@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆エディ・レッドメイン: 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』:“もっと深い形でキャラクターの心理に入り込むものだよ”(後編)
主人公ニュートを演じるカメレオン俳優 エディが語る、J.K.ローリングの世界。

limited 2018.12.14

OKJ.Eddie Redmayne.2.1.jpg
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で主人公ニュートを演じるカメレオン俳優 エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)が語る、J.K.ローリングの世界。


━━この映画でニュートはアルバス・ダンブルドアとチームを組んでいます。なぜ今ダンブルドアはそれほどまでにニュートを信頼したのでしょうか?

ダンブルドーはいつも共感と寛大さという、ニュートの中に他とは違う何かを見てきた。 でも他の教師は彼の中にあるそういった要素に気付かなかったのさ。これは常に自分も興味を持っていたことだけれど、ここで起きていることは、 学生のときに先生を特定の見方で見るようなものだよ。

そして卒業して大人になった後、彼らをファーストネームで呼ぶようになり、彼らとの関係性が変わる。でも、先生への尊敬の気持ちは常にそこにあって、それが映画でも描かれている。それはまた、彼らの間で新たな類の変化に対応するときに、ある種の挑戦を生むんだ。でもダンブルドアには強い信念があって、ニュートを本当に信頼している。それでグリンデルバルドを追跡する助けとしてニュートを入団させたんだ。


━━ジュード・ロウと一緒に仕事をするのはどうでしたか?

ジュードは、本当に真面目で実力のある、とてもとても恐るべき俳優だけれど、同時にある種の遊び心も持っているんだ。僕たちの最初のシーンは一生忘れないよ。撮影でお互いに会うのは初めてだったけれど、そのとき基本的に僕はちょうど彼の背中を見ていた。

そして一瞬だったけれど彼がこちらを向く仕草。一目という感じだけれど、彼はダンブルドアだった。ダンブルドアに特に何かを期待していたわけではなかったけれど、どういうわけか一目見て確信したよ…。

彼は恐らくファンからの期待の重さを感じていた。でもセットではそれに軽々と応えてみせた。彼は役柄にピッタリだと思ったし、彼と演じるのはとても楽しかったよ。


OKJ.Eddie Redmayne.2.2.jpg
写真左から:PRエグゼクティブで、エディの妻であるハンナ・バグショー(Hannah Bagshawe)とエディ。


━━J.K.ローリングは『ファンタスティック・ビースト』の映画の中でこの特別な世界を作り出しました。実際の生活に適用できるようなメッセージは含まれていますか?

ジョー(ローリング)は21世紀において最も想像性豊かな心を持っている一人だよね。偉大な芸術家は、僕らがそれらを感じる以前に、社会で起きていることを非常に敏感に捉えるアンテナを持っているんだ。彼女がこの脚本を書いたのは3年前だけれど、僕たちが今立っている場所を鏡で映しているようでしょ。それと同時に、彼女は僕らの歴史と、僕らは歴史を繰り返すということを思い出させてくれている。

僕がジョーを大好きな理由は、現実の世界がどのように進化しているのかを知覚する能力があるから。『ファンタスティック・ビースト』は、想像上の過去について語っているけれど、僕たちが知っていることとか、今目の前で起きていることと非常によく似ている。ジョー・ローリングは、僕たち自身の脳を使ってその理由を推論するように仕向けているのさ。


━━黒い魔法使いの誕生は、『ファンタスティック・ビースト』の映画5部作のうちのわずか2作目です。将来、話はどこに向かうと思いますか?

1作目を撮る前に僕はジョーと長い話し合いをしたんだ。ジョーは彼女自身の心の中に完璧に完成した世界を持っているから、僕がもっと知りたいと思うことがあれば、知る必要があることは必ず徹底的に説明してくれる。でも、話の展開については他の人たちと一緒にキャストを驚かせるんだ。僕はそれが好きだね!

OKJ.Eddie Redmayne.2.3.jpg


━━あなたは2人の子供の父親ですね。1作目の『ファンタスティック・ビースト』や新作のシーンの一部を娘さんのアイリスにすでに見せましたか?

(笑) 彼女はまだ小さすぎるね。彼女に(黒い魔法使いの誕生の)予告編を見せたけれど、あまり気にしていなかったよ。彼女はテレビとか、その他のデバイスで何かを見るのが好きじゃないんだ。
最近ハンナがアイリスと一緒にアメリカ行ったから、フライト中に彼女の気が散るようにアイリスにiPadで何かを見るのに慣れさせようと思っていたけれど、残念ながらその計画はうまくいかなかったね!(笑)


━━あなたは過去5年間で驚異的な成功を収めました。どこへ行っても認められるように適応しなければなりませんでしたか?

(笑) まだ自分が有名になるという考えには慣れないけれど、文句を言うつもりはないし、とても幸運だと感じているよ。

僕にとって初めての息子のルークが誕生した3日後、彼は一晩中眠ることができなくて、僕は一晩中彼と一緒に過ごしたんだ。そして、翌朝早くに眠ろうとしていたまさにそのときに、(宇宙物理学者の)スティーヴン・ホーキングの訃報のニュースが流れたのさ。

僕は映画で彼を演じたから、ジャーナリストから彼の死についてコメントするようにたくさん電話を受けることは分かっていた。だから何を話そうか考え始めたんだ。そんなことが自分の頭の中でいろいろと起きている間に、ドアベルが鳴ったんだよ。僕は立ち上がってドアを開けて、外に置いてあった荷物を受け取るために半分裸で外に出て行った。

もちろん、そのときの様子は写真に撮られたよ。その後間もなくして、その写真が全てインターネット上に出回った。「エディ・レッドメインはスティーヴン・ホーキングの死によるショックから靴も履かずにロンドンを歩いている。」ってキャプション付きでね。そういうことには絶対慣れない!

INTERVIEW © WENN
PHOTOS © Sean Thorton / WENN.com
PHOTO © Dyd Fotografos / Future Image / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む