@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

アーチー初のロイヤル外遊(前編)
アフリカ公式訪問の際、サセックス公爵夫妻を はるかに越えて人気者となった真のロイヤルスター、アーチー!

news 2019.10.15

OKJ.Duchess of Sussex.1.1.jpg

現地時間の2019年9月25日。息子のアーチーと共にデズモンド・ツツ大司教公式訪問した、サセックス公爵ヘンリー王子とサセックス公爵夫人メーガン。

現地時間の2019年9月25日。ケープタウン(Cape Town)に住むデズモンド・ツツ(Desmond Tutu)大司教を公式訪問した際、まだ生まれて間もないアーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザー(Archie Harrison Mountbatten-Windsor)を公務の席で正式に紹介したサセックス公爵夫妻(Duke and Duchess of Sussex)。

そして、そのとき全ての人気を独り占めにしてしまったアーチー!
生後4ヶ月にして聴衆の人気をさらった息子を見て、サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)は「アーチーは大きくなったらレディーキラーになること間違いなし!」と太鼓判を押すように語ったという。

アンチ・アパルトヘイト運動家、デズモンド・ツツ大司教との面会の中で「アーチーは古い昔の魂を持って生まれてきたと思うの。」と語るメーガン妃(サセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex))の言葉をよそに、メディアの注目を一身に浴びるアーチーを評して「アーチーのメディアに対する対応を見ているだけで、彼の大物ぶりが分かるでしょう?」と楽しげに語るヘンリー王子!

サセックス夫妻のアフリカ訪問の3日目にして、待ちに待った世界中の聴衆の前にやっとその姿を現したアーチーだが、今年5月に誕生して以来、ほとんどその姿を見せることがなかった彼は、どうやら父親に瓜二つの容姿との評判である。

サセックス公爵夫人のかつてのお気に入りブランド、H&Mで購入したダンガリーズのブルージーンズ(£12・99:約1,710円)姿で皆の前に姿を見せたアーチーだが、この100%オーガニック・コットンでつくられたプリントストライプのダンガリーズはいとこのジョージ王子(Prince George)をはじめ、ヘンリー王子が幼い頃から身に着けていた王室御用達の装いで、共に身に着けた白い帽子は1985年のヘンリー王子の幼い姿を彷彿させるものである。
ちなみにアーチーのニックネームは“ブッバ(Bubba)”と呼ばれ、メーガン妃は聴衆の皆がそのニックネームで彼を親し気に呼ぶ声を耳にして嬉しそうに微笑んでいたという。

サセックス公爵夫妻がデズモンド大司教と彼の娘、タンデカ・ツツ-ガシェ(Thandeka Tutu-Gxashe)とお茶を嗜む間、アーチーの眼差しは“ピース・ジョイ・アンド・ラブ(平和と喜びと愛)”と書かれたデコレーションで飾られた色鮮やかなケーキに釘付けで、いとこたちと同様、少しもじっとせず、興味深く動き回るアーチーの元気な姿を嬉しそうに眺めながら、我が息子のことを“ヤンチャ坊主”と呼ぶヘンリー王子!
しかし、そんなアーチーもママの膝の上が一番のお気に入りのようで、どうやらアーチーにとってはメーガン妃に抱かれているときが至福の時のようだ!

母乳からの切り替えも非常に順調で、健やかに育つ息子を、メーガン妃(38歳)は“イージーボーイ(手の掛からない育てやすい子)”と評し、「彼はパパの胸の中で眠るのが大好きなようなの」と幸せそうに語っている。
そしてヘンリー王子との子育てについて「今は二人でまだ子育て修行中で、大変なこともたくさんあるけれど、彼は最高の父親だと思うわ。」と語るメーガン妃! そして、それに応えるように、ヘンリー王子も又「メーガンは最高に素晴らしい母親!」と賛辞の言葉で称えている。

ヘンリー王子とメーガン妃は、デズモンド大司教がアーチーの額にキスをした後、親子三人揃って子供の絵本がたくさん詰まった贈り物のバスケットを抱え、その場を立ち去る姿をインスタグラムで紹介している。
又、ウィンザー城(Windsor Castle)で開催されたミュージッククラスでは、その日にピッタリなイラスト入りのソングブックを手にして参加するアーチーの姿が紹介されているが、サセックス公爵夫妻のお気に入りは“マスター・アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザー(Master Archie Harrison Mountbaten-Windsor)”と記されたハート形のビスケットだったという。 そして今は亡き母、ダイアナ妃(ウェールズ公妃ダイアナ:Diana, Princess of Wales)がヘンリー王子(35歳)とウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridge)と共に写る写真をネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)に披露しているフレーム写真も贈り物の中に含まれていたという。

また、お気に入りブランド、クラブモナコ(Club Monaco)のシルクドレスに身を包んだメーガン妃は、ウェディング・リングの他にジェニファー・メイヤー(Jennifer Meyer)デザインのトルコ石リングと、リングとお揃いのイヤリングを身に着け、美しい装いを披露している。

メーガン妃によると、アーチーは幼いながらもアフリカ外遊を大いに楽しんでいたというが、ヘンリー王子がアンゴラ(Angola)、マラウィ(Malawi)、ボツワナ(Botswana)へと一人で訪問した際はメーガン妃が全幅の信頼を寄せるナニーに子守の一部を頼っていたという。
また、サセックス一家とそのおつきスタッフ一行の英国航空での11時間のアフリカへの旅は、眠りの浅いアーチーの世話にかなり手を焼いたらしい! そしてサセックス一家はヘンリー王子の単独外遊のあと、ヨハネスブルグでの再会を楽しんだという。

FEATURE BY MICHELLE GARNETT
PHOTO © Newscom / Zeta Image


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む