@okj_webmagazine face book twitter
close
open




OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆ミリー・マッキントッシュ: “結婚生活は最高よ !”(前編)
“ヒューゴ・テイラーとの新婚生活”や“ニキビ騒動”について語る、“メイド・イン・チェルシー”のスターが明かす胸のうち!

limited 2018.10.09

OKJ.Millie Mackintosh.1.1.jpg
“ヒューゴ・テイラーとの新婚生活”や“ニキビ騒動”について語る、“メイド・イン・チェルシー”のスター、ミリー・マッキントッシュ。


つい最近ヒューゴ・テイラー(Hugo Taylor)(32歳)と結婚し、その後も息つく間もなくブーツ(Boots:イギリスのドラッグストアチェーン)とのタイアップで新作コレクションを発表した、新婚ホヤホヤのミリー・マッキントッシュ(Millie Mackintosh)(29歳)!

「結婚生活」「ヴォーグ・ウィリアムズ(Vogue Williams)とスペンサー・マシューズ(Spencer Matthews)との間に生まれたベイビー、セオドア(Theodore)との出会い」「結婚後のニキビ騒動」などについて、かつての“メイド・イン・チェルシー(Made In Chelsea:イギリスのリアリティ番組)”のスターが明かす胸のうち!


━━ブーツとのタイアップ企画で紹介された新作ビューティー・コレクションについて教えていただけませんか?

“各色揃ったカラー・シャドウ”、“アイブロウ・セット”、“リップ・キット(リップ・ライナーとリップ・グロスのセット)”、“ブロンザーとハイライターのセット”など、自分自身が毎日使う、選りすぐりのメイクアップ必需品をメイクアップ・バッグの中に揃えたというのが今回の新作コレクションなの。


━━新作コレクションに込められたあなたのインスピレーションについて少し触れていただけますか?

とにかく、全ての商品が使い勝手が良くて、ボディケア商品もメイクアップ・バッグの中に取りそろえた、去年のコレクションと同じ企画のものなの。再利用ができて、贈り物にも最適だと思うわ。


━━ところで、つい最近ご結婚なさったということですが、おめでとうございます。お二人の新婚生活について少しお話しを聞かせていただけますか?

最高の気分よ! まだ引っ越しをしたばかりなので、一から十まで、最初から作業を始めている最中なの。でも、どんなに忙しくても二人で居心地の良い新居を築くというプロセスを楽しんでいるわ。とにかく、二人だけで家の中で時間を過ごしていると、心から安心してくつろぐことができるし、愛する人に守られているという実感があって、とても自然で幸せな気持ちよ!

OKJ.Millie Mackintosh.1.2.jpg


━━ご自身のウェディングメイクはどのように決められたのでしょうか?

実は、ここ数年ずっとサラ・レイゲイト(Sarah Reygate)と一緒に仕事をしていて、頭の中では最初から彼女に任せると決めていたの。彼女は私の好みを熟知しているし、二人とも“自然な輝きを放つ、美しい素肌”を演出したいという点で一致していたというわけなの。


━━結婚式では感動の涙を流したりしたのでしょうか?

それが最初のころは、ほとんど涙が出てくるシーンはなかったのだけれど、スピーチを聴いているうちに自然に涙腺がゆるくなって、涙を抑えることができなくなってしまったの。


━━かつての“メイド・イン・チェルシー”の出演者たちは、皆それぞれ結婚や出産という経験を通して成長なさっているようですが、いまでもお互いに連絡を取り合ったりしているのでしょうか?

本当に皆成長して、それぞれの道を歩んでいることは確かよ! ロージー・フォーテスキュー(Rosie Fortescue)とは今でもよく話しをするし、カギ―・ダンロップ(Caggie Dunlop)やオリー・プロアドロック(Ollie Proudlock)、それについ最近子供が産まれたばかりのスペンサー・マシューズとは今でも仲の良い友人付き合いをしているわ。


━━セオドアに会ったことはありますか?

もちろんよ! とても可愛らしくて、スペンサーにそっくりなの。


━━今年の秋冬ファションに欠かすことができない必需品についてはどのようにお考えですか?

今年の秋冬のファッション第一のお薦めは“ステキなブーツ”! 中でも私の好みはミディブーツ(膝丈のブーツ)で、サマードレスの上にニットを重ね着して、ミディブーツを組み合わせるだけで、ちょっとしたお洒落なお出掛け着になること間違いなしよ!

INTERVIEW © HARRIET WHEELER / OK! MAGAZINE
PHOTOGRAPHS © AMANDA CUNNINGHAM & TOBY HANCOCK / OK! SYNDICATION


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む