@okj_webmagazine face book twitter
close
open








OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆ジェイミー・ドーナン: 映画『ロビン・フッド』、『原題:ア・プライベート・ウォー』: “俳優として自分の作品を楽しんでもらいたい”(前編)
映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のクリスチャン・グレイ役のイメージから一早く脱し、観客に自分の新たな一面を見せようとしている、ジェイミー。

limited 2019.02.22

OKJ.Jamie Dornan.1.1.jpg
映画『ロビン・フッド』(アメリカ公開:2018年11月21日)ではロビン・フッドの異母兄弟であるウィル・スカーレット役、映画『(原題:ア・プライベート・ウォー』(アメリカ公開:2018年11月2日)ではイギリス人フォトジャーナリスト、ポール・コンロイ役を演じ、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(日本公開:2015年2月13日)のクリスチャン・グレイ役のイメージから一早く脱し、観客に自分の新たな一面を見せようとしている、ジェイミー。


ジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)は、自分の分身ともいえる、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(原題:Fifty Shades of Grey)(日本公開: 2015年2月13日)のクリスチャン・グレイ(Christian Grey)役のイメージから一早く脱し、観客に自分の新たな一面を見せようとしている。
北アイルランド出身で、(いまだにやや強めの魅力的な故郷のアクセントで話す)ハンサムな36歳の彼は、現在、自身のスクリーンでのイメージを再定義することとなる二つの全く異なるプロジェクトに着手している。

まずは、これまでエロール・フリン(Errol Flynn)が華麗に、ケビン・コスナー(Kevin Costner)が恐ろしいほどひどく、そしてラッセル・クロウ(Russell Crowe)は哀れに演じてきた、シャーウッドの森(Sherwood Forest)にまつわる名作冒険物語のリメイク、最新版『ロビン・フッド』(原題:Robin Hood)(アメリカ公開:2018年11月21日)だ。
ただし、ジェイミーはロビン・フッドではなく、彼の異母兄弟であるウィル・スカーレット(Will Scarlet)を演じ、タロン・エガートン(Taron Egerton)が反乱軍団の指導者のロビン・フッド役を、そしてリトル・ジョン(Little John)役にはジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)がキャスティングされている。

そのキャスティングだけではなく、昔から知られる物語をリメイクすることに疑問を呈する人も中にはいるかもしれないが、ジェイミーは観客を引き付けるための唯一の方法は、物語に根本的なイノベーションをもたらすことだと考えている。
(インタビュー当時)クールかつリラックスした様子でヒゲをたくわえ、グレーのセーターに黒いズボンといういでたちのジェイミーが、『ロビン・フッド』について熱狂的に語ってくれた。

OKJ.Jamie Dornan.1.2.jpg


「エキサイティングな作品で、皆に見てもらえることがとても嬉しいよ」と話すジェイミー。
「皆のイメージを覆して、それまでにやっていないことをしない限り、作品を作ることに意味はないよ。製作に関与する機会が得られたことはエキサイティングだったし、本当に素晴らしいキャストの中でアンサンブルキャストの一人になるというのはとても光栄なことだったね。」

さらに、ジェイミーは、勇敢な戦場ジャーナリストのメリー・コルヴィン(Marie Colvin)(ロザムンド・パイク:Rosamund Pikeが演じた)の生涯についてのバイオグラフィー、映画『(原題:ア・プライベート・ウォー』(A Private War)(アメリカ公開: 2018年11月2日)にも出演。彼はメリーの親友のイギリス人フォトジャーナリスト、ポール・コンロイ(Paul Conroy)を演じている。

そして最後にジェイミーは、2016年に公開され、圧倒的人気を誇るディズニーのオリジナルコミック映画の続編となる『トロールズ2』(原題:Trolls World Tour)で、主要キャラクターの一人の声優を務めることも明らかにしてくれた。

ジェイミー・ドーナンは女優のアメリア・ワーナー(Amelia Warner)と結婚しており、彼らには5 歳のダルシー(Dulcie)と2月で3歳になるエルヴァ(Elva)の2人の娘がいる。


━━ジェイミー、復活した『ロビン・フッド』最新作の違いは何ですか?

予想を裏切るものだよ。従来のロビン・フッド映画の確立されたストーリーとは違った方向に進んでいって、これまでの作品で自分が分かっていると思うほど多くのキャラクターを知らないという感覚になると思う。
アクションも多いし、テストステロンが高まるような映画で、個人的にはそこが注目を浴びていると思うよ。

OKJ.Jamie Dornan.1.3.jpg
現地時間2018年10月20日、イギリス・ロンドンで開催された第62回BFIロンドン映画祭の一環として『原題:ア・プライベート・ウォー』のプレミアに登場した、(写真左から)ジェイミーとジェイミーの妻であり女優のアメリア・ワーナー。


━━あなたが演じるウィル・スカーレットは、ストーリーが発展するにつれて良い男ではないということが分かり多くの観客は驚くでしょうか?

それこそがクールな部分だと思うし、それこそが僕が脚本を読んで感じたことだよ。ストーリーの始めでは、彼は本質的に良い人間だと思う。彼は人々のために正しいことをしようとしていると思うし、非常に賞賛もされている。
ただ物語の中で何かが起こり、一線を越えてしまって、ロビンとマリアンとの間の愛の三角形によって、僕たちが最初に彼と出会った場所からは全く分からないような場所に彼はたどり着くんだ。


━━ウィル・スカーレットは非常に激しい斧での戦いを繰り広げますが、その撮影にまつわる話はありますか?

とても要求の厳しいシーンだったね。僕はそのシーンのためにかなり集中的に準備をしていたんだ。準備を整えるために体力トレーニングをたくさん行ったよ。残念なことに、戦いのシーンの多くは最終的にカットされてしまったけれど、注目すべき点はたくさんあるよ。
そのシーンの撮影は本当に疲れたね。僕たちは夜にその撮影をしたから余計に難しかったけれど、正直言って、僕はそういう身体を使ったことが大好きなんだ。


━━ロビン・フッドを演じているタロン・エガートンとは仲良くなりましたか?

とても良い友達になったよ。撮影が終わった後も連絡を取り合っているし、いまだに定期的に話をしいているよ。この映画の仕事を始める前から、僕はタロンの大ファンだったんだ。
すぐに打ち解けられたし、数ヶ月間一緒に働くことになるわけだから、その方がいつだって気持ちが良いよね。タロンはエネルギーに満ち溢れていて、頭にくるくらいのカリスマ性を持ってるよ!(笑)


━━新しいトロールの映画の主要キャラクターの1人の声優を務めることも明らかになりましたね(2020年にリリース予定)。

これまで自分のキャリアの中で、子供たちが見ることができるような作品にはそれほど出ていなかったし、僕はそれがとても気になっていたんだ。今、子供たちはトロールに夢中になっている時期だから、2作目に出させてもらうよう頼んだら実現したのさ。

INTERVIEW © WENN
PHOTOS © Lia Toby / WENN.com
PHOTO © FayesVision / WENN.com


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む