OKJBradleyCooper2_1

12月8日から日本の一部劇場で公開、12月20日にNetflixで全世界にストリーミングされる『マエストロ: その音楽と愛と』で映画の監督、脚本の共同執筆、マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)とスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)と共にプロデュースをし、主人公の世界的指揮者レナード・バーンスタインを演じたブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)(48歳)。

OK! インタビュー☆ブラッドリー・クーパー:『マエストロ: その音楽と愛と』(後編)

映画の監督、プロデュース、脚本の共同執筆も務め、主人公の世界的指揮者レナード・バーンスタインを演じたブラッドリー・クーパー。

━━『マエストロ: その音楽と愛と』(原題:Maestro)では、監督、俳優、プロデューサー、共同脚本家という4つの役割を担っています。この物語を伝えるというあなたの旅はどのように始まったのですか?

私は常にレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)の熱烈な崇拝者でした…子供の頃、私はオーケストラの指揮者になることを夢見ていました、そして私は本当に心の中に音楽を持って生まれました。私は昔からクラシック音楽が大好きで、ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲ニ長調作品のような作品に恋に落ちるときがあります。チャイコフスキー(Tchaikovsky)の『作品35』、暗記するまで何度も繰り返し聴いています。

━━バーンスタインの妻フェリシア(フェリシア・モンテアレグレ・コーン(Felicia Cohn Montealegre))役にキャリー・マリガン(Carey Mulligan)をキャスティングした経緯は何ですか?

私は彼女の能力を知っていました。私が彼女にお願いしたのは、一緒に準備をしてほしいということだけでした。私は言いました、「私たちが基本的にお互いの魂をむき出しにするこの道を進んでくれませんか?」そして彼女は、「分かりました、やりましょう、私は勝負します。」という感じでした。

━━レナードとフェリシアの関係を描く上で一番難しかったことは何ですか?

私の目標は常に、人々が恋愛とは何か、結婚とは何か、そして自分の心の中で結婚を非難してきたかもしれないということについて、自分たちの認識を再考することでした。レナード・バーンスタインが私にくれた最大の贈り物は、恐れることなく芸術を追求することでした。

━━あなたの父親は大の映画マニアでした。あなたが俳優になり、いつか映画の監督もしたいと思うようになった経緯を説明してもらえますか?

クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)は私のロールモデルでした。私は彼をとても尊敬しています。そして、私は常に頭の中に、「そう、彼が『恐怖のメロディ』(原題:Play Misty for Me)を監督したとき、彼は41歳だった…」ということを常に考えていました。

すべてはクリントを通して焦点が当てられました。『アリー/ スター誕生』(原題:A Star Is Born)(2018年公開)は、家族のトラウマ、依存症、生きていることの窮状、愛との付き合い方、自分のアイデンティティーと自分の声の発見など、私が監督として調べたかったことすべてを検証するのに最適なサンドボックスでした。

━━あなたの亡き父親(2011年に肺がんで亡くなったチャールズ・クーパー(Charles Cooper))は、あなたの映画への興味を育ててくれました。彼は他にどのような点であなたにインスピレーションを与えましたか?

父は私に人生において多くのことを教えてくれました…私は勤勉な子供でした。私は常に自分がどこから来たのかを知っていて、父と彼が成し遂げたことを崇拝しており、本当に幼い頃から、父が成し遂げた進歩を次のレベルに引き上げる必要性を感じていました。それが何を意味するのかはよく分かりませんでしたが、私の中には常に巨大なエンジン、つまり本物の労働倫理が秘められていました。

15歳の頃からずっと仕事をしてきました。高校に通っていた間、私はギリシャ料理レストランでバスボーイとして働いていました。ただ自分のお金と仕事、そしてそれが私に与えてくれる充実感が欲しかったからです。それは、私が男性であるべきだといつも思っていたことに結びついていると思います。

父がクラシック映画を愛していたことが、私を単なる娯楽としてではなく芸術形式としての映画に興味を持たせました。私たちは映画館の向かいに住んでいて、映画館か家で映画を見て育ちました。それは父とつながる素晴らしい方法でもありました。

━━あなたは過去に、食べ物と料理の素晴らしさが染み付いたイタリアの家庭でどのように育ったかについても話していました。

我が家ではキッチンが活動の中心でした。私はイタリア人の母と祖母がこれらの素晴らしい料理を準備するのを見て多くの時間を費やしました。私は、すべてが食べ物に基づいており、私たちの会話は何を食べるか、今食べたもの、そして明日食べるために何を冷凍庫に入れるかを中心に展開する世界で育ちました。

母は素晴らしいローストビーフを作り、祖母は最高に素晴らしいチーズケーキと忘れられないおいしいラビオリを用意してくれました。それらの料理は、私の料理への愛を刺激し、自分で料理を作る方法を知りたいと思うきっかけにもなりました。料理は常に私の人生の大きな部分を占めてきました。

━━祖母や母親から教えてもらったお気に入りのレシピは何ですか?

私の祖母が私にパスティエラ・ナポレターナ(pastiera napoletana)(イタリアで人気のある、リコッタチーズとフルーツを使った伝統的なイースターケーキ)の作り方を教えてくれました。それは死ぬ前に最後に食べたいものだと思います。私の祖母はよく自分だけの特別なバリエーションを作っていました。

私が彼女について持っている最高の思い出は、彼女の指の指輪の間に小麦粉の塊が挟まったことです。私は料理が好きで、毎日料理をしています。私はフィラデルフィアで生まれましたが、とてもイタリア人です。私の叔父は、イタリア系アメリカ人はみんな大家族だ、といつも言っていました。彼はいつもロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)についてまるで私たちのいとこであるかのように話していました。

━━両親から受け継いだ、人生の指針となっている特質はありますか?

規律、それは私が母親から受け継いだ性質です。私は自分の職業に関しては非常に規律正しいです。プロジェクトや役割が大好きなら、私はとても真剣です。時間を無駄にして、ずっとやりたかったことに全力で取り組まなかったら、自分と一緒に生きることはできません。

私にとって俳優になることは夢でした。それが叶って以来、その興奮と決意が消えることはありませんでした。今日が最後の日だと思って俳優として仕事をしてきたので、ここまで来ました。

ブラッドリー・クーパーによる上記のコメントは、最近締結されたSAG/AFTRA俳優組合のストライキに先立って、昨年9月にZoomチャットを通じて行われました。彼のコメントは、長さと明瞭さのために要約および編集されています。

Words © Jan Janssen / Wenn
Photo © Lia Toby / WENN.com

END.

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_2_14_1
    NY時間の昨日は雪が降り悪天候の為、ニューヨーク市の公立学校は自宅などでの遠隔授業に切り替えとなりま…
  2. Kana2024_2_11_1
    NY時間の明日の2月13日は、積雪などの悪天候が予想されるため、ニューヨーク市の公立学校は自宅などで…

レーサー鹿島Blog

  1. 2024/2/16

    TRIUMPH × COBRA
    TRIUMPH BONNEVILLE T120 × COBRA@MOTORIMODA GINZA.…
  2. 「FMドライバーズミーティング」」、今週の放送(2月18日)は、、世界のバイクシーンが注目す…
ok!family
PAGE TOP