2019年2月17日-Toy Fair(前編)

NY時間の本日、2月19日の最低気温は-5度・・・まだまだ寒いです。明日の天気予報は雪です・・・。あ~寒い。
先日の2月14日のバレンタインデー、娘からは可愛いハートのデコレーションの作品を、主人からはインパクト大でリップやハートがデコレーションされたPOPでキュートなカップケーキとジュエルなハートがデザインされたバレンタインデーカードをいただきました。嬉しかったです! (過去の関連記事はこちら)

Jacob K. Javits Centerで本日まで開催中だった(NY時間2月16日〜19日まで)の“Toy Fair”にNY時間の2月17日、行ってまいりました。
Toy Fairとは、世界で最新のおもちゃのホットなトレンドやアイディアを提供する約1000以上のメーカーが出展し、約15万以上のおもちゃやエンターテインメント製品が展示される、西半球最大のおもちゃの総合見本市で、米国内の280億ドル規模の玩具市場に参入するための見逃せないイベントです。(過去の関連ブログ記事はこちら)

約3万人のバイヤーをはじめ、流通業者、輸入業者、卸売業者などおもちゃ業界の関係者が来場。最大100カ国からのバイヤーが集まり約1000以上の出展メーカーと繋がります。

kana.2019.2.17.2.jpg

会場内には・・・“TOY”ということで遊び心でいっぱいのブースを多く発見。見て回るだけでもワクワクします。

kana.2019.2.17.3.jpg

世界中で人気の日本発のキャラクター、日本のアニメのキャラクター、日本で人気のゆるキャラを会場内のあちこちで見かけます。
日本のゆるキャラからインスパイアされたアメリカ発のゆるキャラも見かけました。

kana.2019.2.17.4.jpg

フィギュアをメインに販売しているブースのエリアには、ショーケースの中の精密に出来たフィギュアをバイヤーの方々がじっと見つめていました。細かいパーツ・・・よくできています。キャラクターやフィギュアの種類の多さに驚きます。

このおもちゃは面白い! とか、このおもちゃで娘と一緒に遊びたい・・・なんて事を考えながら今回もブースを見て回りました。
会場内で見つけた、個人的に気になった・・・日本未入荷のアイテムも含めました素敵なおもちゃやプロダクトを少しですがご紹介したいと思います!!。ご参考までに・・・。

kana.2019.2.17.5.jpg

子供向けの革新的なハイテクおもちゃを製造するFlyCatcher の新製品、smaART PIXELATOR!
子供だけでなく大人も十分に楽しめます! 個人的に欲しいと思ったこの製品は専用のAPPと連動させ、丸いビーズを使ってピクセルの似顔絵画を完成させることができます。絵柄は何でもOKなので思い思いの作品が作れます。面白い。プレゼントにも喜ばれそう! 7歳以上のお子さんが対象なので娘が大きくなったら一緒に似顔絵を作りたいと思いました。

後編へ続く・・・。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2021.4.6.1.jpg
    NY時間の4月5日。スプリングブレイク(Spring break)が終わり、今日からまた娘の学校(キ…
  2. Kana2021.3.31.1.jpg
    NY時間の4月5日。今日のNYの最高気温は19度と暖かい1日でした。ようやく寒さから解放されウキウキ…

レーサー鹿島Blog

  1. 「Harley Davidson Fat Boy 114」の2021年モデルは、随所に施されたクロー…
  2. 「FMドライバーズミーティング」、今週から2週に渡ってのゲストは、この春、創刊20周年を迎えた、“オ…
ok!family
PAGE TOP