OKJCatherine2024_3_27_1_1

写真:現地時間2023年12月5日、英国ロンドンで行われた、子供のための手術ユニット「Evelina」の開院式に出席したウェールズ公妃キャサリン(キャサリン妃)。

キャサリン妃はがんの診断を公表しプライバシーを求めました

キャサリン妃はがん治療中に家族と時間を過ごしながら、希望と感謝のメッセージを伝えました。

ウェールズ公妃キャサリン(Catherine, Princess of Wales)は、がんと診断されたことを勇敢に公表し、「大丈夫」と国民を安心させました。
現地時間3月22日金曜日に放送された感情的なビデオメッセージの中で、42歳の皇太子妃は「予防的化学療法」を受け始めたことを明らかにし、それが「大きなショック」だったと語りました。

春の日差しの中、水仙に囲まれたベンチに座ったキャサリン妃は、次のようにメッセージを伝えました。
「私たち家族全員にとって、この数ヶ月間は信じられないほど大変でしたが、素晴らしい医療チームが私を大切にしてくれて、とても感謝しています。」

それからキャサリン妃は、感情で声を張り上げながらこう続けました。「1月にロンドンで腹部の大手術を受けましたが、その時は私の状態はがんではないと思われていました。手術は成功しました。しかし、手術後の検査でがんが存在していることが判明しました。そのため、私の医療チームは私に予防化学療法を受けるようアドバイスし、現在その治療の初期段階にいます。もちろん、これは大きなショックでした。ウィリアム(ウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales))と私は、若い(子供たち)家族のために、この件を非公開で処理し、管理するためにできる限りのことをしてきました。」

その後、キャサリン妃は、ウィリアム皇太子(41歳)とジョージ王子(Prince George)(10歳)、シャーロット王女(Princess Charlotte)(8歳)、ルイ王子(Prince Louis)(5歳)にこの憂慮すべきニュースをどのように説明したかを明かしました。

「ご想像のとおり、これには時間がかかりました。大手術から回復して治療を開始するまでに時間がかかりました。」と彼女は語りました。
「しかし、最も重要なことは、ジョージ、シャーロット、ルイに適切な方法ですべてを説明し、私は大丈夫だということを安心させるのに時間がかかったということです。彼らに言ったように、心、体、精神の癒しに役立つことに集中することで、私は毎日元気になり、強くなっていきます。ウィリアムがそばにいてくれるということは、大きな慰めと安心感の源でもあります。皆さんの多くが示してくれた愛、サポート、そして優しさも同様です。

それは私たち2人にとって、とても意味のあることです。私が治療を終えるまで、家族としてある程度の時間、スペース、プライバシーが必要であることをご理解いただければ幸いです。私の仕事はいつも私に深い喜びをもたらしてくれるので、可能なときに戻ってくることを楽しみにしていますが、今は完全に回復することに集中しなければなりません。」

最後に、がんに苦しむ他の人たちへの希望に満ちたメッセージで締めくくり、キャサリン妃はこう付け加えました。「この病気に直面しているすべての人は、どんな形であれ、信仰や希望を失わないでください。あなたは1人ではありません。」

キャサリン妃のメッセージが放送された直後、バッキンガム宮殿は次のようなメッセージを発表しました。「一緒に入院した後、チャールズ国王(チャールズ3世:Charles III)はここ数週間、最愛の義理の娘と最も緊密な連絡を取り続けています。チャールズ国王は、この困難な時期を通じて家族全員に今後も愛と支援を捧げてまいります。」

リシ・スナク(Rishi Sunak)首相は国民を率いて王室にお見舞いの気持ちを込めた声明で「プリンセス・オブ・ウェールズは回復を続ける中、国全体の愛と支援を受けています。」と述べました。

労働党党首のキーア・スターマー卿(Sir Keir Starmer)も、王女に向けられた「ばかげた憶測」を批判したスナク首相の言葉に同調し、治療中は「家族全員だけでなく、国民全体の愛と支援を受けるだろう。」と語りました。

ウィリアム皇太子とキャサリン妃にとって、この数週間は間違いなく激動の数週間でした。キャサリン妃がウィリアム皇太子と一緒にウィンザーの農場店で写真を撮られるまでの最後の公の場は、現地時間2023年12月25日、サンドリンガム(Sandringham)のセント・メアリー・マグダラ教会(St Mary Magdalene Church)で他の王室メンバーらとともにクリスマスの朝の礼拝に参加したときでした。

そして現地時間1月中旬、ケンジントン宮殿はキャサリン妃の健康状態に関する珍しい個人的な最新情報を発表し、詳細は明らかにされていないものの予定されていた腹部手術を受けたことを明らかにし、療養期間のためイースターが終わるまで国民が再びキャサリン妃に会えないことを意味すると付け加えました。

その後の数週間で、キャサリン妃の行方に関する世間の憶測は着実に高まり、ソーシャルメディアでの突飛な陰謀は日々増大していきました。
「喜びを広めたい」と願い、キャサリン妃は3人の子供たちと撮った母の日の写真を公開しました。しかし、「矛盾」が発見された後、AP通信を含む通信社が即座に写真を配信停止したため、彼女が画像を編集したと認めたことで論争が巻き起こりました。

キャサリン妃は、いつものような性格の強さを見せて、翌日、夫婦のソーシャルメディアで公開謝罪し、次のように投稿しました。「昨日、投稿した家族写真が混乱を引き起こしたことについて謝罪したいと思います。」

ウィリアム皇太子が2月にゴッドファーザーであるギリシャ国王コンスタンティン2世(King Constantine II)のウィンザー追悼式に出席しなかった理由は、キャサリン妃の健康状態の最新情報だったと現在考えられています。

キャサリン妃の診断は、チャールズ国王がロンドンのクリニックで前立腺肥大を矯正する手術を受け、不特定の種類のがんと診断されたわずか数週間後に行われました。

チャールズ国王は毎日のレッド・ボックス(政府関連の書類が入った箱)の書類に署名するなど、憲法上の義務を果たし続けている一方、チャールズ国王は多くの公の場から身を引いており、カミラ王妃(Queen Camilla)などの王室上級者が彼の代わりを務めています。

このニュースが明らかになったことで、キャサリン妃はこの困難な時期に家族に囲まれて過ごすことになるという事実から、ささやかな慰めを得ることができました。

ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子は金曜日に教室を後にしてイースター休暇に入りますが、集まって母親に必要なすべての愛、抱擁、サポートを与えることができることでしょう。

Words © Rebecca Russell / OK! Magazine
Photo © Mirrorpix

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_8_1
    NYも連日30度越えの暑い日が続いていますが・・・日本の猛暑の報道を見て皆さまの体調を心配しています…
  2. Kana2024_6_24_1
    7月に入りました。いよいよ夏の到来! どのくらい毎日暑くなるのでしょうか・・・。毎日、モニタ…

レーサー鹿島Blog

  1. モータージャーナリストでラリードライバー竹岡圭さんの参戦発表会を取材してきました!三…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)…
ok!family
PAGE TOP