face book twitter
close
open




OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆アイラ・フィッシャー: “私にとっては主人が一番のお気に入り共演者なの”(前編)
OK! インタビューの中で語る“自身の最新著書発行”、“今夢中なイギリスのTVショー”、“自身が夢に見る役柄”、“スクリーン上での最悪のキスシーン”等々。

limited 2017.12.07

OKJ.Isla Fisher.1.1..jpg
アイラ・フィッシャーがOK! インタビューの中で語る“自身の最新著書発行”、“今夢中なイギリスのTVショー”、“自身が夢に見る役柄”、“スクリーン上での最悪のキスシーン”等々。


アイラ・フィッシャー(Isla Fisher)、自身の最新著書発行に際して!

“私にとっては主人が一番のお気に入り共演者なの”と、のろけるアイラ・フィッシャー(Isla Fisher)がOK! インタビューの中で語る“今夢中なイギリスのTVショー”、“自身が夢に見る役柄”、“スクリーン上での最悪のキスシーン”等々、様々なエピソードを披露!

最近子供たちが関心を持つ本が少ないと考えているアイラが、5歳から8歳の子供たちを対象に「母と子供たちの関係」を頭に描いて書き下ろした本は、髪を様々な色に染め上げた、いたずらベビーシッター「マージ(Marge)」を主人公にしたシリーズ物である。

『華麗なるギャツビー』(原題:The Great Gatsby)をはじめ、『原題:ウェディング・クラッシャーズ』(Wedding Crashers)等のハリウッド大作映画に出演したアイラ(41歳)は、オリーヴ(Olive:9歳)、エルーラ(Elula:7歳)、モンゴメリー(Montgomery:2歳)の3人の子宝に恵まれた、素晴らしいキャリアを持つ女優!

ちなみに彼女のご主人はコメディアンとして活躍するサシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)である。3人の子供の母親と女優業との両立を、まるで手品師のように見事にこなしているかのように見えるアイラだが、インタビューの中でその秘訣について聞いてみると「両立する為の極秘情報を皆さんにお伝えしたい」のはやまやまだけれど、とにかく今は無我夢中で毎日をこなしていると言った感じで、特にこれと言ったアドバイスは全くないの!」と言う答えが戻ってきた。

OKJ.Isla Fisher.1.2..jpg
写真左:アイラ・フィッシャーのご主人でもありコメディアンとして活躍する、サシャ・バロン・コーエン。


ジョン・ハム(Jon Hamm)やアナベル・ウォーリス(Annabelle Wallis)との共演作『原題:タグ』(Tag)の撮影を終えたばかりのアイラだが、コーエン&フィッシャーカップルはちょっと想像するだけでも“くすくす”と笑いを誘うような組み合わせである。
しかし、生まれながらにコメディアン気質を持っているかのように見えるアイラは、つい最近あるインタビューの中で「実は、最初の頃は様々な役柄のオーディションを受けたけれど、ことごとく落ちてしまって、全く不遇なハリウッド時代があったの。そんな時に主人に会って“君はとても面白い人だから絶対にコメディアン向きだと思うよ!”と言われて、そのアドバイスに従ったおかげで、今の私があると言う訳なの。」と語っている。

そこで今回OK! はインタビューを通して“働く女性と母親業の両立”、“大好きなシンガーとの映画共演を目指してイギリスに永住しようと考えた理由”等についてアイラの率直な考えを聞いてみる事にした。

OKJ.Isla Fisher.1.3..jpg


━━今回、本を書いてみたいと思うようになったきっかけについて伺いたいのですが。

私の両親は、スコットランド人で、私はオマーン(Oman)で生まれた後、6歳でオーストラリアに移り住んだと言うちょっと変わった経歴を持っているの。多分そうした幼い頃の変化に富んだ経験が私の中に印象的に蓄積されて、物語を書きたいと言う気持ちになったのだと思うわ。それに私自身、昔から若者が「これは面白そうだから是非読んでみたい。」と思うような本があまりなかったような気がしていたの。

Marge and the Great Train Rescue2.jpg
アイラ・フィッシャーの最新著書「Marge and the Great Train Rescue」。


━━着想の行き詰まりでスランプを感じたりする事はありますか?

それは全くないけれど、ぐずぐずして書くのを先延ばしにしてしまうような事は、しばしばあるわ。でも、何故か私には締め切りギリギリになればなるほど、頑張りが利くと言う特技があるようなの!


Interview © Josie Copson / OK! magazine
Photographs © Toby Hancock / N&S Syndication
‘MARGE & THE GREAT TRAIN RESCUE’
(PICCADILLY PRESS £6) IS OUT NOW


後半へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む