face book twitter
close
open




OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆カーラ・デルヴィーニュ(後編)
映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』(2018年日本公開予定)の撮影やリュック・ベッソン監督とのエピソードから作家活動と率直な自身の見解を語る。

news 2017.09.23

OKJ.CaraDelevingne.2.1_0.jpg
映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』(原題Valerian and the City of a Thousand Planets)(2018年日本公開予定)の撮影やリュック・ベッソン監督とのエピソードから作家活動と率直な自身の見解を語る、カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)。


━━『ヴァレリアン』は、文明を脅かす暗黒の力ですが、あなたも過去にハードルを克服したり、乾癬とうつ病という暗の部分を乗り越えてきました。 映画の役でその強さを伝えていますか?

ええ。俳優として、人生で経験した全ての事を使っていかなければならないの。役に入っている時は、役を作り上げるために、家族との問題や愛、悲しみなど、自分自身の中の必要な断片を取り、そうでない断片を捨てるわ。だから私の人生体験は、演技に繋がるの。

乾癬はかなりひどくて、撮影していた時にはうんざりしていた。とても健康的に生活して、毎日トレーニングもしていたし、その時に治療はしていなかったにも関わらず皮膚に乾癬が残っていたの。ビキニを着るシーンがあるから、それを取り除かなければならないというプレッシャーが悪化させたみたい。ビキニの撮影の前に1週間休みを取って、1人で出かけて自然に自分自身を溶け込ませたわ。そうしたら乾癬が無くなって、全てストレスに関わるものだったの。


━━ストレスを感じている時に、時間を取ることは重要ですか?

私は、ストレスが自分の仕事に影響を与えるのは好きではないけれど、そこらから避けようとすると、影響が出てくるの。 一歩引き、原因が何であるかを理解し、見つけることを学んだわ。

OKJ.CaraDelevingne.2.2_0.jpg


━━最近、『ミラー・ミラー』(原題:Mirror Mirror)という本を執筆していると発表しましたが、あなたの成長や人生について書かれているのですか?

私は、本を書きたいと思っていたの。『ゴー・アスク・アリス』(原題:Go Ask Alice)に感化されていて、日記をつける子供だったから、書く事はとても重要だったんだけれど、今の子供達は、ソーシャルメディアね。 私にとって日記はとても大切で、いつも自分がどのように感じたかを書き下ろし、本当に多くの話を作ったわ。私の夢だった事が実現してとても変な感じね。でも本の中には私の人生に基づいた事は何もないわ。


━━作家としての壁には苦しんでいますか?

100%、いつも苦しんでるわね。 どちらも終えていないの。試したり自分に書く事を強要すると書けなくなるのよ。本当に変よね。普通、物事は衝動的に起こるしそれを強制することは出来ないのよ。 私は音楽と詩も書いていて、それは異なったスタイルの文章ね。 飛行機でたくさん書くわ。 隔離される場所でとても感情的になるの。 とてもクリアになるのに、最近は残念ながら疲れていて強制的に眠らされる事が多いけれど、普段は飛行機で考えたり、書くことが好きよ。

OKJ.CaraDelevingne.2.3_0.jpg


━━映画の撮影中にも書きますか?

いいえ、残念ながら書かないわ。 もっと音楽を聴くかしら。 私は、メソッド式の俳優ではないけれど、役を演じる時に役を体から離すのが難しいと感じるの。でも、音楽はそうではないから好きよ。


━━『ヴァレリアン』では音楽を書きましたか?

ええ、映画音楽について多くのことを彼に話したわ。


━━『ヴァレリアン』での素晴らしい衣装については如何ですか?

衣装は、信じられないほど素晴らしかったわ。初日に初めて宇宙服を着た時は、金属のスーツをきたロボットのように見えて不思議だったけれど、快適に着られたし、軽くて、それに光で覆われていたの。リュックのスタイルや彼と一緒に仕事をしているオリヴィエ(Olivier)は完璧よ。彼らは、本当に多くの時代や場所から世界を描き出していて、空間を、折衷的な驚くべきスタイルに作り上げるの。誰も彼の真似は出来ないわね。

OKJ.CaraDelevingne.2.4_0.jpg


━━ロールモデルであることが重要だと話していましたが、それが重くのしかかったりもしますか? 現実離れしたものですか?

ええ。子供の頃は、非常に孤独を感じていたし、何を目標にしたら良いのか正確には分からなかったから、クレイジーよね。だから、子供達から私が夢を達成する何かの助けになったと言われたり、誰かがその人である為の助けになれるのは最高に素晴らしい事だと思うわ。


━━あなたは花形として評判を得ていますが、今その座を得る必要がありますか?

大切なのは、私は人間だという事で、私は私だし、完璧な人間になりすましててもいない。欠陥もあるし、誰もがそうよね。だから私も努力して、自分の人生に正直であろうと思うし、皆もそうでないといけない。私が子供達に伝えたいのは、自分の夢を追いたいならば、熱心に働かなければならないと言うこと。 ティーンエイジャーとして、私は今まで何かが出来るとは思っていなかったから、これは私の可能性でもあるし、子供達にも彼らだって出来ると思って欲しいの。


━━幼少時からの孤独は今も続いていますか?

もちろんそんな事はないわ。間違いなくね。 私は自分の夢を生きていて、それは世界で最もクレイジーなことだけれど、思い出があるもの。私の一部であり、私をより強くして、 私を私らしくさせてくれるのよ。

Interview © Stacey Lane / Famous
Photos © Steve Wood & Toby Hancock / N&S Syndication


END.
CATEGORYから記事を読む