face book twitter
close
open








OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆今人気急上昇中のファッション・デザイナー、オリア・トザリナ(後編)
OK! はハリウッド・セレブリティーだけではなく、世界で活躍する陰の立役者にも焦点を当て、今ハリウッドA-Listセレブリティーの間で人気急上昇中のファッション・ブランド立役者にインタビュー。

limited 2018.03.21

OKJ.Ollia Tzarina.2.1.jpg
今人気急上昇中のファッション・デザイナー、オリア・トザリナ(Ollia Tzarina)が「新しくセレブリティーご用達デザイナーと認められる事になった経緯」、「今を時めくファッショニスタの要求をどのようにこなしているのか」等々について現在の心境を明かす。


━━誰があなたのファッションを一番うまく着こなしていると思いますか?

う~ん、それぞれ皆、私の作品を見事に着こなしてくれていると思うし、答えるのは難しいわね。でも強いて言うなら、カイリーがとても似合っていると思うし、女性らしい体型のジェニファー・ロペスも文句なくお似合いだと思うわ。


━━まだあなたのファッションを手にしていない人達の中で、次にあなたが着て欲しいと思う人がいるとしたら、それは誰でしょう?

間違いなくエルザ・ホスク(Elsa Hosk)! 彼女のブルーアイとブロンド・ヘアーは、淡いアイス・ブルー・クイーン・ジャケットをより一層美しく引き立ててくれる事間違い無しよ!


━━デザイナーになっていなければ、今頃どのような職業についていると思いますか?

きっと映画女優になっていたと思うわ。実際、サルマ・ハエック(Salma Hayek)と一緒の映画に出演する事が決まっていたのだけれど、結局投資家が契約を守らなかった事から、制作がお流れになってしまったの。撮影スケジュールを見たら、かなり多くのシーンをサルマと一緒に撮影する事が決まっていたのに、本当に残念だわ! でも、又これから先もし何か面白い話が来たら、勿論挑戦してみたいとは思うけれど、今は自分のブランドを育て上げる事に集中する時だと思っているの。だって今の仕事は我が子のように思っているから!


━━次のオリア・ブランド企画については如何ですか?

これから先の数年間はレッドカーペット用ハイエンド・クチュール・ガウン(高級イブニングドレス)のデザイン制作に集中したいと思っているの。ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)が、私が作ったガウンを着てレッドカーペットシーンに登場したらこれ以上嬉しい事は無いし、もう本望だわ!

OKJ.Ollia Tzarina.2.2.jpg


━━世界中を飛び回る超多忙なスケジュールの中、時差を含めてつい睡眠不足に陥りがちな毎日かと思いますが、あなたの“素肌対策の秘密”について少しお話しして頂けますか?

“一に保湿、二に保湿”と言った感じで、とにかくお肌の保湿には人一倍気を遣っているのよ。特に私のお気に入りは、ドゥ・ラ・メール(De La Mer)とマック(Mac)で、冬場は特に唇のお手入れも大切なの! それから、スクラブもスムーズなスキン・コンディションを保つために欠かせないお手入れの一つよ!


━━今ご自分が一番幸せを感じるお気に入りの場所を挙げるとしたら、どちらですか?

断然〝モナコ″のオフシーズン! だって観光客も殆どいないモナコは絶対に穴場だと思うわ。


━━今のあなたにとっての寛ぎの時間とは?

パーティーはもうやり尽くしたし、今はあまり興味が無いわね。それに、今は殆ど自分の時間が無いので、テレビ映画を観ながら2匹の猫(ジャム(Jam)とムルチ(Murci))とベッドの中でブランケットにくるまって寝るのが私にとって一番の寛ぎのひと時なの!

━━ムルチとは?

そう、実はランボルギーニ(Lamborghini)の名前を継いでいるの! ある日友達と買い物に行った時、彼はランボ・ムルシエラゴ(Lambo Murcielago)を購入して、それをきっかけにムルチ(Murci)と言う名前の猫を買う事にしたの。(その当時の事をふと思い出したのか、「とても楽しいショッピングだったわ。」と微笑むオリア!)

OKJ.Ollia Tzarina.2.3.jpg


━━今交際中のボーイフレンドはいますか? それから、あなたの“恋愛アドバイス”について少し触れて頂けますか?

それは秘密! (彼女は現在ギリシャ人の富豪と交際している、と囁かれている。) 私自身の経験から言うと、女性にとって大切な事は“恋愛以外に集中出来る目的意識を持つ事”、“すぐに手に入ると言うどっぷりとした安心感を持たせない事”、“時には自分の感情を控えめに隠す事”が大切なのではないかと思うの。昔、モナコで生活しているイタリア人の男性と交際していたことがあるのだけれど、その人とは一度はどんな女性も体験するような苦い思いをさせられたの。
つまり彼は、毎日一日に10回“愛してるよ”と囁いたりする甘い情熱家だけれど、彼からのテキスト・メッセージに私が返事をしないと酔っぱらって怒ったりする男性のような身勝手な男性でもあったの。
おまけに、ガールフレンドになって欲しいとプロポーズする時は、型にはまったスーツにネクタイ姿と言う訳! そして“僕の事だけ愛して欲しい”と言っておきながら、その言葉を鵜呑みにして忠誠を尽すと、今度は“それがうるさい”と言って攻めたりする訳! 何故かその光景って小さな子供の頃に持った気持ちに似ていて、その事に気がついた途端にスーツケースを持って彼の下から去ったと言う訳!
その後暫くしてからそのままの私を愛してくれる“本物の男性”と出会う事が出来たの。皆、それぞれ生きて行く間に色々と勉強するものだと思うけれど、今はあの時の経験を糧に少しは成長したと思っているわ。


━━成功の陰にある秘密やアドバイスがあるとしたら・・・少しお話しして頂けますか?

全てはチャンスを手にする“Right Place, Right time”だと思うわ。それから勿論自分自身のたゆまぬ“努力”! そして“家族”や“私のそのままの姿を愛して受け入れてくれる友人”のサポートも絶対必要!
それから、インスタグラム(Instagram)は、素晴らしいメディアだと思うし、私にとっては絶対に欠かすことが出来ないツールなの。だからインスタグラムがこのまま続いてくれればよいと思っているわ。だって、こんなに便利で安価な宣伝方法はないと思わない?


━━最後に何か特別なお土産ネタを教えて頂けますか?

実は背丈が7フィート(2.13m)もあるバスケットボール選手をボーイフレンドに持つ“ある人物”から、お揃いの赤いファー・コートを作るように頼まれているのよ!


The exclusive interview © Emma Radford / OK! International
Photos © Doronin
Photo © the.banker


END.
CATEGORYから記事を読む