OKJJoshBrolin.1_1

Amazonプライム・ビデオで5月16日から全7話を配信している『アウターレンジ ~領域外~』シーズン2で強情な牧場主ロイヤル・アボットを演じるジョシュ・ブローリン(56歳)。

OK! インタビュー☆ジョシュ・ブローリン:『アウターレンジ ~領域外~』シーズン2(前編)

心を揺さぶるSF西部劇シリーズのシーズン2ではプロデューサー、監督、主演男優を務めたジョシュ・ブローリン。

ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)は不良少年のイメージと不遜な性格を楽しんでいます。しかし、2007年にアカデミー賞を受賞したコーエン(Coen)兄弟の傑作『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men)で、落ちぶれた牧場主ルウェリン・モス(Llewelyn Moss)を演じて、低迷していたキャリアを復活させて以来、ブローリンはハリウッド復興の波に乗っています。

過去10年間、ブローリンは『インヒアレント・ヴァイス』(原題:Inherent Vice)、『ボーダーライン』(原題:Sicario)、『デューン 砂の惑星 PART2』(原題:Dune: Part Two)の大ヒット作で次々とカリスマ的な演技を見せ、30代でキャリアを台無しにしかけた無謀な行動の後、ようやく相応の評価を得ました。そして何よりも、彼は数億ドルの賞金を獲得しました。『アベンジャーズ』(The Avengers)シリーズの主要人物として、エイリアンの軍閥であり究極のスーパーヴィランであるサノス(Thanos)役を演じ、収入を得ています。

しかし現在、ブローリンは、2022年にAmazonプライム・ビデオ(Prime Video)でデビューした、心を揺さぶるSF西部劇シリーズ『アウターレンジ ~領域外~』(原題:Outer Range)の主演として、間違いなくこれまでで最高の仕事をしています。そして、ブローリンは、プロデューサー、監督(エピソード6)、主演男優という三重の任務を引き受けることで、ある程度の創造的コントロールを担ってきたシリーズのシーズン2で、タイムトラベルするカウボーイの別人格に戻ります。

Amazonプライム・ビデオは5月16日にシーズン2の全7話を配信し、 観客はブローリン演じる強情な牧場主ロイヤル・アボット(Royal Abbott)が、家族と土地を救うために形而上的(独断的)な戦いに巻き込まれる奇妙な世界を探索する、さらなる機会を得ることになりました。

「『イエローストーン』(Yellowstone)(ケビン・コスナー(Kevin Costner)主演のネオウエスタンシリーズ)がきっかけで、『アウターレンジ ~領域外~』では家族同士の争いというアイデアを新たなレベルに引き上げ、西部劇とSFのジャンルを融合させるというアイデアが気に入りました。私は決して単純なことはやりたくないのです。退屈だと思います。これは大きな変化のように感じましたし、失敗する余地は十分ありました。そして、私はその可能性を好んでいます…。」とブローリンは語りました。

シーズン1で、アボットはワイオミング州の辺鄙な地域にある自分の土地の端に奇妙な暗い空間を発見しました。これはどうやら義理の娘の失踪と関係があるようです。

シーズン2では、アボット家の牧場を取り巻く謎が深まり、ロイヤルと妻のセシリア(Cecelia) (リリ・テイラー(Lili Taylor)が演じる) は、アボット家の土地を狙う裕福な牧場主ウェイン・ティラーソン(Wayne Tillerson)(ウィル・パットン(Will Patton)演じる)と戦いながら、謎の答えを探し続けます。イギリス人俳優のイモージェン・プーツ(Imogen Poots)(謎の放浪者役) とトム・ペルフリー(Tom Pelphrey)も共演しています。

俳優ジェームズ・ブローリン(James Brolin)の息子でバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)の義理の息子である56歳のジョシュ・ブローリンは、サンタバーバラ郡モンテシト地区の広大な邸宅に、結婚してほぼ10年になる妻のキャサリン・ボイド(Kathryn Boyd)(36歳)とともに住んでいます。2人の間には、5歳の娘ウェストリン(Westlyn)と3歳のチャペル・グレース(Chapel Grace)の2人の子供がいます。

ブローリンは女優アリス・アデア(Alice Adair)との最初の結婚で生まれた2人の成人した子供、29歳の娘エデン(Eden)と35歳の息子トレヴァー(Trevor)の父親でもあります。

━━映画界でのキャリアがピークに達しているように見えるこの時期に、なぜシリーズをやろうと決めたのですか?

過去数年でいくつかのシリーズのオファーを受けていましたが、ストリーミングが大きなものとなり、シリーズの状況が変わりました。『アウターレンジ ~領域外~』は、私がテレビシリーズの仕事を辞めると決めた20年前のような典型的なネットワークシリーズではありませんでした。その時代、ネットワークは22~26話ほどを制作しており、公開できるコンテンツの種類が限られていたため、少なくとも私や私が取り組んでいた作品では、芸術的なコンテンツを作ることができませんでした。

この作品はエピソードが8つしかありませんでした (シーズン1)。西部劇のジャンルと形而上学やSFの要素を組み合わせたところが気に入りました。私も牧場で育ったので、『イエローストーン』を見てから西部劇に出演したいと思っていました。

カリフォルニアの中央海岸の馬牧場で育った私が最初に読んだ本は『火星年代記』(The Martian Chronicles)、『華氏451度』(Fahrenheit 451)、『刺青の男』(The Illustrated Man)などでした。ですから、SF文学は、私が想像していた以上のアイデアに突然視野が開かれた単純な子供だった私の心を爆発させたのです。そしてこのシリーズは、そのSF要素を取り入れ、西部劇をひっくり返すために使用し、長期にわたって持続可能なシリーズのコンセプトを生み出しました。

Words © Jan Janssen / WENN
Photo © Phil Lewis / WENN

後編へ続く・・・。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…
  2. Kana2024_6_3_1
    本日のNYの最高気温は30度。日差しも強く暑い1日となりました。3rd grade(3年生)…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週の放送(6月16日)は、千葉県木更津市に完成した“バイクやクル…
  2. YouTube「YU.SR500/愛車のある暮らし」やインスタグラムなどを通じて、“バイクやクル…
ok!family
PAGE TOP