face book twitter
close
open




OK!J リコメンド
OK!J リコメンド

前の記事
次の記事

美味しいニッポン再発見
レストラン&ティールーム「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」

日比谷公園から続く緑を望むガーデンレストラン3月29日オープン

recommend 2018.03.05
180305_01_1

日本の四季がおりなす本当に美味しい食材を再発見する“ニッポンのテロワール”を体感するレストランが「東京ミッドタウン日比谷」に3月29日にオープン。

一面大窓の開放感あふれる白を基調とした明るい店内にはクラシックなモチーフを現代的にアレンジしたアートが点在しています。



180305_01_2

料理は、季節ごとに2つの地域に焦点をあて、新鮮・安全な旬・初物など、その地域の食材を使ったお料理がご堪能いただけます。
オープン時である春メニューは、淡路島と信州のテロワールから始まります。

ランチタイム(11:00-14:30L.O.)では、Quick Plate LUNCH 1,480円、炭火焼きローストビーフのDRAWINGサンド 1,880円、DRAWING LUNCH 2,200 円などワンプレートからコースまで楽しめます。※税込価格

ディナータイム(17:30-22:00L.O.)・ティータイム( 14:30-17:30)では、パテドカンパーニュ 900円、 有機野菜のリーフサラダヘーゼルナッツドレッシング 900円、ブラックアンガス牛サーロインのロティ チーズ入りジャガイモのピュレ 3,800円などグランドメニューから春メニューの淡路島、信州のテロワールを冷たい前菜、暖かい一皿、メインディッシュをご用意しております。※税抜価格

料理人の思いと共に旬の食材で彩られた一皿は、ソースの描き方ひとつで表情をかえていきます。「ドローイング」に訪れる人々に食事の始まる高揚感と料理のライブ感を楽しんでいただけるような一皿を提供してまいります。

※“テロワール”とは、土壌、気候、土地、作物にその土地特有の性格を与える生育環境という意味のフランス語です。ワインを語る上でよく用いられ、ブドウの種類や農園などワインに個性を与えているのがテロワールです。日本に置き換えると、お米が一番わかりやすく、お米の種類や産地などで異なるお米の個性がテロワールです。



180305_01_3

●お問い合わせ先 
DRAWING HOUSE OF HIBIYA
ドローイングハウス・オブ・ヒビヤ

●電話番号
03-3519-3700

●住所
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷6階

●URL
http://drawing.restaurant/

CATEGORYから記事を読む