face book twitter
close
open

OK!J リコメンド
OK!J リコメンド

前の記事
次の記事

About Russell Grant☆
多彩な才能を持つ、ロイヤル占星術師がOK!JAPANの定番人気コンテンツOK!J星占いに登場。

  2017.04.05

2017.4.5RUSSELL GRANT.2.jpg

2017年4月からOK! JAPANの定番人気コンテンツ、英国式OK! 星占いに登場した最も信頼出来る占星術師(Astrologer)、ラッセル・グラント(Russell Grant)とは・・・。

英国の朝の情報番組『BBCブレックファスト』(BBC Breakfast Time)や『グッド・モーニング・ブリテン』(Good Morning Britain)などに1980年代初頭に出演し、その名を知られるラッセル・グラント(Russell Grant)ですが、今から300年以上の歴史の中で、彼が英国王室のファミリーメンバー(HRH Queen Mother:皇太后)の運勢予測を行う最初の占星術師となり、後に「ロイヤル占星術師」と呼ばれた事を知っている人は数少ない事実です。

舞台活動:劇作家アラン・エイクボーン(Alan Ayckbourn)と共に舞台に復帰し全英で大絶賛された後、ラッセルは自身の慈善団体ワイズ・コミュニティーズ(WISE Communities)と協力して一連のパフォーマンスワークショップを開催しています。また最近では、ウェールズ北部にあるポルトマイリオン劇場(Portmeirion Theatre)で『真夏の夜の夢』(A Midsummer Night's Dream)に出演し、ウィリアム王子(HRH Prince William, The Duke of Cambridge:ケンブリッジ公)から応援メッセージを送られています。

著書『ユー・キャン・チェンジ・ユア・ライフ』(You Can Change your life): 1984年以来、78ものベストセラーを生み出しているラッセルですが、読者の多い一般的な本から離れ、占星術と心理学に関する最初の本を出版しました。その著書は既に他の占星術師からは傑作と評されており、古くから語られているテーマに全く新しい洞察を与えています。

グロースターの歴史:著書『ザ・リアル・カウンティ—ズ・オブ・ブリテン』(The Real Counties of Britain)が7シリーズに渡る『ラッセルズ・ポストカード』(Russell's Postcards)でTV番組となるなど、占星術以外のベストセラーの成功が続いたラッセルですが、権威ある英国の出版社ブリティッシュ・パブリッシング・カンパニー(British Publishing Company)からはガイドシリーズ執筆の依頼を受けています。グロースターの街の詳しい紹介から始まり、ジェームズタウン・バージニア(Jamestown Virginia)、ウェンブリー(Wembley)、ニューポート(ウェールズ)(Newport (Wales))、マンチェスター(Manchester)、サウス・チロル(South Tyrol)(オーストリア・イタリア)、ジャージー(Jersey)と続く新シリーズ、ラッセル・グラントのトラベルガイドの最初のシリーズとなります。

※章全体は、ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)によって有名になった『グロースターの仕たて屋』(原題:The Tailor of Gloucester)に焦点が当てられています。グロースターはラッセルの作品にとても感銘を受け、彼を"グロースターの仕たて屋の公式占星術師"に任命しています。

ラジオ・ファイブ・ライブ:初回放送以来、番組のローカルスポーツのエキスパートだったラッセル。もともとは、ジャーナリストのジュリアン・ウォーリッカー(Julian Worwicker)との水曜日のナイトショーが始まりでしたが、今ではコリン・マレー(Colin Murray,)や、エイモン ホームズ(Eamonn Holmes)、ブライアン・アレクサンダー(Brian Alexander)などとフィールド・ホッケーからノン・リーグサッカー、クラブ・クリケットに至るまで広く担当しています。

BBCラジオ1・ラジオ2:ラッセルは、月曜日にレギュラー出演をしていたスティーブ・ライト(Steve Wright)によるショー(BBCラジオ2)でリスナーを盛り上げ続け、さらにラジオ界のスーパースター、クリス・モイルズ(Chris Moyles)が頻繁に採用した特別な占星術も作成。ラッセルは"地球上で最もセクシーな占星術師!"と呼ばれることになったのです。

またラッセルにとってプロとしての夢が叶った最近の出来事は、BBCの『ストリクトリー・カム・ダンシング』(Strictly Come Dancing)の最高傑作シリーズでダンスを学んだ事でした。この番組で世界チャンピオンのラテンダンサー、フラヴィア・カセーキ(Flavia Cacace)とパートナーを組んだラッセルは、「私は舞台の学校に通ってはいましたが、コーラスのルーティーン以外にダンスを学んだことはありませんでした。世界で最も美しく才能のある"Latino Terpsichore" (ラティ—ノ・テルプシコレ(歌舞の女神))、フラヴィア・カセーキとダンスを学んだことは自分が望んでいた以上の経験でした。」とコメントしています。

慈善事業:ラッセルの祖母がアルツハイマー病を患っていたことから、アルツハイマー病協会の熱心なサポーター及び大使でもあるラッセル。認知症の治癒研究のために数千ポンドを調達し、アルツハイマー病協会による認知症の質的研究プログラムに寄付も行っています。また、『ザ・ウィーケスト・リンク』(The Weakest Link)と『セレブリティ・マスターマインド』に出演し、認知症研究の資金を調達し、クリケット・トーナメントを定期的に開催してアルツハイマー病協会への資金調達も行っています。

CATEGORYから記事を読む