”妥協なき自由” DUCATI SCRAMBLER 1100 Sport PRO

1960年代、オンロード用オートバイにブロックタイヤを装着し、マフラーをシート直下に上げることでダート走行を可能にしたのが起源と言われるスクランブラーは、クルマシーンでスポーティーなSUVが増加しているのと同じように、世界中で人気のカテゴリーです。

個人的に、スクランブラーは、どこか不完全で隙があるものと感じていましたが、「DUCATI SCRAMBLER 1100 Sport PRO」は、究極ともいえる完成度の高さ。

オーリンズ製のサスペンションはしなやかでストロークが深く、ブレンボ製のブレーキは繊細かつ大胆、3つのライディングモードをもつ最新鋭の電子デバイスによる安心感は格別です。

が!

ここまで完成度が高いと、逆に物足りなさを感じる方も多いと思うのですが、そこはDUCATI、Lツインエンジンのフィーリングが“生き物”感を醸し出し、オートバイを操る喜びを感じさせてくれます。

1983年式DUCATI MHR、2004年式DUCATI 999Sを普段使いしている私ですが、この最新スクランブラーは(も)、1079ccのLツインエンジンが主役で、豪華ベテラン名脇役たちが花を添えているんだなあとしみじみ・・・。

  • TOKYO FM他の局アナ、プロデューサーを経てマルチプロデューサーとして活動中。有名企業やブランドのプロデューサーとしては主に新規プロジェクト(new business development)を担当。持続可能で社会貢献度の高いビジネスモデルの構築がライフワーク。

    幼少のころからクルマやレースに親しみ、大学在学中にレースデビュー。レーシングカートチャンピオン、フォーミュラトヨタ、F3などを経て、2001年からは米国ロサンゼルスを拠点にINDYライツなどに挑戦。参戦中の全日本EV(電気自動車)GPでは4度のタイトルを獲得。クルマ、オートバイ、レース文化の訴求もライフワークのひとつ。

    プロデューサーを務めるフルオーケストラ「ORCHESTRA POSSIBLE」は、医療に従事する方々への思いを込めて、医療ドラマの名曲公演“音楽は心のくすり”を公式YouTubeで無料配信中。

    タイトルのDOUBLE TIMERは、日本と世界、オンとオフ、右脳と左脳・・・ふたつのタイマーを有効的に使い分け人生を謳歌しよう!という自身のライフスタイルのテーマから。

    ◆『FMドライバーズミーティング』
    ~1999年スタート、著名人やセレブをゲストにカー&オートバイライフをトーク~

    〇TJS@ロサンゼルス 土曜19:00~/日本時間日曜11:00~
    TJS公式サイト経由で、世界中で聴いて頂けます!)

    〇K-MIX/FM山口/radiko.jp 日曜18:00~

    radiko.jp(日曜18:00~)

    ◆愛車:FERRARI F355, ALPINA B3S, BMW R60/2,
    SUZUKI GSX1000S KATANA, DUCATI 900 MHR,
    MAGNI SFIDA 1100, YAMAHA YZF R6 RACER

    ◆1968年12月16日生/RH+A/176cm

AMERIKANA Journal

  1. Kana2022.5.14.1
    ここ最近のNYは最高気温が20度超えと急に日差しが強い夏のような天候です。NY時間の5月14…
  2. Kana2022.5.9.1
    気温差の激しいNY、体調を崩しがちです・・・。昨日(5月8日)は母の日! 主人と娘からプレゼントのカ…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」今週と来週は、今やドライブに欠かせない”道の駅”、”車中泊”や”キャ…
  2. 「全日本EV-GPシリーズ」Rd2  2022年5月14日(土) 富士スピードウェイ「タイプ…
ok!family
PAGE TOP