@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

映画『真実』のプロモーションでカトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが来日!
世界が注目する是枝裕和監督の最新作映画『真実』(10月11日より公開)で共演のカトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが揃って来日し、都内で行われたジャパンプレミアに出席!

news 2019.10.11
191011_01_1

昨年『万引き家族』でカンヌ国際映画祭の最高賞“パルムドール”を受賞した是枝裕和監督が初めて国際共同製作で手がけた『真実』は、全編フランスで撮影。カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが母娘を演じ、イーサン・ホーク共演など、超豪華キャストが集結しました。フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本を出版したお祝いに集まった家族たちが、娘リュミールとの間の綴られなかった“真実”を知る物語。愛と憎しみが交錯する複雑な感情をぶつけ合う2人――ドヌーヴは母ファビエンヌ、ビノシュは娘リュミールの魂を体現しています。

本年度ヴェネチア国際映画祭のオープニング上映で絶賛された後のジャパンプレミアということで、TOHOシネマズ六本木ヒルズの会場には多くの観客とメディアが詰めかけました。盛大な拍手に迎えられて、是枝監督とともにドヌーヴとビノシュが登場。
最初にドヌーヴから「皆さん、こんにちは。この場を訪れられて、『真実』を紹介できることを大変うれしく思います。この映画はフランスで撮影されて、ヴェネチア国際映画祭などを巡ってきましたが、初めて是枝監督の母国である日本の観客の皆さんの前で上映される、ジャパンプレミアです。」と挨拶。
続いてビノシュが「コンニチワ」と日本語を交えて、来日の喜びを語ります。「本当にここに来ることができて、うれしく思います。特にカトリーヌとは強い結びつきを持って、演じることができました。この映画の中で彼女のような母を持つことができて、本当に幸せでした。そして是枝監督とこうして皆さんにこの映画をご紹介できることを、とても光栄に思っています。監督と映画を作ることが夢でしたが、その夢が実現して、東京を訪れることができました。」
2人の言葉を受けて是枝監督は「ありがとうございます。こんな形で2人と映画を撮ることができるなんて。撮り始めてからも現実感がなくて、夢のようなことでした。こうして完成して3人で壇上に並んでいることが、本当に信じられないです。撮影自体もパリで楽しい時間を過ごすことができて、その様子も作品に映っていると思いますので、ぜひお楽しみください。よろしくお願いします。」とコメントしました。



191011_01_2

ドヌーヴは是枝監督から出演オファーがきたときの気持ちを「監督とは何度かお会いする機会がありました。カンヌや東京などで面会も重ねて、私もぜひ一緒に作品を作りたいと思いました。私を配役した上で作品を考えてくださっていたので、とてもうれしかったです。」と言って、撮影時を振り返ります。「最初のころはお互いに言語の違いがあったために、通訳を介してのコミュニケーションできなかったので、もどかしい思いもありました。けれど一緒に時間を過ごしていくうちに、徐々にお互いの気持ちがわかるようになりました。監督の表情や視線を見るだけで、今のシーンをこう感じているんだろうな、といろいろなことがよく理解できるようになりました。」

是枝監督とは2011年から一緒に映画を作ろうと話していたというビノシュは、夢が叶った喜びに満ちた表情で、監督への熱い想いを語ってくれました。
「私は『誰も知らない』(04)を通じて是枝監督を知りましたが、彼の作品には子供たちがとても無邪気に描かれています。そして人生のディテールが細かく描写されていることに感動しました。実際に監督にお会いしたところ、物静かな方ですが、その沈黙の中に優しさや鋭い観察眼が感じられました。やはり映画監督は、耳と目のセンシビリティ、感受性が必要だと思いますが、そのような資質を持つ真髄たる方だと思います。」



191011_01_3

是枝監督は、「まさに僕とビノシュさんを繋いでくれた『誰も知らない』に出演した子供たちが今日、客席に駆けつけてくれました。映画が人と人を繫いでいってくれるんだと、改めて感動しています。」と胸いっぱいのようす。そして初のオールフランスロケ、キャストもスタッフもフランス人という環境の中での撮影について聞かれるとーー。
「撮影できるのは1日8時間と決まっていて、日本で撮影しているときの半分くらいの時間でした。期間は10週間弱という日本の倍くらいの日数をかけて、ゆったり映画を作っていきました。そのリズム感が日本と違うので、最初はもっと撮れるのに!って思いましたが、徐々に慣れてきましたね。撮影以外の時間も含めて、ゆっくりと同じ時間と場所を共有できたのは、本当によかったと思います。各国の映画祭に出たりすると、すごい2人と映画を撮ったんだなと思いますが、現場にいるときはひとりの女優さんと監督という関係性は変わらないので、お互いに信頼関係を築きながら、楽しくいい映画を作るということだけを考えました。」と、フランスの大女優との映画製作を振り返って、胸の内を明かしました。
これまで何度も来日しているドヌーヴとビノシュですが、日本のどこが好きなのか、やはり気になるところ。
ドヌーヴは「日本のことは文化や歴史をはじめ、お料理やアートなど、過去も現代も、あらゆるものが大好きです。30年以上前から何度も日本に来ていますが、仕事の関係でなかなかゆっくり滞在できなくて、いつもとんぼ返りなので、ぜひいつか時間をかけて日本を探索したいと思っています。」とコメント。ビノシュは「私は幸運にも、河瀨直美監督の映画に出演して、日本で撮影したことがあるので、吉野の森に長い間滞在する機会を得ることができました。それ以外にも南の方にも旅行したいと思っています。私も日本文化が大好きなんです。日本には非常に洗練された繊細な感覚があり、日本の皆さんは他者への感謝の気持ちを持っていると思います。こういったものは、直感的な西洋社会には見受けられないですから。」と日本への敬意を語ってくれました。



191011_01_4

この日は2人の来日を祝して、本作で日本語吹き替えを担当した宮本信子さん(ファビエンヌ役)、宮﨑あおいさん(リュミール役)と、『万引き家族』で注目を浴びた子役の佐々木みゆちゃん(リュミールの娘・シャルロット役)が駆けつけました。それぞれ花束を贈呈し、印象に残っているシーンや収録について、皆で和やかにトークを行いました。ドヌーヴはみゆちゃんの髪を撫でたり、写真撮影の際には自分のもとに引き寄せてあげたり、子供に対してのフレンドリーで優しい一面を発見。
最後に是枝監督は、「映画の中では、母と娘のさまざまな姿が登場します。母と娘が逆転して母が娘に、娘が母に見えたり、昔の誰かと誰かの親子関係に見えたり。いろいろな見え方をするように重層的に作ったつもりでいます。
そこに注目されると、映画をより楽しく見ていただけると思います。皆さん、楽しんでください。」と、この映画の見どころを語って、舞台挨拶は幕を閉じました。



Text:Keiko Maruyama
真実
2019年10月11日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか 全国ロードショー
配給:ギャガ
 ©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:gaga.ne.jp/shinjitsu/

Text:Keiko Maruyama
真実
2019年10月11日(金)
TOHOシネマズ 日比谷ほか 全国ロードショー
配給:ギャガ
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:gaga.ne.jp/shinjitsu/

CATEGORYから記事を読む