OKJKirstenDunst2_1

非常に強烈で挑発的な映画『原題:シビル・ウォー』(Civil War)でフォトジャーナリストを演じた、アカデミー賞助演女優賞ノミネート女優のキルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)(42歳)(写真左)と俳優で夫のジェシー・ロン・プレモンス(Jesse Lon Plemons)(36歳)(写真右)。

OK! インタビュー☆キルスティン・ダンスト:『原題:シビル・ウォー』(後編)

ディストピアスリラー映画で恐れ知らずのフォトジャーナリスト役を演じる、キャリア復活の真っ只中のキルスティン。

━━アレックス・ガーランド (Alex Garland)監督や他の俳優たちと絆を深めることができましたか?

一緒にロードトリップしているような気分でした。 2週間のリハーサル中に一緒にたくさんの映画を見たので、話し合いをしたり、ドキュメンタリーを見たりする時間がたくさんありました。

━━この映画には本物の兵士が働いていましたか?

それらのシーンには本物のネイビーシールズや戦闘に参加した人々、そしてスタントマンも参加しました。 [私のキャラクター] リー(Lee)は、いつ行っていいのか、いつ安全なのか、遮蔽物がどこにあるのか、火災が発生したかどうかを知る方法を知っています。私の言っていることが分かりますよね? いつ移動しても安全かなどを判断するために、兵士の行動に常に注意を払う必要があります。

━━2年前、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(原題:The Power of the Dog)で初めてアカデミー賞(助演女優賞)にノミネートされました。それはあなたにどのような影響を与えましたか?

私は自分の人生でやってきたことを誇りに思っていますし、アカデミーの俳優たちに認めてもらえるのは本当にうれしかったです。そのようなことは、人のキャリアではめったに起こりません…。しかし、誰もが後を追うような映画で、他の多くの人々と一緒にノミネートされたことも素晴らしかったです…。正直に言って、それがこの映画の最高の部分でした。

━━『FARGO/ファーゴ』(原題:Fargo)に取り組んで以来、あなたはキャリアの復活のようなものに乗り出しました。どんな感じですか?

明らかに、多くの点で私にとってうまくいきました。(『FARGO/ファーゴ』(原題:Fargo)のアルバータ州カルガリーのセットで、彼女が将来の夫となるジェシー・ロン・プレモンスとどのように出会ったかについての言及)。 [ジェシー]と私は一緒に一生懸命働きました、そして私たちはすぐにちょっと興奮しました。『FARGO/ファーゴ』の仕事はとても楽しくて特別なものだと感じました。それは明らかに私がこれまでに行った中で最も変革的なことです。

私たちを結びつけた最初のきっかけは、一緒に仕事をし、そのクリエイティブな経験に参加することがどれほど楽しかったかということでした。それが時間の経過とともに友情やさらに何かに発展し、1年後に婚約しました。

OKJKirstenDunst2_2

━━あなたは別の TV シリーズ『ビカミング・ア・ゴッド』(原題:On Becoming a God in Central Florida)にも取り組みました。映画の撮影と比べて、シリーズの制作にはどのような違いがありますか?

テレビ番組の仕事は映画の仕事よりもはるかに難しいです。私が行うのが好きな種類の準備は、エピソードごとに行う必要があります…。通常、テイクの間に多くの時間があり、監督や他の俳優たちとシーンについて話し合ったりする時間がより多くある映画セットで働く方がリラックスできます。しかし、シリーズをやることで、より長い期間にわたってキャラクターを成長させることもでき、それも非常に満足のいくものです。

━━『原題:シビル・ウォー』は2年以上ぶりの映画です。 2人の幼い子供の子育てにもっと時間を費やすという意図的な選択だったのでしょうか?

いえ、むしろ、私が興味を持つような役柄がオファーされなかったことです…。それに、家で子供たちと過ごすのは、私にとって世界で一番大変な仕事です。ジェシーは私が素晴らしい母親だと言うので、私が気にしているのはそれだけです。

しかし、それは疲れることもあります。グラウンドホッグデーのような気分です。1日中ローブを着ていて、自分のために何かをする時間がまったくありません。『原題:シビル・ウォー』で[仕事に戻る]ことにとても興奮していました…。撮影現場で甘やかされるのが好きです! (笑)

━━母親になってから気付いた自分自身の最大の変化は何ですか?

自分自身に夢中になったり、重要でないことを心配したりすることが大幅に減ります。人が自分についてどう思っているか、自分について書かれているかなど、もう気にしません。私たちは、私たちが自分たちのために築いた絆の強い家族のようなものを楽しんでおり、子供の世話をすることで地に足がつき、集中力が保たれる様子をとても楽しんでいます。

━━夫であり俳優のジェシー・ロン・プレモンスについて何か言えることはありますか? また、特定の役柄での彼の姿を見て、彼の本当の性格についてどのように知ることができるかについて教えてください。

お気付きかと思いますが、彼の映画の多くでは、彼は常に非常に現実的な存在感を示しています。彼はとても優しい人で、彼の魂はとても素晴らしいので、パフォーマンスからもそれが輝いているのが分かります。

━━『パワー・オブ・ザ・ドッグ』でご主人と2度目の共演ができて、どのくらい満足できましたか?

私たちがカップルであることを気にしなかったジェーン(ジェーン・カンピオン(Jane Campion)監督)に感謝しています。ほとんどの監督は、結婚している人や交際中の人を同じ映画に起用したくありません。私たちは4~ 5年ごとに同じプロジェクトに再び取り組むことができればと考えています。

キルスティン・ダンストによる上記のコメントは、現地時間3月15日金曜日、テキサス州オースティンで、SXSWフェスティバルでワールドプレミア上映される新作映画『原題:シビル・ウォー』の宣伝中に行われました。彼女のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / WENN
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_6_16_1
    NY時間の昨日、6月16日は父の日! Father’s Dayということで、娘と息子は張り切って学校…
  2. Kana2024_6_6_1
    ここ最近のNYは、日中は25度を超え日差しが強く暑いのですが、夕方以降は気温が15度まで下がり過ごし…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/6/21

    26R ready to race!
    LOTUS ELAN 26R on the race track.…
  2. 2024/6/21

    KATANA 1000S 1981
    SUZUKI GSX1000S KATANA 1981 @Sodegaura Forest Race…
ok!family
PAGE TOP