OKJVictoriaBeckham2_1_0

4月17日に50歳の誕生日を迎えた、ポップアイコン、ファッションデザイナー、OBE、スーパーママ、デビッド・ベッカムの妻、元スパイス・ガールズのPoshのヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)。

ヴィクトリア・ベッカムのマイルストーンの瞬間(後編)

50歳を迎えたポップレジェンドであり、ファッション界で強大な力を持つヴィクトリアの人生、愛、そして驚くべき功績を振り返る!

ヴィクトリアとデビッド(David)(48歳)の夫婦は、1999年7月4日にアイルランドのダブリン(Dublin)近くのラットレルスタウン (Luttrellstown)城で結婚しました。その時点で、赤ちゃんのブルックリン(Brooklyn)が登場し、生後4ヶ月のかわい子ちゃんは結婚式の3番目のスターになりました。

75万ポンド(約1億5000万円)の予算と噂されていましたが、当日は出費を惜しみませんでした。豪華な結婚式では、贅沢なフラワーアレンジメントと、スパイス・ガールズの曲をカバーする18人編成のオーケストラ、DJ 、ソウル バンドの生演奏によるエンターテインメントが特色でした。セレブリティーゲストには、エルトン・ジョン(Elton John)、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)選手、そしてもちろんスパイス・ガールズも含まれていましたが、ジェリを除いては、出席しなかった理由を明らかにしていません。

ヴィクトリアはヴェラ・ウォン(Vera Wang)がデザインしたストラップレスのシャンパンドレスを着て素晴らしく見え、デビッドはお揃いのアイボリーのスーツを着ていました。 「多くの人は、私がサイドに大きく大きなスリットを入れたタイトな小さな背番号を期待していましたが、結婚式当日は、純真な姿を見せたかったのです。」と彼女は式典の前夜に取材していた『OK!』に話していました。

スタイルにこだわる花嫁は、その後のパーティーでファッションステートメントをしたいとも考えており、新郎と2人でアントニオ・ベラルディ(Antonio Berardi)がデザインした象徴的な紫色の衣装に着替え、ヴィクトリアのドレスと一緒にスカーレットレッドの裏地と太もものスリットが特徴でした。

「私はヴィクトリアをお姫様のように愛し、大事にします。彼女は常にそう扱われたいと思っています。」とデビッドはスピーチ中に冗談を言いました。そして、このカップルが近年最も強力なセレブの結婚の1つを続けていることに異論を唱える人はいないでしょう。

今年はヴィクトリアの節目の誕生日であるとともに、7月の銀婚式があり、25年経った今でも2人が互いのために過ごし、長い道のりを歩んできたことを思い出させます。

結局のところ、不倫の噂ほどカップルにとって難しい試練はありませんでした。2004年、スペインのチーム、レアル・マドリード(Real Madrid)でプレーしていたデビッドと彼のPA(パーソナルアシスタント)のレベッカ・ルース(Rebecca Loos)をめぐる疑惑が世界中のトップページを飾ったとき、ヴィクトリアは夫を擁護しました。

昨年のNetflixドキュメンタリーでヴィクトリアは当時について語り、夫婦にとって「最も困難な時期」だったと語り、「世界が私たちに敵対し、私たちはお互いに敵対しているように感じました。」と語りました。

しかし、年月が経つにつれ、2人の絆は固く動かない状態となりました。ヴィクトリアは昨年、『Allure』誌にこう語りました。「私とデビッド? 最後に喧嘩したことは? 最後に喧嘩したのがいつだったのか思い出せないので、そのことについてはまた連絡しなければならないかもしれません。」

OKJVictoriaBeckham2_2.

驚くほど家事に慣れさせられた様子の至福のデビッドの生活を示す、デビッドのインスタグラム投稿では、彼が鶏の世話をしたり、パンケーキをカサカサと音を立てて焼いたりする姿が見られます。

対照的に、ヴィクトリアはビジネスに専念する傾向があり、2008年に立ち上げた自身の名を冠したファッションレーベルの新しいデザインを披露しています。それは彼女が成功するために集中しなければならない典型的なものです。

このスターデザイナーに何度もインタビューしてきたファッションビジネスジャーナリストのジェマ・チャンプ(Gemma Champ)は、「ヴィクトリアはファッションブランドに自分の名前を冠した単なるセレブではありません。彼女について私が感銘を受けたことの1つは、彼女が仕立てに関してどれほど知識が豊富であるかということです。彼女は明らかに、ただ副業をしているだけの人だと思われないように非常に心配しておりましたが、彼女は本当にその仕事をやり遂げました。」とコメントしています。

「家族は私に、絶対に何でも達成できると言って育てました。私がそれはできないと言っても、父は聞く耳を持たなかったのです。」とヴィクトリアは語りました。そして、ヴィクトリア・ベッカム・ブランドにビューティー・ラインが加わったことで、昨年初めて黒字となり、その価値は約4,100万ポンド(約79億円)と報じられています。

子供の頃、「悲しい」と冗談を言いながら、トレーナーにバリー・マニロウ(Barry Manilow)のブランドのアイテムを付けていたことを自伝の中で認めた少女にとっては、それは悪いことではありません。

「私はいつも本当に一生懸命働かなければなりませんでした。」と彼女は言いました。「学校では、平均以上の成績を取るために一生懸命勉強しなければなりませんでした。踊ったり歌ったりするときは、うまくなるために一生懸命努力しなければなりませんでしたが、十分にはうまくなりませんでした。私はまあまあなダンサーでした。私はまあまあな歌手でした。人々はすぐに「あなたは歌えない」と言いました。

私はそれについて「ミッキー(イメージやシンボルという意味)を自分から取り除いてやるわ。」と誰よりも上手に冗談を言うことができます。

このスーパースターの50年間の全面的な成功について冗談を言う人はいません!

Words © Lesley Jones / OK! Magazine
Photos © Nicky Nelson / WENN

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_5_26_1
    NY時間の本日2024年5月27日は、Memorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)…
  2. kana2024_5_19_1
    日本時間5月17日~19日まで地元、東京・浅草で開催されました三社祭、3日間で約191万人が訪れ今年…

レーサー鹿島Blog

  1. ヒストリックカーレース「サイドウェイトロフィー」が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイで。TRI…
  2. ヒストリックカーレースのレギュレーション(1969年までの車両が参加)に合わせて、1960年…
ok!family
PAGE TOP