GOLD
HAIR AND MAKE-UP: GARY COCKERILL JEWELLERY
STYLIST: JUSTINE CULLEN
ADDITIONAL PHOTO: LORNA ROACH

Vol.2へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022.1.17.1
    今週末は-10度だったりと本当に寒さ厳しい日が続くNY・・・。お出掛け大好きな私でもあまりの寒さに外…
  2. Kana2022.1.6.1
    Happy New Year 2022☆2022年! 寅年になりました! 本年もどうぞ宜しく…

レーサー鹿島Blog

  1. 2022/1/21

    丸目の魔力。
    コロナRT40からの。丸目愛がとまりません(笑)…
  2. 2022/1/21

    生粋の丸目。
    スクエアなグリル×丸目がたまりません。TOYOPET RT40 Corona 1968…
ok!family
PAGE TOP