@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

OK! レポート☆2018年最注目のロイヤルウェディング~サセックス公爵ヘンリー王子とサセックス公爵夫人メーガン~(前編)
現地時間5月19日、ウィンザー城 聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げた2人。

news 2018.05.23

OKJ.Royal wedding.1.1_0.jpg
現地時間5月19日、ウィンザー城 聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げ、サセックス公爵ヘンリー王子(写真右)とサセックス公爵夫人メーガンとなった2人。


OK! レポート☆2018年最注目のロイヤルウェディング!
サセックス公爵ヘンリー王子と同夫人、メーガンが友人、スター、王室メンバーの前で結婚!

サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)が昨年11月に婚約を発表して以降ロイヤルウェディングフィーバーは、イギリス国民を熱狂させてきたが、新婚夫婦が最初の公のキスをした時に、その興奮は全く新しいレベルに達した。

OKJ.Royal wedding.1.2_0.jpg


今回の結婚式でウェールズのヘンリー王子殿下(His Royal Highness Prince Henry of Wales)という正式呼称で呼ばれたハリーと、同じくレイチェル・メーガン・マークル(Rachel Meghan Markle)というフルネームで呼ばれたメーガンは、ウィンザー城 (Windsor Castle)内の聖ジョージ礼拝堂(St. George's Chapel)で、友人、家族、セレブリティーの前で結婚した。

礼拝堂の通路の端でメーガンを迎えた後、ハリーは花嫁の目を覗いて、「とても綺麗だよ。私はとても幸運です。」と言った。

OKJ.Royal wedding.1.3_0.jpg


メーガンが着用するウェディングドレスについての何ヵ月にも及ぶ憶測は、彼女が母親のドリア・ラグランド(Doria Ragland)と礼拝堂の通路を歩く数分前の午前11時50分に礼拝堂に到着した時に終わった。

歓声を上げる人々に手を振って微笑んだメーガンは、愛する人との結婚を控えて、落ち着いて幸せそうに見受けられた。メーガンはこの歴史的な日の為にジバンシィ(Givenchy)のイギリス人デザイナー、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)によるミニマルで洗練された純白のドレスを選んだ。このエレガントなガウンは、バトーネックが特徴で、花嫁の両肩を優雅に見せ、七分の袖が付いている。

OKJ.Royal wedding.1.4_0.jpg


OKJ.Royal wedding.1.5_0.jpg


1952年に設立されたファッションハウスの伝統に倣って、ドレスの純粋なラインは、メーガンの姿をフラットにする為に細心の注意を払って作られた六つの縫い目を使って達成された。

メーガンの要請で、クレアがデザインした5メートルの印象的なベールには、53の英連邦諸国を代表する花が刺繍されている。ケンジントン宮殿(Kensington Palace)は、この点について英王室の一員としての彼女の新しい役割の中で「英連邦の仕事を支援する」機会を与えられた事に対するメーガンの感謝の気持ちを表したものであると発表した。

OKJ.Royal wedding.1.6_0.jpg


絹糸とオーガンザを使って手作業で刺繍されたシルクチュールから作られた各花は、繊細でユニークなデザインを作り出す為に3次元で平らに加工された。スタイリッシュな作品は、チュールと糸を元の状態に保つ為に、その制作者は30分毎に手を洗って、制作に数百時間かかった。

メーガンは、自分が好きな花を二つ加えた。一つはロウバイでこれはヘンリー王子と共有しているノッティンガムコテージ(Nottingham Cottage)の家の前のケンジントン宮殿の敷地内に生えている。 そしてもう一つは彼女の出身地のアメリカ カリフォルニア州の州花のハナビシソウである。ベールの正面には、愛と慈善を象徴する小麦の収穫が刺繍されていた。

OKJ.Royal wedding.1.7_0.jpg


ウェディングドレスのデザインを依頼された事についてクレアは、「メーガン・マークルと素晴らしいコラボレーションをする機会を与えられた事は本当に名誉です。メーガンと個人的なレベルまで知り合う事が出来たのは、得難い経験でした。私は今後永遠にこの経験と共に歩む事でしょう。」と語った。

OKJ.Royal wedding.1.8_0.jpg


トップクラスのヘアスタイリストのサージ・ノーマント(Serge Normant)が彼女のブルネットの髪をエレガントなシニヨンに変えた。彼女を特徴付けている髪型の最新バージョンである。
彼女は緩やかな巻き毛で顔の輪郭を被おう事によって、彼女の表情が常にリラックスしているように見せた。
ファッション業界を牽引するヘアスタイリストの一人として、ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)やサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)と言った数多くのセレブリティー達と仕事をしている。また、ジョン・フリーダ(John Frieda)と共にニューヨークで二つのヘアサロンを所有している。

OKJ.Royal wedding.1.9_0.jpg


メーガンは、彼女の自然な美しさを強調させる為に、メイクアップを控えめにした。予想通り彼女は、メイクアップアーティストの友人であるダニエル・マーティン(Daniel Martin)を、彼女のブライダルルックを完成させる為に選んだ。メーガンは、2011年にテレビドラマ『SUITS/スーツ』(原題:Suits)に出演していた際にダニエルと初めて出会った。

REPORT © LAURA HILLS AND LISA MARKS
ADDITIONAL REPORTING BY KIRSTY HATCHER AND CHRISSIE REEVES / OK! MAGAZINE
PHOTOS © Michael Dunlea / Express Syndication


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む