face book twitter
close
open








OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

OK! レポート☆2018年最注目のロイヤルウェディング~サセックス公爵ヘンリー王子とサセックス公爵夫人メーガン~(後編)
現地時間5月19日、ウィンザー城 聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げた2人。

news 2018.05.24

OKJ.Royal wedding.2.1.jpg
現地時間5月19日、ウィンザー城 聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げ、サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)(写真右)とサセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)となった2人。


メーガンは、エリザベス女王(The Queen Elizabeth II)からクイーン・メアリー(Queen Mary) のダイアモンド・バンド・ティアラ(Diamond bandeau tiara)を借りて着用した。
バンドは、ダイアモンドとプラチナで出来ており、11のセクションからなる柔軟なバンドとして形成されている。縞模様の楕円形で穿孔(せんこう)され、大小のブリリアントダイアモンドがセットされている。センターにはブリリアントダイアモンド10個のブローチが付いている。

OKJ.Royal wedding.2.2.jpg


メーガンは、またカルティエ(Cartier)のイヤリングとブレスレット、そしてシルクのダッチェスサテンで出来た靴を着用した。彼女はまた三つのダイアモンド婚約指輪を結婚式の為に右手に移した。

OKJ.Royal wedding.2.3.jpg


メーガンの小さなブーケは結婚式の前日にヘンリー王子が、ケンジントン宮殿のプライベートガーデンで摘んだ花で出来ていて、フィリッパ・クラドック(Philippa Craddock)の花屋でデザインされたものである。
そのブーケの中には、故ダイアナ妃(Diana, Princess of Wales)が好きだったスイートピー、スズラン、アスチルベ、ジャスミン、アストランティア、忘れな草が含まれている。
王室の伝統に則って、1858年に結婚したヴィクトリア女王(Queen Victoria)の長女、ヴィクトリア妃(Princess Victoria)の時代から王室のブーケに含まれていたギンバイカの小枝が添えられていた。

OKJ.Royal wedding.2.4.jpg


幸せなカップルの姿を一目見ようと何千人もの人々が、ウィンザーの通りを埋め尽くした。その中の多くの人々はその場で一夜を明かした。彼らは、摂氏20度の暖かさの中、「おめでとう」と書かれたバナーを掲げ、旗を振っていた。

一方、ウィンザー城の敷地内では、人々が礼拝堂の外の芝生にピクニック用の敷物や折り畳み式の椅子に腰掛けて寛いでいた。彼らは、最前列の席から有名人の招待客が次々に礼拝堂に到着するのを見守っていた。彼らの中には、彼らのコミュニティーでの活動が評価されて招待された人々も含まれていた。

OKJ.Royal wedding.2.5.jpg


招待客が到着し始めるにつれ、シャンパンのコルクを抜く音が鳴り響き、興奮した歓声に包まれた。観衆も到着時にヘンリーとメーガンの頭文字を型どったキャンバスバッグが渡された。
その中には、ブランドもののチョコレート、ショートブレッド、マグネット、ウィンザー城の水のボトル1本、結婚式のプログラム、ウィンザー城内のお店の20%割引のクーポン券が入っていた。

OKJ.Royal wedding.2.6_0.jpg


結婚式に先立ち、女王陛下は、ヘンリー王子に公爵の位を授与した事を喜ばれた、と発表された。
彼の称号は現在、サセックス公爵(Duke of Sussex)、ダンバートン伯爵 (Earl of Dumbarton)、キルキール男爵 (Baron Kilkeel)である。メーガンは、今からサセックス公爵夫人(Her Royal Highness the Duchess of Sussex)として知られるようになる。

OKJ.Royal wedding.2.7.jpg


デザイナーについて

メーガンのジバンシィのウェディングドレスは、クレア・ウェイト・ケラーによってデザインされた。現在47歳の高名なこのイギリス人デザイナーは、昨年フランスのファッションハウス、ジバンシィで女性として初めてアーティスティック・ディレクターに就任した。
メーガンは、今年初めにクレアと出会って一緒に仕事をする事を決め、二人はドレスのデザインについて緊密に仕事をしてきた。

OKJ.Royal wedding.2.8.jpg


ケンジントン宮殿(Kensington Palace)は声明の中で、メーガンがクレアを選んだ理由について、「時代を超えてエレガントで審美的で完璧な仕立てと落ち着いた態度」と明かした。
メーガンは、ウェディングドレスのデザイナーとして、ラルフ&ルッソ(Ralph & Russo)を選んだ、と囁かれていたが、彼女は「英国を牽引する才能の成功を強調」したいと考えていた。

OKJ.Royal wedding.2.9.jpg


かつてフランスのファッションハウス、クロエ(Chloe)のクリエイティブ・ディレクターを務めていたクレアは、エディンバラ(Edinburgh)に本社を置くプリングル オブ スコットランド(Pringle of Scotland)のクリエイティブ・ヘッドを務めた。彼女は「クチュールを再び関連させる」と称賛され、今年の1月に開催された彼女にとって初めてのジバンシィのクチュール・コレクションは、広範囲に渡って絶賛された。
オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)は、ジバンシィの恋人であったが、クレアのセレブリティーのファンとしては、ソランジュ・ノウルズ(Solange Knowles)や女優のクレマンス・ポエジー(Clemence Poesy)がいる。

REPORT © LAURA HILLS AND LISA MARKS
ADDITIONAL REPORTING BY KIRSTY HATCHER AND CHRISSIE REEVES / OK! MAGAZINE
PHOTOS © Michael Dunlea / Express Syndication


END.
CATEGORYから記事を読む