@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

エド・シーラン:「もう自分ができると思っていた以上のことは達成したよ」(後編)
チャートトップの座を再び手にし、音楽業界を席巻するエド・シーランにOK! が迫る。

limited 2019.10.31

OKJ.Ed Sheeran.2.1.jpg
現地時間8月26日にイギリスのイプスウィッチでワールドツアーの最終日を迎え、これから長期休業に入ることを明らかにしたエド・シーラン(Ed Sheeran)。


チェリー・シーボーン(Cherry Seaborn)とエドの2人の出会いはトーマス・ミルズ高校(Thomas Mills High School)だった。しかしエドは16歳にときに音楽のキャリアを積むため退学し、チェリーは最終的に勉強のためノース・カロライナ(North Carolina)へ移っている。

そしてエドが2015年にスポットライトからしばらく離れた頃に、エドがチェリーを訪れたことで2人は再会する。
その後のことについては“歴史だ”と話すエド。交際し始めたときの頃についてエドは「あのときに初めて自分がきちんと恋に落ちる時間を持ったんだ。」と話している。

2018年、2人インスタグラム上で婚約を発表し、12月には近親者のみによるセレモニーで結婚をしたとされている。また、今年の夏の終りには、結婚を祝う大規模なパーティーが行われると囁かれていた。ちなみに、エドが最近アメリカの歌手イエバ(Yebba)とコラボレーションをした『ベスト・パート・オブ・ミー』(Best Part Of Me)で、チェリーはいまだにエドのミューズとなっている。

この曲の背景についてエドはこう説明する。
「僕は毎日チェリーと目を覚まして、その度になんで君が僕と一緒にいてくれてるの?って思うんだ。君が一緒にいたいと思う人と誰とでも一緒になれるのに、なぜ僕を選んでくれたの?ってね。」

OKJ.Ed Sheeran.2.2.jpg


報道によれば、エドは今年、サフォークの家に隣接する2つの物件を購入するために400万ポンド(約5億3,200万)を費やしたとされており、さらに隣人からの騒音に対する苦情を防ぐため、ノッティングヒル(Notting Hill)のレストランの上にあるフラットも同様に購入したという。

彼の収めた成功は誰もが認めるにも関わらず、セレブリティーとして浴びるスポットライトはスターにとって落とし穴にもなり、“毎日”社会不安にさいなまれていると告白したエドは「大きなグループの中にいるのが好きじゃないんだ。皮肉なことだけど、きっと数千人の観客の前でショーをしているからだろうね。閉所恐怖症になるし、多くの人に囲まれるのが好きじゃない。大勢に向かって話すことには問題がないんだけどね。でも皆に撮影されたり、ジロジロと見られるのが得意じゃないんだ。不思議な気持ちになるのさ。」と説明する。

ミュージシャンとしての人生と、プライベートのバランスを常に取ろうとしているエドだが、彼は自身のファミリーライフが仕事にとって代わる日も遠くないことを予感させている。
かつて彼は「僕の野望は、子供を持ってすぐにゼロになることだ。」そしてまた「子供を持って、“良い父親になりたい”って自分の夢がシフトすることは良く理解できる。」とも話している。

“ミニ・エド“に会う日は待ちきれないものの、エドがギターを一生手放すようなことはないように祈るのみだ!

FEATURE BY ELLEN TYLDESLEY
PHOTOS © John Rainford / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む