夏日のEVレース第3戦、総合4位フィニッシュ!

「全日本EV-GPシリーズ」第3戦@袖ヶ浦フォレストレースウェイ/2024年6月29日(土)

午前中の予選は気温24℃/路面温度29℃のウェットコンディション。#88東洋電産リーフのレーサー鹿島は、今回から使用するエンドレス製のブレーキパッドの熱入れ(慣らし)を優先しアタックはしなかったものの、特に雨天で効果を発揮するTEIN製のアクティブサスペンションシステムが不安定な路面を捉え、パワーに勝るライバルを抑えて総合3番手グリッドを獲得。

午後から天候が回復、決勝は気温29℃/路面温度40℃のドライコンディションでスタート。フロントローのテスラモデル3がパワーをいかして先行、カーボンボディやアクリルウィンドウなどで軽量化した4番グリッドのホンダeが2周目の第1コーナーで前に出て#88東洋電産リーフのレーサー鹿島は総合4番手へ。その後、5位以下全車を周回遅れにするハイペースでラップを重ね、総合4位でチェッカーを受けました。

昨季は総合4位と健闘しましたが、今季は開幕戦で原因不明のコンピューターシステムエラーのためレースカーが緊急停止して初のリタイヤ、第2戦は車両搬送中のトラブルでリアゲートとリアバンパーを破損して欠場と厳しい状況でしたが、復帰戦ではこれまでで最もハイペースなスピードでゴールまで走ることができ、レースカーのアップデイトの成果を確認することができました。

第4戦は8月10日(土)栃木県モビリティリゾートもてぎで開催、応援をお願いします。

☆予選:ウェット 総合3位/決勝:ドライ 総合4位

  • TOKYO FM他の局アナ、プロデューサーを経てマルチプロデューサーとして活動中。有名企業やブランドのプロデューサーとしては主に新規プロジェクト(new business development)を担当。持続可能で社会貢献度の高いビジネスモデルの構築がライフワーク。

    幼少のころからクルマやレースに親しみ、大学在学中にレースデビュー。レーシングカートチャンピオン、フォーミュラトヨタ、F3などを経て、2001年からは米国ロサンゼルスを拠点にINDYライツなどに挑戦。参戦中の全日本EV(電気自動車)GPでは5度のタイトルを獲得。クルマ、オートバイ、レース文化の訴求もライフワークのひとつ。

    プロデューサーを務めるフルオーケストラ「ORCHESTRA POSSIBLE」は、医療に従事する方々への思いを込めて、医療ドラマの名曲公演“音楽は心のくすり”を公式YouTubeで無料配信中。

    タイトルのDOUBLE TIMERは、日本と世界、オンとオフ、右脳と左脳・・・ふたつのタイマーを有効的に使い分け人生を謳歌しよう!という自身のライフスタイルのテーマから。

    ◆『FMドライバーズミーティング』
    ~1999年スタート、著名人やセレブをゲストにカー&オートバイライフをトーク~

    〇TJS@ロサンゼルス 土曜19:00~/日本時間日曜12:00~
    TJS公式サイト経由で、世界中で聴いて頂けます!)

    〇K-MIX/FM山口/radiko.jp 日曜18:00~

    radiko.jp(日曜18:00~)

    ◆愛車:FERRARI F355, ALPINA B3S, YAMAHA YA-1, TRIUMPH T120 BONNEBILLE,
    BMW R60/2, SUZUKI GSX1000S KATANA, DUCATI 900 MHR,
    MAGNI SFIDA 1100, YAMAHA YZF R6 RACER

    ◆1968年12月16日生/RH+A/176cm

AMERIKANA Journal

  1. Kana2024_7_21_1
    梅雨明けした東京、湿度も高く本当に暑いです・・・全国的に猛暑ということで、本当に暑いです・・・。いろ…
  2. Kana2024_7_17_1
    東京の本日の最高気温は31度、湿気がすごいです。日本の夏を子供たちと一緒にエンジョイしています。地元…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、今週(7月21日)のゲストは、モータージャーナリストでラリード…
  2. このアングル、いつもため息出ます。FERRARI F355@HAYAMA…
ok!family
PAGE TOP