face book twitter
close
open








NEWS
NEWS

前の記事
次の記事

「Forbes JAPAN」が、鹿島神宮カードの特集記事を掲載。
公式ブロガー、マルチプロデューサーのレーサー鹿島が聞き手を担当

NEWS 2017.06.01

170601_01_1.jpg

世界37か国、700万人が愛読する経済紙の日本版「Forbes JAPAN」Webサイトに、「鹿島神宮カード」の記事が掲載されました。「OK! JAPAN」オフィシャルブロガーでマルチプロデューサーのレーサー鹿島が聞き手をつとめ、通常、メディアに直接語ることのない鹿島神宮の鹿島則良宮司が、年会費やポイントが寄付される神社初のカードの成り立ちから、鹿島神宮が古くから日本のリーダーたちに崇敬されてきた真の理由を語っています。

170601_01_2.jpg

「鹿島神宮カード」は今年1月に発行され、年会費やポイントが自動的に鹿島神宮に寄付される仕組みで、12年に一度の式年大祭御船祭の斎行や文化財の保護継承に使われます。会員は寄付を通じて鹿島の神様への感謝の念を表し、一方で神様からエネルギーを授かり、カードを携帯することで常に見守られている気持ちになるという全く新しいWin-Winの関係が築かれます。

「Forbes JAPAN」Webサイト記事
https://forbesjapan.com/articles/detail/16336/1/1/1

CATEGORYから記事を読む