2月18日〜21日の期間Jacob K. Javits Centerで開催されました、Toy Fairに行ってまいりました。 kana2017.2.19.2.jpg

2017年2月19日-Toy Fair

会場内には、様々な製品の大きなバナーが天井から
吊るされています。
ポケモンのピカチュウのバルーンも発見。
アメリカではキャリコ・クリッターズという名前で
販売されています、シルバニア・ファミリー。
子供の時に大好きだったキャラクターが
海外でも人気とのこと、嬉しい限りです。
日本発のお馴染みのキャラクターのフィギュアの展示
には、多くの来場者がその精巧さに足を止めて
じっくり眺めていました。
大きくなった娘と一緒にブレスレットとか作ったら
楽しいだろうな〜と想像します。
ブレスレットやルーム・デコやニット製品な
どオリジナルの製品を作ることが出来るキットを販売する、
ミシガン州発のANN WILLIAMSのブースの様子。
昆虫ケース自体に拡大鏡が付いていたり、昆虫ケースの
デザインがユニークだったりと、さらに学ぶことの
楽しさを教えてくれる製品を販売している、
Educational Insightsのブースの様子。
人気のキャラクターたちの姿を会場内で見ることが
出来ます。パワーレンジャー・ニンジャスティールと
一緒に(笑)。

ここ最近のNYは、日中の気温10度を超える日が続いています。少しでも暖かいと暮らしやすいですね。

NY時間の2月19日、2月18日〜21日の期間Jacob K. Javits Centerで開催されました、Toy Fairに行ってまいりました。今回初めて訪れるToy Fair。世界で最新のおもちゃのホットなトレンドやアイディアを提供する約1000以上のメーカーが出展し、約15万以上のおもちゃやエンターテインメント製品が展示される大規模なおもちゃの総合見本市です。

連日、ファッションやギフトや旅行とイベントが続くNY。NYで開催されるイベントの多さを改めて実感します。

会場に入ると所狭しと様々な製品の大きなバナーが天井から吊るされています。世界中で人気の日本発のキャラクター、ポケモンのピカチュウの姿も!
会場内は、ドローンやスマートフォンと連動するおもちゃなどTech Toysをはじめ、フィギュア、ゲーム&パズル、乳幼児向け、教育など様々なカテゴリに分かれてブースが並んでいます。基本的にどのブースもパーテーションに囲われて外から見えないようになっています。

“製品をいかに素敵に見せるか”、照明や色合いなど1つ1つのブースが工夫を凝らし、どのブースも見ているだけで楽しくなります。ブースを見て回っていると・・・。来場者の方、バイヤーの方がまるで童心に戻ったかのように目をキラキラさせ楽しそうに新製品を手に取る姿を多く見かけます。

斯く言う私も・・・小学生の時にお友達と夢中になりました・・・、アメリカではCalico Critters(キャリコ・クリッターズ)という名前で販売されています、可愛い動物の着せ替え人形、シルバニア・ファミリーの展示を見つけた時には、懐かしさと同時にアメリカでの人気ぶりにテンションが上がりました。子供の時に大好きだったキャラクターが海外でも人気とのこと、嬉しい限りです。

日本発のお馴染みのキャラクターの細部にまで緻密に作られたフィギュアの展示など、多くの来場者がその精巧さに足を止めてじっくり眺めていました。

今回、私は少し娘が大きくなったことを想像し・・・、教育面でも優れ、一緒に楽しむことが出来るおもちゃに注目しました。個人的に気になった・・・素敵なプロダクトを少しですがご紹介したいと思います。

自分が子供だった頃、自分で作ることが出来る手芸などに夢中になっていたことを思い出しました。ブレスレットやルーム・デコやニット製品などオリジナルの製品を作ることが出来るキットを販売する、ミシガン州発のANN WILLIAMS。年齢別に分けられたキットの他、大人用の手芸キットも販売しています。カラフルでカワイイデザインです。子供達の好奇心と想像力を引き出します。様々なデザインのブレスレットが作れるキット:Loopdedoo Spinning Loom ORIGINAL Packagingのアメリカ国内での販売価格$34.99(送料・税抜き)

小学生の頃、昆虫をルーペで観察しましたよね・・・。昆虫ケース自体に拡大鏡が付いていたり、昆虫ケースのデザインがユニークだったりと、さらに学ぶことの楽しさを教えてくれる製品を販売している、Educational Insights。科学者から教師、芸術家までとさまざまな分野の専門家と協力しながら製品開発をしています。昆虫、カエル、魚などを集め、観察することが出来るケース:GeoSafari Jr. Critter Habitatのアメリカ国内での販売価格$19.99(送料・税抜き)

大人気のキャラクターのグッズや子供から大人まで楽しめる多くの製品の展示と盛り上がりを見せる会場。その中でも日本人として、日本発の人気のキャラクターから日本製のフィギュアなど、日本らしさが多くの来場者を魅了している様子を目にし嬉しくなりました。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2021.4.8.1
    NY州では、NY時間の4月6日以降、16歳以上の一般住民が保険の有無にかかわらず無料で新型コロナウイ…
  2. Kana2021.4.6.1.jpg
    NY時間の4月5日。スプリングブレイク(Spring break)が終わり、今日からまた娘の学校(キ…

レーサー鹿島Blog

  1. 「全日本EV-GPシリーズ」Rd1  2021年4月10日(土)レポート◇富士スピードウェイ ◇…
  2. オートバイ輸入最新モデルの試乗会場へは2日間、F355で。フライバイワイヤーになる前のフェラーリは、…
ok!family
PAGE TOP