@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

ウィリアム王子とキャサリン妃のパキスタン王室外交訪問 Vol.1
キャサリン妃の美しい装いを含めるケンブリッジ公爵&公爵夫人ロイヤルツアーの一部始終。

news 2019.11.19

OKJ.Duchess of Cambridge.1.1_0.jpg
パキスタン公式訪問で注目を浴びるキャサリン妃。


公爵夫人の5日間に渡る豪華なスタイル

現地時間10月14日~18日の5日間にわたる、ケンブリッジ公爵夫妻(The Duke and Duchess of Cambridge)のパキスタンロイヤルツアーは、大掛かりな警備のため、とてつもなく手間暇かかる行事ではあったが、今回の王室外交訪問は文句なく成功に終わったといえる。

両国の友好関係強化達成のための5日間の訪問ではあったが、もちろん、その間キャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Catherine, Duchess of Cambridge))の美しいファッションに注目が集まったことは言うまでもない!

かつて同地に3回も訪問した故ダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)の面影を偲びつつ、驚くほど予算を抑えた色鮮やかなファッションの選択で、スタイリッシュなロイヤル外交を果たしたキャサリン妃だが、今回は特にイギリス・ブランドと現地のパキスタン人デザイナーによるドレスを何着か組み合わせ、国際外交色豊かな表現を試みているように見えた。

ボディーランゲージの専門家は、「ウィリアム王子(ケンブリッジ公ウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridg))とキャサリン妃(共に37歳)の互いを見つめ、いたわり合う様子やユーモアを交わし合う様子から、二人の関係はまぎれもなく、まだ蜜月状態が続いているようだ!」と語っている。

またラホール(Lahore)からイスラマバード(Islamabad)への飛行機での移動中、嵐に遭遇し、まるでジェットコースターのように激しく揺れ動く機内で震えが止まらない同行のスタッフやメディアを、ウィリアム王子は思いやり深く励ましていた。
この時期、同じルートの飛行を経験している人たちでさえ感じたことのない大きな揺れを経験し、座席のアームレストをつかんで震える思いで怖さをこらえている乗客に対し、ヘリコプターパイロットのライセンスを持つウィリアム王子は、実際パイロットとして飛行を経験したかのようなジョークを投げ掛けながら、心配する必要はないと同乗の皆を励ましていたという。

出発の当日ウィリアム王子とキャサリン妃はジョージ王子(Prince George)(6歳)とシャーロット王女(Princess Charlotte)(4歳)をロンドン南部、バタシー(Battersea)にあるプライベートスクールに預け、ルイ王子(Prince Louis)(18ヶ月)の面倒はナニー(子守役)のマリア・ボラーロ(Maria Borrallo)と、キャサリン妃の両親、マイケル&キャロル・ミドルトン(Michael and Carole Middleton)の手に委ねてきたという。

OKJ.Duchess of Cambridge.1.2.jpg


キャサリン妃のハイストリート・ヒール

ツアーの2日目、マヒーン・カーン(Maheen Khan)デザインによるブルーのクルタ(Kurta-インド人がよく身に着ける、ゆったりとした襟なしシャツ)という可愛らしい装いでイスラマバード・モデル・カレッジ・フォー・ガールズ(Islamabad Model College for Girls)を訪問したキャサリン妃だが、その際の足元は23.99ポンド(約3,400円)のニュールック(New Look)の靴という組み合わせで、この靴がメディアで紹介されると同時に完売してしまったのだという。

その後ヒマラヤ山麓地帯のマーガラ・ヒルズ国立公園(Margalla Hills)への訪問の際、ファションに敏感なキャサリン妃は185ポンド(約26,000円)のラッセル&ブロムリー(Russell & Bromley)のスエードのフラットシューズに履き替えている。

OKJ.Duchess of Cambridge.1.3.jpg


また2日目の日中、学生たちとの談話の最中に「若い頃は脳外科医になりたかったんだ。」と口を滑らしたウィリアム王子だが、さらに彼は「成長するにつれ、なりたい夢は変わっていったけれど、空を飛んでみたいという夢だけはずっと変わらずに持ち続けていたんだ。空を飛んでいると自由な気持ちになることができるし、技術を学ぶことは本当に楽しいよ。」と、いつになく饒舌に語っている。
そして、女の子のグループが今は亡き母、ダイアナ妃の大ファンだというコメントを耳にして、ウィリアム王子は「ありがとう! 実は僕も母の大ファンなんです。」と、ちょっと心に響くジョークで切り返している。

Report by Michelle Garnett
Photographs © Ian Vogler / Mirrorpix


Vol.2へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む