face book twitter
close
open

OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

メーガン好みのセクシーなウェディング・ドレス!
今や巷では、5月19日のハリー王子とのウェディングに向けてメーガンが身に着けるウェディング・ドレスの話題で持ち切り!

news 2018.01.19

OKJ.Inbal Dror.The dress sketches1.jpg
イスラエル出身のデザイナー、インバル・ドロールによる初期の段階のファッション・スケッチ 1/3。


新しいファッション・スケッチからの推察によると、ローカット・ウェディング・ガウン(大きく胸の開いたウェディング・ドレス)の選択技もあるかと思われるメーガン・マークル(Meghan Markle)!

かつて披露された数々のロイヤル・ウェディングの中でも、最も関心の高い話題の1つは、ウェディング・ドレス!
そして今や巷では、現地時間の2018年5月19日、イギリスのウィンザー城(Windsor Castle)の聖ジョージ礼拝堂(St. George's Chapel)で取り仕切られる、英国のヘンリー・オブ・ウェールズ王子(Prince Henry of Wales, Henry Charles Albert David)(英語圏での通称:ハリー王子(Prince Harry)とのウェディングに向けて、メーガン(かつてのアメリカのTVドラマ『SUITS/スーツ』(原題:Suits)出演女優)が身に着けるウェディング・ドレスの話題で持ち切り!

果たして、メーガンは晴れの日の舞台に、どのデザイナー・ブランドを選んで、晴れの舞台を飾るのであろうか?

OKJ.Inbal Dror.The dress sketches2.jpgインバル・ドロールによる初期の段階のファッション・スケッチ 2/3。


そして、王室関係代表からの正式な要請を受け、イスラエル出身のデザイナー、インバル・ドロール(Inbal Dror)は、世紀の挙式に先立ち、既にいくつかのデザインを提案していると言う。

アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の専属デザイナー、サラ・バートン(Sarah Burton)の手による、控えめなレースのドレスに身を包んだキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人キャサリン:Catherine, Duchess of Cambridge)に反し、いくらか大胆で人目を惹くドレスを選ぶのではないかと言われるメーガン!

ある筋の話によると、その中の1つは、ボタン飾りのバック(背中)とフリル遣いで、ボディーラインを強調したドレスの提案! そして、そのスケッチには“メーガン・マークルへ、愛を込めて”と言うサインが入っているとか! 
更に、その他にも豪華なレース遣い、女性らしいウエストライン、胸元がVの字に大きく開いたドレスの選択もあるかもしれない。
又、インバルは既にビヨンセ(Beyoncé)をはじめ、ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)のウェディング・ドレスもデザインしている。そんな彼女をメーガン(36歳)が自身のドレス・デザイナーとして選んだとしても不思議な話ではない!

OKJ.Inbal Dror.The dress sketches3.jpgインバル・ドロールによる初期の段階のファッション・スケッチ 3/3。


ちなみにインバル・ウェディング・ドレスの市場価格は、約£7,000(約108万円)からとの事。
そして、大きく開いた胸元とマーメード・ラインのデザインで知られるインバルは、昨年のインタビューの中で自身のデザインについて次のように語っている。「美しいボディーラインを強調するセクシーなドレスが私のデザインの真骨頂なの!」

インバルの広報担当によると「ロイヤルファミリーからの依頼は届いたばかりで、詳細についてはまだ発表する時期ではありません。今はまだ本当に初期の段階で、完成したスケッチをお届けしたわけではありませんので。」と言う事である。

Text : © OK! Magazine
Images : © Inbal Dror Haute Couture / www.inbaldror.com


END.
CATEGORYから記事を読む