@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

メーガンのウェディングに向けたワークアウト(前編)
OK! はウェディングに向けてトレーニングに励んだメーガンの好きなトレーニングやテクニックを詳しくご紹介。

news 2018.06.08

OKJ.Meghans workout.1.1.jpg
ウェディングに向けてトレーニングに励んだサセックス公爵夫人メーガン。


殆どの女性達が記念すべきウェディングに向けてシェイプアップに励むのは当然の事!
既に抜群のスタイルを誇るメーガン(サセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex))だが、ヘンリー王子(サセックス公爵ヘンリー王子:Prince Henry, Duke of Sussex)との挙式の日に向けて、メーガンは最高のボディーを目指していた様子。それもそのはず、世界中から約20億の人達が見守る晴れのウェディングとなれば、その精進ぶりは筆舌に尽くしがたい!

以前のインタビューの中でも「美味しいものや、パーティーで出されるワインやカクテルの誘惑にはなかなか勝てない事などの理由からUKサイズ6~8(日本サイズXS~S)を保つのが精いっぱい! 時々、ワークアウトなんてもううんざりと思う事があるけれど、そんな時はワークアウト後の爽快感を思い出して頑張る事にしているの。」と述べていたメーガン(36歳)。
そして、その結果として摂取したカロリー消費の為にジム通いと言うパターンを繰り返すのはどうやら私達と同じようだ!

更に80年代にヒットしたTVシリーズ『コスビー・ショー』(The Cosby Show)が自分のワークアウトに関する観念を変えたと語るメーガンは、次のようなコメントを残している。「クレア・ハクスタブル(Clair Huxtable)がドレスに合わせて減量しようと必死でワークアウトするシーンで、彼女のトレーナーが“成功の秘訣はエネルギーをバーンアウトする事なの。とにかく汗をかいてエネルギーを燃やして”」と言っていたのを今でも覚えているわ。だって、トレッドミルでワークアウトに励む自分の姿を想像するなんて本当に最悪! でも、そんな時はクレア・ハクスタブルのショーを思い出して、ひたすら“バーンアウト、バーンアウト”と自分に繰り返して言い聞かせる事にしているの。」

OKJ.Meghans workout.1.2.jpg
現地時間5月19日、ウィンザー城 聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げ、サセックス公爵ヘンリー王子(写真左)とサセックス公爵夫人メーガンとなった2人。


そして、ヨガ、ピラティス、ブリスク、愛犬とのランニングなどを交えたワークアウトで、見事その結果を出したメーガン! 勿論、その他にもチェルシーのKX会員制フィットネスクラブにヘンリー王子と共に定期的にトレーニングに励むメーガンの姿が確認されている。

そこで、OK! は晴れのウェディングに向けてトレーニングに励んだメーガンの好きなトレーニングやテクニックを詳しくご紹介。

コア・ビリーフ(Core Belief)
メーガンのかつてのブログ、ザ・ティッグ(The Tig)の写真を見ても分かるように、彼女は大のヨガファンで、その自然で柔軟性のあるボディーは、ヨガ・インストラクターの母、ドリア・ラグランド(Doria Ragland)から受け継いだもの。
その事についてメーガンは「ヨガプラクティスは、私の血の中に自然に流れているものなの。そしてヨガには、身体の柔軟性や筋肉の強化を促すだけではなく、ストレスを無くし、心の安定と調和をもたらすと言うような精神的な効果もあると言われているのよ。」と述べている。

トロントでTVドラマ『SUITS/スーツ』(原題 Suits)の撮影をしていた頃、彼女は、ヨガの先生でもある、ダンカン・パルビアイネン. (Duncan Parviainen)と一緒にヨガをすることで、反転運動を習得する事が出来るようになったと言う。そのダンカン曰く「最初はとても緊張していたけれど、時間が経つに連れて僕を信頼して怖さを克服してくれたんだ。彼女は自然で、流れるような動きをする“ヴィンヤサ(vinyasa)”と呼ばれるヨガが好きだったのを覚えているよ。」
メーガンはヒップホップの音楽に合わせてヨガプラクティスをするのが好きだが、特にキャンドルライトの暗い部屋でのヨガが一番のお気に入りだと言う。
更に、背筋を伸ばして胸を広げ、体全体をかかとまで曲げると言うポーズが好きだと言うが、ヨガネットワークのエレン・リー(Ellen Lee)はメーガンの趣向について「彼女のようなヨガの熟練者は身体の前面に働きける“バックベンディング”のような運動が好きな場合が多いの。」と述べている。

FEATURE © ANNA POINTER / OK! MAGAZINE
PHOTOS © Michael Dunlea/Express Syndication


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む