face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

ベアトリス王女とユージェニー王女~率直で包み隠ない、若きロイヤルファミリー~
“ウェディング”や“二人のプライベートライフに注がれる世間の目”について率直に語る二人の王女。

news 2018.08.21

OKJ.UK VOGUE1.jpg
フォトグラファーのショーン・トーマスに向かってポーズをとるユージェニー王女(写真左)とベアトリス王女。


“ユージェニー王女のウェディング”や“二人のプライベートライフに注がれる世間の目”について自分たちの考えを率直に語るベアトリスとユージェニーの二人の王女。

挙式を2ヶ月後に控え、先日行われたインタビューの中でユージェニー・オブ・ヨーク王女(Princess Eugenie of York, Eugenie Victoria Helena)(28歳)は自身の心境を次のように語っている。
「挙式を目前に控えて、それはもちろん、完璧な日を迎えたいという想いでいっぱいなことは確かよ! でもだからといって別に“ブライドジラ(Bridezilla)”のように、ウェディングの準備にきりきりとしてストレスを抱えているわけではないの。それよりも、これから先、最愛の人と共に歩む人生を考えると、ただただ幸せな想いに満ち溢れて、もう他のことはどうでもよく思えてくるというのが現在の正直な心境よ!」

ロンドン・アート・ギャラリーのアソシエイトディレクターとして活躍するユージェニー王女は、現地時間の今年10月12日、ウィンザー城 (Windsor Castle)の敷地内にある聖ジョージ礼拝堂(St. George's Chapel)で、フィアンセのジャック・ブルックスバンク(Jack Brooksbank)と結婚の契りを結ぶことになっている。

そして、8月8日に30歳の誕生日を迎えた、姉のベアトリス・オブ・ヨーク王女(Princess Beatrice of York, Beatrice Elizabeth Mary)と共に英国版VOGUE(ヴォーグ)誌のインタビューの席に姿を現した二人の王女たち! ちなみに、姉妹はヨーク公爵アンドルー王子(Prince Andrew, Duke of York)と元夫人、ヨーク公爵夫人セーラ(Sarah, Duchess of York)の間に生れたロイヤルファミリーメンバーである。
そして、ユージェニーのメイド・オブ・オナー(花嫁の付添人)を務めることになっているベアトリス王女は妹のユージェニー王女について「彼女はとても現代的な考えをもった素敵な花嫁だと思うわ。」と語っている。

又、自身のウェディングにちなんで“プラスティック・フリー”のキャンペーンを掲げるユージェニー王女は「我が家にはプラスティック類のものは一切置いていないの。そしてジャックと私は自分たちのウェディングを通して“プラスティック・フリー”のメッセージを伝えていきたいと考えているの。」と述べている。

さらに、2011年のケンブリッジ公爵夫妻(The Duke and Duchess of Cambridge)の結婚式に参列した際の豪華な帽子への皮肉な批判をはじめ、自分たちのファッションセンスに対する様々な世間の批評に、ロイヤルファミリーメンバーとしての不便さを感じ、お互いを“一枚岩”のように支え合って生きていると語る姉妹だが、ヴォーグ誌の撮影でフォトグラファーのショーン・トーマス(Sean Thomas)に向かってポーズをとりながら、当時のパッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の苦い想い出について「痛烈な批判記事に打ちひしがれて泣いているベアトリスを慰めたことを、昨日のことのように覚えているわ。そして、その後に悲しくなって泣く私を、今度はベアトリスが優しく支えてくれて、二人はお互いに“なくてはならない存在”なの!」とロイヤルメンバーとして生まれたことへの心境を赤裸々に語ってくれた。

現在、アメリカを拠点とするテクノロジー会社、アフィニティー(Afiniti)のヴァイスプレジデントとして活動しているベアトリスだが、プリンセスという特殊な立場を離れ、現代に生きる一人の若い女性としてキャリアを積んでいくという前例のない、伝統から離れた挑戦がいかに難しいかをインタビューの中で切々と語っている。

そして、ベアトリスは自身の心境をさらに次のように付け加えている。「特に現在はインスタグラム(Instagram)を通して完璧なイメージを配信することが可能な時代で、でもだからこそメディアはリアルな現実を尊重する必要があると思うの。だって私たちはプリンセスであると同時に一人の生身(なまみ)の人間だと思うから!」

なお、インタビューの全容については、英国版VOGUE誌9月号の中で紹介されていて、デジタル版でも確認することができる。

UK VOGUE.jpg
英国版VOGUE誌9月号。


FEATURE BY KIRSTY HATCHER
PHOTOGRAPH BY SEAN THOMAS/BRITISH VOGUE, NICK KNIGHT / BRITISH VOGUE


END.
CATEGORYから記事を読む