@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆ジョディ・キッド:“初めてランウェイを歩いている途中、緊張で失神しそうになったわ!”(後編)
元モデル、そしてレーシングドライバーのジョディ・キッド。そのジョディが、キャットウォークの緊張とパブ経営の経験について語るOK! インタビュー!

limited 2020.01.06

OKJ.Jodie Kidd.2.1.jpg
元モデル、そしてレーシングドライバーのジョディ・キッド(Jodie Kidd)がキャットウォークの緊張とパブ経営の経験について語るOK! インタビュー!


━━若い頃から周囲の人たちから常に注目を集めるという経験をする中で、どのように自分自身を平常に保つことができたのでしょうか?

正直言って、当時のことを振り返ると、自分でも自分の身に何が起きているのか、はっきりと把握できていなかったような気がするわ。
周囲の人たちからはドラッグ中毒とか拒食症とかいう噂を流されたりしたけれど、もちろんそれはまったくのデマで、今でも忘れられないのは、スーパーマーケットで、通りすがりの人から「あなたが私の友人の娘をドラッグで病気にしたのよ!」と中傷されたときのこと!
そのときは私に非難の言葉を投げてきた人に腹を立てる前に、例えそれが私の責任ではないにしても、誰かが苦しんでいるかもしれないと思うだけで心が痛んだことを覚えているわ。

とにかく、あの当時は心身ともに本当にひどい状態だったの。睡眠をとることができない上に、不安症のためにアドレナリンが出過ぎて食欲がない状態が続いて、あの頃はいつもボーっとして覇気(はき)がないジョディだったと思うわ。


━━不安症にかかったとき、専門家に診てもらったりしましたか?

最初は、交感神経薬のβブロッカーを与えられて、薬を茶色の紙袋に入れて、そこから息を吸い込むように言われたわ。でも、指示に従ってその通りにしてみたけれど、まったく効果がなかったの。その後、ミラノで開催されたコレクションのランウェイで半分位歩いたところでパニック状態に陥ってしまったの。
そしてその時はなぜか迷うことなくバックステージに戻って自分の洋服に着替えて、そのまま飛行機に飛び乗ってしまったの。そして、それから20年の間、ランウェイを歩くことはなかったというわけ!

とにかく、自分の人生を悲惨な状態にしてしまった後、何とかそこから自力で立ち直らなければならなかったの。
だから田舎に移り住んで、改めて乗馬を始め、きちんとした食生活を心掛け、毎日ただ歩いたり走ったりしという運動を繰り返しながら、完全にライフスタイルを変えるようにしたの。
そして、そういう生活を続けている間に、少しずつ体調が元の状態に戻ってきたのよ。いずれにしても、セラピーは私の助けにはならないと思っていたから、セラピストに診てもらったことは全くないの。

OKJ.Jodie Kidd.2.2.jpg


━━今でも、同様の痛みを感じたりするのでしょうか?

今は心身ともに全く正常の状態に戻って、死と直面するような状態から卒業したと、はっきり言いきれるわ。
でも、もしまたビッグメゾンのショーで歩くような生活に戻ったら不安症が戻ってくるかもしれないと思うから、ショーとの関りは避けるようにして、チャレンジはレーシングのような冒険だけにとどめようと心の中で決めたというわけなの。


━━あなたのモデル時代にソーシャルメディアがまだなかったことが功を奏していると思いますか?

良い面と悪い面の両方があると思うわ。というのも、いつもあまり多くを語って目立つようなことはしない方が良いという忠告を受けていたのだけれど、でも自分の言い分を伝えて、拒食症といういわれのないレッテルについて答えていたら、実際にはもっと早くに自分の症状が不安症だということが分かっていたかも知れない。
でも、周りの人たちが私の言うことに耳を傾けてくれなければ、ただ単に意地の悪いコメントだけで終わっていたのかもしれないわ。


━━昨年(2019年)2月に20年ぶりにコレクションでキャットウォークを経験したときのお気持ちはいかがでしたか?

ヴィン+オミ(Vin + Omi)のオープンに際して何らかの形で協力することができて、とても光栄に思っているわ。というのも、たくさんのホームレスの人たちにテームズ川に落ちているプラスチックボトルを拾ってもらって、それに対して報酬を支払い、そしてドレスも作るという社会貢献の精神に個人的に賛同したからなの。もちろん、最初は緊張したけれど、現場には漲るようなエネルギーが溢れて、私がかつてなぜファションの世界に魅かれていたのか改めて再認識させてもらったわ。


━━#Me Tooの動きがモデル業界に与えた影響についてはいかがでしょうか?

ファッション業界ではほとんどの男性デザイナーはゲイなの。だから、この業界にはハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)はいないというわけ! 多分、ファッション業界は女性の方が高給取りという、唯一の業界なのではないかしら?


━━ケイト・モス(Kate Moss)やナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)たちと一緒に仕事をした経験について少しお話ししていただけますか?

コンコルドでニューヨークに行き来したりして、90年代は本当に素晴らしい時代だったと思うわ。とにかく、とても楽しかった! その素晴らしい時代を経験することができて、その上今こうして生き抜いて頑張っていることをありがたいと思うだけではなく、誇りに思っているわ。

OKJ.Jodie Kidd.2.3.jpg
写真左から:ジョディとボーイフレンドのジョセフ・べイツ(Joseph Bates)。


━━2018年のお誕生日で40歳になられたということですが、そのことについてのご感想はいかがですか?

若い頃は全てをドラマチックに考えてしまっていたけれど、今はもっと冷静に落ち着いて物事を捉えることができていると思うわ。もし何か問題に直面しても、今までの経験で何とか乗り越えることができると思うわ。
それに母親になったことがいちばん大きいし、私の人生の中で、これ以上素晴らしい出来事はないと思っているの。インディオは優しくて礼儀正しくて、私が心から愛してやまない男の子なの!


━━『トップ・ギア』(Top Gear: イギリスBBCで放映されている自動車番組)には出演しないと決めているそうですが、将来についてはいかがですか?

車は私にとってパッション(情熱)の塊のような存在なの。私がちょうど24歳のときに「GQアワード」(GQ Award)授賞式でジェレミー・クラークソン(Jeremy Clarkson)に会ったのだけれど、そのときの彼のセリフは「ああ、君があの噂のカーマニアの女性なのか?」だったわ。
そのあと、『トップ・ギア』主催のレースに招待してくれたのだけれど、そこで皆に打ち勝って優勝したおかげで、何とこの私に臨時の暫定的なレーシング・ライセンスを与えてくれたというわけなの。そしてFormula 1 ドライバーになるための訓練を受けて、マセラティ(Maserati S.p.A.:イタリアに本社を置く高級スポーツカーメーカー)のレースを5年間続けたのだけれど、レーシングは極めてメンタルなゲームなの。


━━ジョセフ(ボーイフレンドのジョセフ・べイツ)との関係について聞かせていただけますか?

彼はミリタリーの訓練を受けていて、まじめでしっかりとした素晴らしくイカした男性よ! ジョセフは私のとんでもないハチャメチャな人生に素晴らしい静けさをもたらして、中庸な場所に収めてくれるの。
ミリタリーの資金集めチャリティーイベントで出会って、そのとき、私がハリケーン・イルマ(Irma)の救済のため一緒にドミニカに行ってくれないかと誘ったのがきっかけで、それ以来ずっとお付き合いをしているの。


━━将来は彼と再婚することも考えているのでしょうか?

さあ、先のことは誰にも分からないわ! ただ、彼と一緒にいると全く違和感がなく、本当に幸せで、自分が強くいられるような気がするの。ジョー(ジョセフのニックネーム)とインディオもお互いに相性が合うようで、とても良い関係を築いているわ。
離婚して以来、今まで決して再婚を遠ざけてきていたわけではないけれど、でもやはり避けるようにするべきなのかしら?(笑)
過去に何回か傷ついた経験を背負っているし、慎重になっていることは確かだけれど、でもまだ“愛することを愛する”女性であることを忘れたくはないわ。

INTERVIEW BY JOSIE COPSON
MAIN PHOTO BY VINCENT DOLMAN / OK! MAGAZINE
PHOTOS © Phil Lewis / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む