@okj_webmagazine face book twitter
close
open








OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆ブレイク・ライブリー:『シンプル・フェイバー』:“この映画はスリラーだけれど、同時に限界を超えた喜劇でもあるの”(後編)
「私たちが上手くやれることがすぐに分かった」と共演のアナ・ケンドリックと絆を深めたブレイク。

limited 2019.03.07

OKJ.Blake Lively.2.1.jpg
新作のミステリーサスペンス映画『シンプル・フェイバー』(日本公開:2019年3月8日)で共演のアナ・ケンドリック(Anna Kendrick)について「2人のシーンを撮影し始めたら、私たちが上手くやれることがすぐに分かった」と語る、(写真)ブレイク・ライブリー(Blake Lively)。


━━あなたかご主人(映画スターでもあるライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds))のどちらかが映画撮影をしている際には、子供たちの世話をサポートしてくれる人はいるのですか?

ええ。本当に友人のような素晴らしい家族がいるの。私には4人の兄弟(兄姉)がいて、ライアンには3人いるわ。数ヶ月前、長い週末があったから私たちの親戚22人を(ニューヨーク州ベッドフォードの)私たちの家に招待したの。家族が大勢集まってクレイジーな状態が大好き。自分自身大きな家族に囲まれて成長したけれど、今の自分の人生はより充実していると感じるわ。


━━有名人として、必然的にプライバシーが無くなることにストレスを感じることはありますか?

自分の人生が公にさらされるのは健康的ではないから、私たちはプライベートを非常に大切にしているわ。家にいるときは他のカップルと同じように、子供と遊んだり、料理をしたり、家族や友人を招いたりして楽しんでいるの。

それに、公の場にいるときには生活を分けるようにもしているわ。時々お互いの(映画の)プレミアに出席することもあるけれど、私たちが映画以上に注目されるのを避けるために、あまり出席はしないようにしているの。ソーシャルメディアでお互いに冗談を言い合うみたいに、とにかくハリウッドのカップルにとっては出来る事がたくさんあるもの。ただ一般的には、自分の人生を公にするのは健康的ではないわね。

OKJ.Blake Lively.2.2.jpg
写真左から:ブレイクと共演のアナ・ケンドリック。


━━あなたはとてもハッピーで楽観的な人であることは知られていますが、それは自然に備わったものですか?

おそらく母から受け継いだのね。彼女はいつもどんなに悪いことが起こってもポジティブな面に目を向けるのが好きなの。もちろんハッピーではない日もあるし、明るい面を見ることができない日もあるけれど、私は大抵自分で変えることのできないものに執着するのは避けようとするわ。むしろ前進して、新しいことを試して、家族と一緒に家で自分の時間を楽しもうとするの。


━━あなたが料理の愛好家で、パンを焼くことでは専門家だということは知っています。それ以外に何か挑戦したいことはありますか?

常にスポーツをするのは好きだったわね。ライアンも屋外で過ごすのが大好きで、ブリティッシュコロンビア州の森にキャンプに行ったことがあるわ(ライアンはブリティッシュコロンビア州のバンクーバーで育っている)。彼が火を焚いて、私は料理を担当するの。


━━あなたはサーフィンもしていますよね。数年前の映画『ロスト・バケーション』(原題:The Shallows)でのあなたが演じた役で、サーフィンへの愛は再燃しましたか?

サーフィンは楽しいけれど、皆が思っているほど全然上手くないのよ。映画の中で分かるようにサーフィンのシーンをいくつかをやったけれど、ジュニアサーフィンの世界チャンピオンが私のためにシーンのほとんどをこなしてくれたわ。私の母からは、絶対にそのことは言わずに、皆には私がやったって信じさせなさいって言われているけどね!(笑)

OKJ.Blake Lively.2.3.jpg
写真左から:映画スターで夫のライアン・レイノルズとブレイク。


━━あなたは俳優一家で育ちましたが、自然に俳優業に魅力を感じ始めたのですか?

いいえ、実際に皆が俳優をしている家族で育つと、たった一つの世界を中心に生活している家族と同じように、彼らに従うか、もしくは自分の道に進みたいと思うの。私は家族の職業で定義されることは望まないと心に決めたから、自分で別の道を探したかった。

それに私はとてもシャイだったし、演技を追求したいと思っていたとしたら最高の状態ではなかったわね。試してみようと決心したのは十代後半のときよ。『ゴシップガール』(原題:Gossip Girl)の話がきて、ニューヨークに移らなければならなくて、それが私の人生を変えたわね。


━━突然ニューヨークに住み、『ゴシップガール』のような非常に人気のあるシリーズの一員として働くことはどのように感じていましたか?

(笑)全く新しい世界だった。親元やロサンゼルスの家から遠く離れたのは初めてだったの。まだ19歳だったけれど、ニューヨークのような都市に住み始めると、とても早く成長することになるの。

大人になる方法を学び、自分の仕事に対して非常にプロフェッショナルであり、外の世界に対して正しい方法で対処する方法を知る、猛スピードのコースにいるように感じたわ。今の私は、親になることや、家族の世話をすること、そして自分のキャリアを全て同時に管理することの意味について、同じような種類の特訓コースを走っているように感じているわ。でも、自分の人生には満足しているの。


━━ライアンとの人生はどのように変わりましたか?

ライアンは、私はとても強くて独立心があると思わせてくれるの。彼は偉大な精神を持っている人で、とても深遠でとても気軽な、健康的な関係を築いているわ。それに、どんな良いパートナーシップの基礎でもある、お互いを信頼する心やと尊敬する心を持っているのよ。

INTERVIEW © WENN
PHOTO © Lia Toby / WENN.com
PHOTO © WENN.com
PHOTO © Ivan Nikolov / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む