Macy'sのホリデーシーズンのテーマ「Believe」が輝いています。

Macy’s

品数の多さに驚きます。
人の多さにも驚きます。
自身も楽しく踊るDJ。
フロアの広さにも驚きます。
ここは、ここで盛り上がってます(笑)

昨日は、雪が降りました! 早速、先日購入したウィンターブーツを履いて出かけました。

土曜日の朝、NYでの生活情報のセミナーを受けた後(かなり勉強になりました。)、32thのKoreatownへ移動して、久しぶりに焼肉ランチをいただき(ランチ・スペシャルで$14、お手軽で美味しかった。)、その後に1947年のアメリカ映画「三十四丁目の奇蹟(原題:Miracle on 34th Street)」 でお馴染みの34thのMacy’sを覗いてきました。

クリスマス・モードいっぱいのMacy’sは、週末、25%から40%OFFのセール・シーズンとのことで、たくさんの人。品物も出せるだけ出したように多く、自分がどこにいるのか、わからないくらいフロアもすごく広い! フロア中に響くDJによる大音量の音楽もさらに盛り上げて、お祭りのような感じ。デパートがディスコ状態になっていることが新鮮でした。

買い物に時間がかかる私は、今回30分くらいしかMacy’sにいることが出来なかったので、ああ、あのブランドも40%OFFなんて思いながら、1Fのジュエリー・コーナーに集中。ラインストーンで埋め尽くされた太さが10cmのバングルを$15で購入。元のお値段は、$40くらいです。

このMacy’sには、飲食出来るレストランが1つのフロアに集約されておらず、各フロアにBarやアイスクリーム・ショップなど存在してます。画期的だなと思ったのは、お買い物に興味がない方、お買い物に夢中の方を待つ方も楽しく時間が過ごせるように、カクテルやビールを飲みながらその日の一番盛り上がるスポーツTV番組を見て時間を過ごせるBarがB1にあること。多くの男性がこのBarを利用していました。このBarがあると安心してお買い物に集中出来ますよね(笑)
でも、やはりお買い物は、女性とした方が盛り上がるな、なんて考えつつ、未練を残しながらMacy’sを後にしました。

  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫と一緒に、NYで生まれた娘と息子、2人の子供の子育てに日々奮闘中。

    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。

    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、エンターテインメントの最新情報から、子育てや学校事情、NYの近況報告まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。

    チームユニフォームを着てジジ・ハディッドとベラ・ハディッドも熱烈観戦していたNYを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のファン。

AMERIKANA Journal

  1. Kana2021.6.27.1
    6月27日の日曜日も土曜日と同様に30度を超える暑い1日となりました。主人の友人たちと一緒に…
  2. Kana2021.6.26.1
    ここ最近の気温は日中25度前後と過ごしやすかったNYですが、週末は一気に30度を超える暑い日となりま…

レーサー鹿島Blog

  1. 「FMドライバーズミーティング」、8月15&22日のゲストは、“クルマ情報サイト”「AUTOCA…
  2. ある日の大観山。一日も早い終息を願うばかりです。…
ok!family
PAGE TOP