face book twitter
close
open




OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆体を鍛えたい方必見! 注目のスーパートレーナー、メリッサ・アルカンタラがOK! JAPANの質問に直接答えます!
キム・カーダシアン=ウェストのトレーナーでもあるメルがOK! JAPANの読者の皆様へアドバイス。

limited 2018.07.03

OKJ.Melissa Alcantara.4.1.jpg

キム・カーダシアン=ウェストのトレーナーでもあるメリッサ・アルカンタラ(Melissa Alcantara)がOK! JAPANの読者の皆様へアドバイス。

━━あなたのトレーニング方法が他のトレーナー達と異なる点について少しお話ししていただけますか?

正直言って他のトレーナーたちと殊更違ったことをしようと思っている訳ではないの。ただ、私はいつもベストを尽くすだけで、後は私の言うことを信じて従ってくれる人たちが、トレーニング指導の結果に満足してくれるだけで満足なの。周囲の皆に認めてもらいたくてやっていることではないし、とにかく自分が信じたやり方を貫くことが一番大切だと思っているの。

でも、あなたが質問してきたので、強いてお答えするとしたら、私のトレーニングは“体より精神力の強化を目指していること”にあるということ。例えば、上腕二頭筋の運動をする時、それは私にとってただ単にウェイトリフトではなくて、集中力の強化を意識したトレーニングなの。一つ一つの反復運動をする度に、エネルギーを集中する! つまり、全てのセット、反復運動、トレーニングセッションに入る時は、いつも “これが最後の動き”と自分に言い聞かせて、ギリギリの限界までやり通すことが大切だと思うわ!


━━自分にベストなトレーニング方法をどのように見つけるようにしたら良いのですか?

まず目をつぶって自分がやりたいと思いつくプログラムを選んで、一年間続けてみることをお勧めするわ。それがどのインストラクターのプログラムでも、とにかく逸脱することなく一年間、完璧にやりこなすことが大切! つまり、“継続”が最良のトレーニングの鍵で、目を見張るような素晴らしい結果を出すも出さないも、日々積み重ね努力次第という事だけは絶対に忘れないで!


━━一定の効果を出す為には、毎日どのくらいの運動をする必要があるのですか?

多分、あなたが考えているほどのことはないと思うわ! まず、健康を維持するために必要な栄養を取ること、そして先ほども言ったように、自分がやれると思って選んだ運動を継続してやり遂げること!

通常は、週に4~5回、45分から1時間の運動で十分に結果が出てくるはずよ。とにかく、しっかりとした健康意識と、やる気が何より大切だと思うわ。現代人は15分以上のワークアウトや肉体的な訓練と聞くと、ちょっと怖気づくかも知れないけれど、今から数千年前の古代人は、生きるために食べ物を探して、それこそ休む暇もなく終日動き回っていたという事実を忘れないで!
でも今はスーパーマーケットやレストランへ行くと、簡単に食べ物を手に入れることができる環境にいるので、逆にもっと運動する必要があると思うの。

だから、次に“もう運動は辟易”と思うようなことがあったら、“私たち人間の体は運動するのが当たり前というようにつくられている”と自分に言い聞かせることが大切! 今や、トレーニングは、“やる、やらない”の選択ではなくて、やらなければならないことだと理解してほしいわ。


━━毎日の運動に辟易とするような状態にならないためには、どのようにしたら良いのですか?

自分がしている運動に対する知識をしっかりと習得して、上達を図ること!
きっと、今自分が実行していることについて知れば知るほど、運動することが楽しくなってくるはず! ただ毎日ジム通いをしているだけでは退屈に感じてしまうかも知れないけれど、自分を鍛錬するという目標を持てば、きっと運動に恋してしまうのではないかしら?


━━例えば最近は、炭水化物の摂取が足りないために起こる問題が報告されていますが、その点について、どのようにお考えですか? そして、運動と食事の理想的なバランスについてもあなたの考えを教えていただけますか?

栄養は人間の体にとって必要なもの!
そして、ダイエットはサラダばかりを食べていつも空腹状態にいること!
自分の食生活についてしっかりとした意識を持って“カロリーゼロ”や“シュガーフリー(無糖)”に気を取られることなく、しっかりと栄養のある食べ物を選ぶことが何よりも大切だと思うわ。

私たち人間の体は“ファッフリーチーズ(脂肪分無しのチーズ)”や“プロテインバー”のような加工食品より、野菜、穀物、卵、ポテト、フルーツといった自然食品を必要としているの。それと同じように、炭水化物も私たちが生きて行くため、そして健康な体重を維持するために必要不可欠な栄養素ということを忘れないで! でも、ここで私がいう炭水化物とは“キヌア”のような自然食品で“ファイバークリスプ(植物繊維入りのクリスプ)”や“ローカーボブレッド(低炭水化物のパン)”のようなものではないの!

それからもう一つ、一般的に夜間に炭水化物を口にするのはよくないと思っている人が多いけれど、でもまずここでそのような神話じみた話しは横に置いてほしいわ!
実際に夜寝る前に炭水化物を食べると、質の良い睡眠が取れてゆったりした気分になるという人もいるので、夜に炭水化物を食べることが必ずしも悪いという訳ではないと思うわ。

それより、本当に大切な要素は食べる炭水化物の質や量で、例えば4オンス(約113グラム)のさつま芋と、マイクロウェーブで焼いたマカロニチーズを食べ比べると、体が感じる反応が極端に違ってくるの! つまり、加工食品は出来るだけ避けて、栄養価の高い自然食品を摂取する様に心掛けることが大切! 更に、トレーニングのタイミングに合わせて食事の時間を調整するように心掛ければ、抜群な結果を手に入れることが出来るはずよ!

Interview by Emma Radford/OK International
Images courtesy © Melissa Alcantara
"Melissa Alcantara" https://www.instagram.com/fitgurlmel/
"Gymshark" http://gym.sh/Shop-FitGurlMel
"fitgurlmel.com" https://fitgurlmel.com/products/fitgurlmel-8-week-body-sculptor

END.
CATEGORYから記事を読む