OK! JAPAN特別企画☆期間限定掲載☆OK! INTERVIEW☆HELEN FLANAGAN & SCOTT SINCLAIR

イギリスのTVドラマ『コロネーション・ストリート』のヘレン・フラナガンとプロ・サッカー選手、スコット・シンクレアの家族揃っての撮影にOK! が密着!

OKJ.HELEN FLANAGAN1.jpg

イギリスのTVドラマ『コロネーション・ストリート』にカムバックを果たしたヘレン・フラナガンとセルティックFCで活躍するプロ・サッカー選手、スコット・シンクレアと愛娘マチルダちゃんの家族揃っての撮影にOK! が密着!

OKJ.HELEN FLANAGAN1.1.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN2.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN3.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN4.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN5.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN6.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN7.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN8.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN9.jpg

OKJ.HELEN FLANAGAN10.jpg

いつもOK! JAPANをご愛読頂きありがとうございます。 期間限定ではございますが、OK! インタビュー☆ヘレン・フラナガン & スコット・シンクレアをお届けいたします。みなさまに素敵な情報をお届け出来ますようOK! JAPANスタッフ一同さらに精進してまいります。今後ともより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

家族揃っての撮影にOK!が密着!

「仕事をしているからって、悪い母親というわけではないもの」

イギリスのTVドラマ『コロネーション・ストリート』(Coronation Street)にカムバックを果たしたヘレン・フラナガン(Helen Flanagan)とボーイフレンドのスコット・シンクレア(Scott Sinclair)にOK! がインタビュー。スコットランドでの新生活や、娘の誕生で世界が変わったという2人のエピソードをお届けいたします。

ドラマ『コロネーション・ストリート』では、トラブル続きだったモデル志望のロージー・ウェブスター(Rosie Webster) 演じ、5年前に番組に別れを告げることを決心した女優のヘレン・フラナガン。そして数年間のアメリカでの生活の後、(物語の舞台である)ウェザーフィールド(Weatherfield)の意地悪な住人達の間で騒ぎを起こしたロージーがTVのスクリーンにカムバックします。最後に彼女が番組に登場して以来、女優のヘレンは人生においていくつもの大きな変化を経験していました。


2009年、当時ウィガン・アスレティックFC(Wigan Athletic Football Club)でプレーをしていたプロ・サッカー選手のスコット・シンクレアと出会った26歳の彼女。27歳のスコットは、マンチェスター・シティFC(Manchester City Football Club)やアストン・ヴィラFC(Aston Villa Football Club)、スウォンジー・シティAFC(Swansea City Association Football Club)などでプレーしている頃に、自身の選手生活の中で様々なアップダウンを経験しました。そして昨年の8月7日、ヘレンの誕生日に、スコットは尻込みもせずセルティックFC(Celtic Football Club)と4年契約を結び、最近ではクラブでトップのゴール数を誇っています。


さらに2人は2015年6月に第1子となるマチルダ・ジェシカ・シンクレア(Matilda Jessica Sinclair)をこの世に迎え、新たに大きな変化が。OK! が独占インタビューのために彼らを訪ねた際には、iPadで『アナと雪の女王』(原題:Frozen)を見るか、自分のショッピングバッグに貝殻を入れるのに忙しそうな様子のマチルダ。ヘレンは活発な娘に気を配りながらメイクを終え、スコットがトレーニングから帰宅すると、マチルダは父親の帰宅に気付き興奮した様子に。2人が彼女に寄せる愛情は明白で、グラスゴー(Glasgow)の中心部から少し離れた所にある新居でリラックスしハッピーな様子の2人。ヘレンは「スコットがセルティックでデビューした時、私はマチルダとペッパ・ピッグ・ワールド(Peppa Pig World)にいたから彼のプレーが見られなかったの。でもファーストマッチで点を取ったのよ。」と思い出を語ります。彼の今シーズンの目標ゴール数は全13ゴールで、現在スコティッシュ・プレミアシップでは総合トップとなっています。


国境の北側で生活をする彼らですが、近頃は毎週マンチェスター(Manchester)へ通うという、ロージー役に復帰したヘレン。2人はどのように遠距離生活を送っているのか、また番組への復帰についてヘレンがどう感じているのか、そして気になる2人の結婚の予定についてもお話を伺いました・・・。


---ヘレン、『コロネーション・ストリート』へ復帰してどのようなお気持ちですか?
ヘレン:番組にカムバック出来てとても嬉しいわ。ここに戻ってくるのが本当に楽しみだった。


---セットに初めて入ったのは12月の最初の週だったと思いますが、どんな心境でしたか?
ヘレン:最初は写真撮影だったから、徐々に入っていったの。でも皆に会えて嬉しかったし、本当に楽しんだわ。


---番組を離れていた事が信じられないくらいでしたか?
ヘレン:最初はそうだったわね。番組を降りてから5年が経って、マチルダも生まれたから全く違う感情だった。でも友達と仕事をしている感じよ。笑い合って、本当に楽しかった。


---(番組内でロージーの父親のケヴィン・ウェブスター(Kevin Webster)を演じる)マイケル・ル・ヴェル(Michael Le Vell)や(母親のサリー・メットカルフェ(Sally Metcalfe)を演じる)サリー・ダインバー(Sally Dynevor)、(妹のソフィー(Sophie)役の)ブルック・ヴィンセント(Brooke Vincent)に会った時はどうでしたか?
ヘレン:私が戻った事を喜んでくれたから嬉しかったわ。本当に暖かく迎えてくれて、いっぱいハグしたの。ブルックとは本当に盛り上がって、冗談を言い合っていた。ブルックの事が大好きなの。皆にまた会えて本当に良かった。

---お仕事に戻って疲れる事はありませんか?
ヘレン:私は、とてもゴージャスな女性を演じているから、ある時は朝の5時に起きてメイクの時間をたっぷり確保するの。疲れたと思った事もあるけれど楽しんでいるから気にならないわ。

---最後の撮影以来、『コロネーション・ストリート』の撮影は、サルフォード(Salford)のメディア・シティ(Media City)に移りましたが、新しいセットはどうですか?
ヘレン:新たなスタートを切るって感じだし、食堂も素敵よ(笑)! 食堂が大好きなの。美味しい料理とかケーキとかプリンがあるから楽しんでいるわ!

---5年経ってロージーの衣装を着てみてどう感じましたか?
ヘレン:素晴らしかったわ。若い頃から衣装チームと働いていて、とても仲が良いの。私の意見を聞いてくれるから、私もロージーの衣装について提案するのよ。キャラクターに気持ちを入れるのに役立つわ。

---マチルダちゃんは、TVに出ているあなたに気付くと思いますか?
ヘレン:スコットがプレーしているのを見て"ダディ、ダディ"って言うし、私の写真を見ると"マミー"っていつも言うわ。だから私がTVに出た時にどんな反応をするか楽しみなの。

---セットには遊びに行きましたか?
ヘレン:まだなの。でも連れて行くわよ。本当に皆に会わせて自慢したいと思っている。

---お仕事へ行くのに彼女と離れるのはどうですか?
ヘレン:私の母がほとんど面倒を見てくれているけれど番組があって初めて彼女を置いて行かなくちゃいけなかった時は、少し罪悪感を感じたわ。でも何も悪い事はしてないと思うようになったの。仕事をしているからって悪い母親ってわけじゃないもの。保育所へ預けた初日は泣いたけどね。

---マチルダちゃんと一緒に過ごす時間はありますか?
ヘレン:遅くまで撮影しているから、私が帰る前には寝てしまっているわ。でも私のベッドで寝ているから、いつでも彼女とピッタリ寄り添っている。それにセリフは仕事場で覚えて、家にいる時はマチルダと過ごす事にしているの。

---お母様は彼女と楽しく過ごしていますか?
ヘレン:大好きみたい! マチルダは、どっちのおじいちゃんとおばあちゃんも大好きよ。私の母もスコットのお母さんとも仲良しで、子育てのサポートをしてくれているわ。どちらの家族にも頻繁にマチルダが会えるのは良い事よね。

---マチルダちゃんの成長ぶりはどうですか?
ヘレン:自信たっぷりの女の子よ。皆で保育所へ連れて行っているけど、彼女も気に入っている。アクティブだし、スポーティーなタイプね。それに注目されたり、演じるのも好きだから、女優になるかもしれないわね。

---何を演じるのですか?
ヘレン:クリスマスには『アナと雪の女王』のコスチュームを買ったんだけど、気に入っていた。『レット・イット・ゴー』(原題:Let It Go)を歌おうとしていて、面白かったわ。とても可愛いの。

---スコットと離れている事についてはどう感じていますか?
ヘレン:番組と契約した時にこうなる事は分かっていたし、慣れっこね。

---スコットとはどのように連絡を取り合っているのですか?
ヘレン:お互いのスケジュールがタイトでも、時間を作って連絡するようにしているわ。

---番組に復帰して女優業をもっとやりたいと思うようになりましたか?

ヘレン:正直なところ、しばらくの間は番組に戻って楽しめれば良いと思っているの。

---スコットランドでの生活はお2人にとっていかがですか?
ヘレン:2人とも本当にエンジョイしているわ。皆フレンドリーだし、本当にありがたいの。
スコット:すぐに慣れたし、ここでの暮らしは素晴らしいよ。

---スコットランドにお家を購入されたのですか?
ヘレン:いいえ、借りているだけよ。良いエリアにある可愛い所なの。お店もたくさんあって、マチルダとお散歩できる場所もたくさんあるの。
スコット:家は探していたんだけれど見つからなかったんだ。だからアパートを借りることにしたんだよ。

---スコットランドの暮らしで困ることはありますか?
ヘレン:ちょっと寒いの! 私は北部出身だけど、スコットはサマセット(Somerset)のバース(Bath)出身で温度の違いを本当に感じるのよ。
スコット:もっと寒いよ(笑)!
ヘレン:私は、分厚くて大きいコートを着ているわ。

---お2人にとっての一番の変化は何ですか?
ヘレン:あまりないわね。皆が本当に受け入れてくれているの。

---新しくお友達も出来ましたか?
ヘレン:ご近所に1人友達がいるわ。小さな男の子がいるの。マチルダの遊び相手がいるのは良い事ね。

---北部での生活にマチルダ
ちゃんは対応していますか?
スコット:彼女はどこで暮らしてようと気にしてない! ハッピーそうだよ。
ヘレン:スコットランドの保育所に入れる事を考えたんだけど、私は番組に戻るし現実的ではなかったの。

---ご家族と距離が離れていて寂しくはありませんか?
ヘレン:そんなに悪くないわよ。私の家族は車で3時間の所にいるし、祖母はグラスゴー(Glasgow)から1時間半の所に住んでいるわ。
スコット:お互いの母親は、マチルダの子育てをよく手伝ってくれているよ。ボルトン(Bolton)とバースの間のバーミンガム(Birmingham)に住んでいる時はもっと楽だったから、今より頻繁に会えていたけどね。

---お2人のご両親はマチルダちゃんを甘やかしているのでしょうか?
ヘレン:どちらの母も良くしてくれているの。マチルダの面倒を見てくれる両親を持てて私達はとてもラッキーだわ。

---ご家族が訪ねて来ることもありますか?
スコット:まだ来た事はないんだ。初めの一月半は、僕達はホテルに住んでいたのさ。
ヘレン:ルームサービスとスパが大好きだったから、出て行きたくなかったわ(笑)! でもスコットは飽き飽きだったみたい。いつでもホテル暮らしをしているからだと思うわ。
スコット:家を探していたんだ。自分のスペースも欲しかったし、ホテルでは無理だったんだよ。

---セルティックFCでプレーすることについてはいかがですか?
スコット:馴染んでいるよ。去年はアストン・ヴィラFCに降格してタフな年だったね。でもここにいられるのは最高だよ。

---今シーズはかなりのゴール数を獲得していますね・・・。
スコット:良いスタートだね。でも自分の獲得合計数に加えたいよ。

---スコットランドではサッカーは宗教みたいなものですよね。街に出ると皆はどんな反応をしていますか?
スコット:ここではもっと凄いね。ファンは、皆サッカーに情熱を持っているんだ。皆がセルティックのファンみたいだよ!

---ヘレンは街に出ると気付かれますか?
ヘレン:そうね、でも皆セルティック・サポーターだからとても良い人達よ!

---国中を移動することについてヘレンはどう感じていますか?
ヘレン:私達は、よく一緒に移動したわ。出会った時、スコットはスウォンジー・シティAFCでプレーしていて、それからマンチェスターとバーミンガムへ移ったの。色々な所で生活したわ。スコットと旅をするのは好きだし、違う場所へ行けるのはエキサイティングだと思う。

---番組を撮影している時はどうしているのですか?

ヘレン:グラスゴーとボルトンの間を行き来しているの。でもスコットに会いたいし、スコットもマチルダに会いたいと思っているから、スコットランドに出来る限り戻るようにはしているわ。

---撮影中はボルトンのお母さまの家で生活しているのですか?
ヘレン:ええ。私の母が大抵子供の面倒を見てくれるの。時々長時間働かなければならない時もあって、番組でスケジュールが詰まっている時もあるから、母がマチルダの面倒を見てくれるのは助かるわ。

---スコットランドへは飛行機で戻る事が多いのですか?
ヘレン:飛行機でも車でも、電車でも戻れるわ。去年の11月、胃腸炎にかかってしまった時には、私の父にここまで送ってもらわなければならなかったの。あの日はグラスゴーに運転して帰るなんて考えもなかった(笑)! 飛行機も、マチルダがiPadで忙しくしてくれている限りは良いわよね。

---お2人で過ごす時間をたくさんとっているようですね。別々の時間はどうですか?
ヘレン:私達は、7年間一緒なの。2人で過ごすのは大好きだけれど、自分の時間を持つのも同じくらい大切よ。2人の関係においてはそうすることが良いと思っているわ。
スコット:そんなに長く離れていることもないしね。

---スコットは家では家事もするのですか?
スコット:正直、料理の腕は悪くないよ。かろうじてサーブは出来る!

---マチルダちゃんの様子はいかがですか?
ヘレン:彼女面白いの。スコットにそっくりだけれど、私の大きな目も持っているわ。でもスコット似かしらね。

---それは性格の面の事でしょうか?
スコット:エネルギーに溢れているんだ。でもヘレンの性格も受け継いでいるよ。叫んだり、泣いたりする時はね(笑)!
ヘレン:スコット、うるさいわね! マチルダはとても優しい性格なの。でも屋内式のプレイグラウンドに連れて行くと、恐れもせずにすぐに遊びだすの。2歳と3歳の男の子たちと一緒にいるわね。男の子っぽいのだと思うわ。パパみたいにスポーティーな娘になるかもしれないわね。自信に溢れているの。
スコット:僕が彼女とサッカーをして、ヘレンは彼女にプリンセスみたいなドレスを着させようとしてるんだろうね!

---彼女は夜の寝つきは良いですか?
ヘレン:まだ良く寝てくれるの。私達はラッキーよね。私の妹に丁度子供が出来て、とても美しい子なんだけれど寝つきがとても悪いの。マチルダが良く寝てくれる事に感謝しているわ。

---ベッドは別になったのですか?
スコット:また戻ってこようとしているよね。
ヘレン:(笑)私達のベッドで寝かせる方が楽な時もあるの。どちらの場合もあるわね。

---彼女はどこで寝ているのですか?
ヘレン:折り畳み式のベッドがあるの。時々夜に起きるけれど、そのまま眠りに落ちるみたい。でも5時に目を覚ましていたら、自分達のベッドへ連れて行くわ。
スコット:それで僕は出ていくんだ!でも大抵僕はベッドに自分のスペースがあるよ。

---歯は生えてきていますか?
ヘレン:可愛い歯をしているわ。まだ乳歯が生えてきているところ。赤ちゃんだからぐずることもあるけれど、通らなければいけない道ね。彼女にとってはあまり良くないわ。

---その他に何か問題はありましたか?

ヘレン:問題ではないんだけれど、食べ物の好き嫌いがあるの。数日間ドバイに行った時は食べてくれなかったわ。
スコット:それは暑さのせいだったと思うよ。駆け回ってはいたけどね。
ヘレン:ちゃんと食べてくれない時は大変。他の赤ちゃんはもっと食べるから少し心配だけれど辛抱しないとね。

---言葉は話しますか?
スコット:今はもっと言葉を発しているよ。

---その他、彼女が何か変わった点はありますか?
ヘレン:靴が大好きだから、光るウェリントン・ブーツを買ってあげたわ。スコットのお母さんは、ピンクのプリンセスみたいなシューズをくれたわね。
スコット:まだ小さいのに、自分の欲しいものが分かっているみたいなんだ。"いやだ"ってよく言うよ。彼女のお気に入りの言葉だね。
ヘレン:彼女がボスなの!

---ヘレン、将来残すためにマチルダちゃんの写真やビデオは撮っていますか?
ヘレン:ええ、でも写真30,000枚と動画1000本ぐらいしか携帯に入らないの。アップグレードしなくちゃね! 携帯を一緒に整理してくれる人を見つけないと。

---スコットが仕事から帰って来た時のマチルダ
ちゃんの反応はどうですか?
スコット:とても可愛いよ。いつも"ダディ"って言って手を広げるんだ。いつも僕の所に駆け寄ってくるんだけれど、トレーニングを終えた夕方、家に帰った時にはそれが最高なんだ。

---父親になる事でどのような変化がありましたか?
スコット:マチルダには責任を感じているよ。彼女も僕とヘレンを頼るし、でもそれが良いんだ。

---ヘレンは母親になってから変わったことはありますか?
ヘレン:何万倍も幸せよ。子育てするのが大好きだし、いつも母親になりたかったの。マチルダは、私のプライドであり喜びであり、私の全てよ。人生に意味や目的をもたらしてくれたの。

---スコット、ヘレンはどんな母親ですか?
スコット:彼女はとても素敵なママだよ。マチルダにいつだって与えてあげるんだ。2人は親友のようだね。母親になる事はヘレンがずっと憧れてきた事だし。

---お2人の内どちらが厳しいですか?
ヘレン:スコットかしら。私は多分彼女に対して優しくしているわ。

---子育ての何が一番楽しいですか?
ヘレン:マチルダを見て、未だに私達が彼女を作ったなんて信じられないと思う時があるの。彼女が私の赤ちゃんだなんて思えないわ!
スコット:彼女の嬉しそうな所を見る時かな。公園に連れて行って、笑みを浮かべたり、笑っている時。それ以上の事なんてないよ。子供を持つまでは感じる事が出来ない、無条件の愛だよね。

---親になることのマイナス面はありますか?
ヘレン:体調が悪い時は本当に大変ね。私は母親が側にいてくれるからとてもラッキーよ。

---マチルダちゃんは今のところ健康で病気もしていませんか?
ヘレン:彼女は、恵まれているわ。私の母が彼女を赤ちゃんグループの所へ連れて行った時に、時々他の赤ちゃんがかかっているものをもらってきてしまう時もあるけれど、子供はそういうものでしょ。

---スコット、マチルダちゃんはあなたがセルティックでプレーしている姿をもう見ましたか?
スコット:何回かね。でも彼女には寒すぎたりするんだ。
ヘレン:私はスコットを見に行くのが大好きなんだけれど、夜だとマチルダは疲れて寝てしまうのよね。

---ピッチにいるのが自分の父親だと気付きますか?
ヘレン:ラウンジのTVでスコットを見る事が出来るの。"ダディ"って言うけれど、その後は盛り上がらないわね(笑)!
スコット:彼女は、ただ選手のラウンジでヘレンを追いかけながら走り回っているだけなんだ。

---2人だけで出かける機会もありますか?
ヘレン:あまりないけれど、数日間何処かへ行きたい時は色々とヘルプしてもらえるわ。
スコット:僕達は、国際試合の時のブレイクしかないし、あとはトレーニングをしているから何処かへ行く時間もあまりないんだ。

---ドバイにはマチルダちゃんを連れていきましたか?
ヘレン:いいえ、4日間しかいなかったから、私の母が見てくれたわ。
スコット:僕はトレーニングのない休みだったから、数日間何処かへ行くには良いと思った。

---ドバイ(Dubai)はどこがお気に入りですか?
スコット:暑さ。それが一番の理由かな。
ヘレン:スコットは太陽の下に座って、私は日陰に隠れるの。太陽が嫌いだし、長い時間いると気分が悪くなるのよ。

---滞在中は買い物をするチャンスもありましたか?
ヘレン:スコットをドバイ・モール(The Dubai Mall)へ連れて行ったんだけれど、彼は飽き飽きしていたわね。お互いに買い物するのが好きよ。
スコット:お互いに? 僕は1軒だけ行ってそれで終わりだったよ!
ヘレン:スコットは、私の事を自己中心の買い物好きって言うんだけれど、それは私が自分の為にだけ買い物したいからよ。

---マチルダちゃんはお2人の関係をどのように変えましたか?
ヘレン:マチルダが生まれる前は、自分達のやりたい事をやりたいように出来た。今は自由な時間はないけれど、私達は家族だし、それはとても素敵なことよ。
スコット:全て計画を立てないといけないんだ。

---マチルダちゃんが生まれてから受けた大きなショックは何でしたか?
スコット:ヘレンはとても楽に慣れていったよ。
ヘレン:マチルダが生まれて、初めは必要な物を全部持っているかチェックしなければいけなかったし、外出するのに4時間ぐらいかかっていたの。何もかもに圧倒されていたのを覚えているわ。でもとても良いショックだったと思う。

---マチルダちゃんが生まれる前の生活がどのようなものだったか、思い出す事は出来ますか?
スコット:あまり思い出せないね。いつでも彼女がここにいたような感じだよ。

---ヘレンは体型も戻っていますね・・・。
ヘレン:変なの。マチルダが生まれてから、新陳代謝が完全に変わったみたいで、スコットと同じくらい食べるけれど、体重が増えないのよ。母が心配していたから甲状腺の検査に行ったけれど、異常はなかったわ。
スコット:マチルダを追いかけているからだね!

---ジムには行っていますか?
ヘレン:マチルダが生まれてからは1回だけ行ったけれど、スコットから帰って来てって電話があったの!"ベイビー、家に帰って来て。マチルダが泣いている(笑)!"ってね。多分今は少し成長したからジムに行く時間もあるかもしれない。

---番組に復帰するのに体型を気にしたりした事はありましたか?

ヘレン:全くないわ。新陳代謝の問題だと思うの。でもマチルダの良いロールモデルにはなりたいと思っている。健康的な食事をしているところを見てもらいたいし、母親として尊敬されたいもの。

---さらに子供を持つ事について、お2人はどうお考えですか?
ヘレン:絶対に欲しいわ。でもマチルダが4歳になるまでは待つと思うの。彼女を何よりも愛しているし、今のところは彼女だけで十分よ。

---結婚については考えていらっしゃいますか?
ヘレン:マチルダが生まれてから、皆がいつ結婚するのか聞いてくるの。でも色々と違った関係があるでしょ。結婚が2人にとって良いタイミングだと思った時にすると思うわ。

Interview by フィル・ゴールド(Phil Gould)
Photographs by ステイシー・クラーク(Stacey Clarke)

END